ゆうちょ銀行の新卒採用の倍率は10~30倍、職種別の就職難易度も

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の新卒採用の倍率は総合職で約30倍、エリア基幹職は約10倍と推定。就職難易度はそれぞれ「やや難」「やや易」に該当。

日本郵政グループと合同の採用になるが、3大メガバンクほど難易度は高くない。

郵便局への就職を目指す人は、「日本郵便」へ応募する一方、ゆうちょ銀行は敬遠する傾向があると感じる。

特にエリア基幹職は実質的に日本郵便と同じ職場になることもあって、応募する学生は少なめ。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★★ 30倍、やや難
エリア基幹職 ★★ 10倍、やや易
一般職 <採用なし>

総合職、エリア基幹職の就職難易度はこのような形になる。

最も人気なのは総合職に該当する総合職。就職難易度は特に高く、かなりの倍率になる。

総合職は銀行でも花形になることもあって、まずはこれを目指す学生が多いことによる。

逆にエリア基幹職は前述のように、「ずっと郵便局で仕事」というイメージが強いこともあって、人気度は低い。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職の倍率は30倍、難易度は「やや難」

総合職

総合職の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。

全国転勤があり、必ず引っ越しが必要な異動が存在。

金融業界の中でもメガバンク3行に次ぐ代表的なメガバンクの1つがゆうちょ銀行。銀行を志望する学生の多くは応募する傾向。

銀行に就職したいと考えている学生だけでなく、金融業界全般を志望している学生も受けてくる。本当に優秀な人材しか採用されず、しかも運の要素も必要になる。

銀行で具体的にどんな分野に携わりたいか明確でない学生たちも、まずは総合職を目指すだろう。

ただ、日本郵便グループという点ではゆうちょ銀行よりも郵便事業を行う日本郵便本体の方が人気度が高い。「銀行」というイメージが低いため、ゆうちょ銀行を狙って応募する学生はそう多くはない。

ゆえに、倍率は30倍程度にはなると考えられる。就職難易度は「やや難」という表現が妥当ではないか。

ただし、クオンツ・アクチュアリーは上記の限りではない。

これは専門分野のため、応募者は限られる。採用対象の学生が指定された専攻を大学で学んでいることが条件のため、必然的に就職難易度は下がる。

エリア基幹職は倍率10倍、難易度は「やや易」

GPR職

エリア基幹職の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

前述の総合職は全国転勤が存在する一方、こちらはエリア限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。

したがって、自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

女性社員の割合は大きいが、総合職よりは応募者数は少ないと見込まれる。

ただ、銀行に就職したいと考えているは、郵便局が職場になるゆうちょ銀行にはあまり関心がないと感じる。

さらに、郵便局への就職を希望している人たちは、日本郵便本体を選択する。

ゆえに、就職難易度は「やや易」、倍率は約10倍と判断。

他行と比較して

ゆうちょ銀行はメガバンクほど人気の銀行ではない。新卒採用で学生たちがまずエントリーするのはメガバンク3行。

とはいえ、一般的な上場企業と比較すれば遥かに知名度のあるところであるのは確か。

少なくとも大手銀行への就職を目指している学生なら9割以上は知っているはず。

大手3行にはエントリーしたが、ゆうちょ銀行にはしなかったという学生はそう多くはない。

ゆえに、就職難易度の違いはないと考えてよいだろう。

日本郵政グループの中でも低人気

日本郵政グループでの新卒採用は、日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の3つの区分がある。それぞれ別々で選考は実施されるが、募集要項は同じページに記載。

郵便局に関心のある人達は、まずは主力企業だる日本郵便にエントリーする。

ゆうちょ銀行やかんぽ生命にも併願してエントリーするケースも多いが、銀行に興味関心がなければ実際にゆうちょ銀行には入行したいとは感じない。

一方、メガバンクを目指す人達は、ゆうちょ銀行は眼中にない例が多いと感じる。

どちらかと言うと、併願先は証券会社や保険会社が多め。

もしメガバンクがダメだったら、地銀もしくは証券・保険を第2候補とする。ゆえに、ゆうちょ銀行の採用競争はそう高くはならない。

おすすめ記事