日本電子計算の平均年収は約600万円、賞与は3ヶ月分

日本電子計算

日本電子計算の平均年収は約600万円と推定。賞与は年間3ヶ月分ほどが支給。会社業績で毎年変動するが、一般的な企業と比較すると大幅に低い水準。

年齢別(総合職)では、30歳時点では約500万円になる模様。

最終学歴別の年収の目安は、院卒が約650万円、大卒が約550万円と推定。いずれもシステムエンジニア (SE)、営業の総合職の社員の給料。


平均年収は600万円前後と算出

年収700万円(日本電子計算)

日本電子計算では給与に関する資料は公開されていない。そのため、ここでの年収は推定値ではある。

とはいえ、全従業員で換算すると低く見積もっても、平均年収は600万円前後になる。持株会社の日本電信電話よりは若干低めになる。

NTTデータの子会社というポジションもあって、ここよりは低い金額。

これには基本給・賞与・各種手当(通勤費、時間外手当、休日手当、深夜手当、扶養手当、住宅補助費)などすべてが含まれている。

情報通信業界の中では低め。元々国営だった「電電公社」の傘下ということもあって、事業基盤が頑丈で、安定性が高いと言える。

賞与は年間3ヶ月分(業績連動型)

賞与年間3ヶ月分

日本電子計算の賞与は年間3ヶ月分

日本電子計算の賞与は年間3ヶ月分が支給されたとの事(2020年度)。

機械製品の製造業のように「〇ヶ月分」に固定されているわけではないが、個人評価分の割合は小さいとの事。

業績の良し悪しで決定するが、NTTグループ各社の中でも特に低い水準。

1年間で基本給の3ヶ月分という目安は、世間一般の会社に比べても低めの水準。

業績連動型でもあり、同じ評価であっても年度ごとに変動。その年度の会社の売上高などにも影響される。

勤続年数ごとの年収

システムエンジニアとして勤務する社員

日本電子計算の勤続年数ごとの年収の目安は下記の通り。

  • 新卒採用3年目:350万円
  • 5年目:400万円
  • 7年目:500万円
  • 10年目:600万円
  • 15年目:650万円
  • 20年目:750万円

新卒から入社している総合職の社員の場合、勤続年数別の年収ベースの金額はこのような感じになる。

基本給は年1回の評価で昇級幅が決定されるものの、個人評価の部分は若干考慮されるにとどまる印象。

NTTグループの中では実力主義の色合いが強いが、少なくとも30歳前後までは年功序列型な模様。

年齢ごとの年収の目安

年収偏差値55

日本電子計算の年齢ごとの年収は下記が目安。

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 40-85万円
25-29歳 350-550万円 25-40万円 50-80万円
30-34歳 500-700万円 30-50万円 70-100万円
35-39歳 600-800万円 35-55万円 80-150万円
40-44歳 700-900万円 40-60万円 100-150万円
45-49歳 700-1,000万円 40-60万円 100-200万円
50-54歳 800-1,200万円 45-60万円 150-250万円
55-59歳 800-1,000万円 40-65万円 120-250万円

年齢別では、20代のうちは年収が300~550万円、30代は500~900万円、40代は700~1,000万円、50代は800~1,200万円が相場。

基本的にはシステムエンジニア(SE)と営業のみの採用となっている。仕事内容ごとの基本給の違いは特にない。配属部署ごとの給料の近いもない。

新卒採用か中途採用かの違いや役職によってもレンジ幅は異なるものの、各年齢層ごとの平均的な金額は上記の範囲に入るだろう。

最終学歴(大卒・院卒)ごとの年収の差

大卒と院卒

日本電子計算の最終学歴ごとの平均年収は特に大きくは違わない。院卒(修士了)は650万円、大卒(学部卒)は700万円、高専卒・専門卒は約600万円と推定。

次に初任給について。院卒・大卒の違いはあるが、職種間では同一金額。

日本電子計算の初任給

  • 大学院卒(修士課程):223,000円
  • 大学卒:210,000円
  • 専門学校・短大・高専卒:185,000円

出典:マイナビ2022「日本電子計算(株)」

初任給こそはNTT各グループ、あるいは世間一般の大手企業と大差ない金額。

しかし、年齢が上がるほど他の会社との差が大きくなる模様。


広告

おすすめ記事

インフラ/総合商社業界の年収について
業種 会社名
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事双日豊田通商兼松
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力沖縄電力北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃日本原子力発電ユーラスエナジーHDSBエナジー三菱日立パワーシステムズイーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス静岡ガス京葉ガス北海道ガス広島ガス北陸ガス
石油 ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモ石油国際石油開発帝石伊藤忠エネクス

上記ではインフラ業界及び総合商社の平均年収および給料体系について解説。