【就職難易度】J-POWERの新卒採用の倍率は推定30倍

J-POWER(電源開発株式会社)

J-POWER(電源開発株式会社)の新卒採用の倍率は全体では30~40倍程度と推定。職種別ではグローバル社員(総合職)のうち、事務系が約50倍、技術系が約30倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「やや難」、技術系が「ふつう」に該当。

採用人数は全職種で70人ほど。一方の応募者数は数千人規模になると見込まれる。

「○○電力」という社名の一般送配電事業者以外では最高クラスの難易度になるのは間違いない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系グローバル社員(文系が主流) ★★★★ 50倍、やや難
技術系グローバル社員(理系が対象) ★★★ 30倍、ふつう

J-POWERの事務系・技術系総合職(グローバル社員)の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。

いずれも一般企業では総合職に当たる職種だが、分野ごとに分かれての採用選考。

事務・技術どちらも同じ程度の採用人数だが、日本国内の大学を見ると文系に分類される学部学科に所属する人の割合が高いため、倍率は圧倒的に事務系総合職で高くなる。

一方の技術系は採用人数に対して応募者数は事務系ほど多くはならない。応募する学生が理学部・工学部などに限られることが理由。

事務系は文系全体が応募するものの、技術系は理系の一部のみという限られた学生だけが応募する構図上、倍率が下がる。

いずれの職種も倍率が高くて競争が激しくて内定が簡単に取れるレベルでないのは確かだが、文系・理系では天と地の差がある。

事務系は難易度が「やや難」

事務系総合職

事務系の就職難易度は「やや難」。倍率は約50倍と推定。

事務系とは、募集要項では次のように記載されている。

  • 国内発電所プロジェクトの企画
  • 海外発電所プロジェクトの企画
  • 再生可能エネルギー事業
  • 燃料調達・購買
  • 用地交渉
  • 電力料金の提案・交渉(営業)
  • 経営戦略立案
  • 財務・会計
  • 広報・IR、総務・法務・人事・労務

全学部全学科を対象としているが、応募者の大半は文系の学生である。

文系がほとんど(理系がほとんどいない)とは言え、日本の学生の割合別で見ても文系が全体の7割を占めていることもあり、事務系に応募する人数が多くなるのは避けられない。

こうした背景をもとに考えると、J-POWERの事務職の倍率は50倍近くには達すると考える。

人員計画にて採用人数が少なめに抑えられた年だとそれ以上に達することもあるだろう。

応募人数が公表されていないため、正確な数値は不明で実際の数とはかけ離れている可能性もあるが、就職難易度は「やや難」と判断。

技術系の難易度は「ふつう」

技術系総合職

技術系総合職の就職難易度は「ふつう」レベル。倍率は約30倍と推定。

仕事内容は以下の通り。

  • 各種電力設備等の計画・設計・施工監理・運転・メンテナンス
  • コンサルティング
  • エンジニアリングサービス
  • 海外事業
  • 再生可能エネルギー事業
  • 技術調査・研究開発

募集対象の学部学科に関しては、募集要項に記載されている。

募集学部・学科

事務系グローバル社員:学部・学科不問※文系就職をお考えの理系学生の方も歓迎致します
技術系グローバル社員:電気、電子、情報、通信、機械、化学、原子力、土木、建築等

引用:マイナビ2021「電源開発(株)J-POWER」

募集要項にて募集対象の学部学科が書かれてあり、文系の学生は残念ながら応募すらできない。

理系でも理学部生物学科や農学部のような物理・化学以外の分野の学生も応募できない。

工学部や理学部などの理系の学部学科に所属する学生の中での競争になり、応募できる学生が限られていることもあり、倍率は30倍程度が1つの目安になると考える。

就職難易度は「ふつう」という表現が妥当ではないか。

一般的な上場企業と比べると確かに入社は難しいが、学生が知っている大手インフラ企業の中では低め。

同じく正式データがないため実際の数値とは異なるかもしれないが、背景の事情をもとに考えるとこのあたりが適当かと思う。

他社と比較して

他社との比較

J-POWERの就職難易度を他社と比較すると、以下のようにまとめられる。

  • 比較的無名だが難易度が高い
  • 東京電力、関西電力、中部電力に次ぐ難しさ
  • 「○○電力」以外の電力会社ではトップ級

J-POWERあるいは電源開発株式会社と聞いてピンとくる人はそう多くはない。

電力系の事業を行うことくらい想像できるかもしれないが、どこかの中小企業とイメージするかもしれないほど。

しかし、就職の世界では決して簡単ではない。

大手インフラ企業では標準レベル

インフラ業界

J-POWERは電力会社としては、前述のように電力大手3社と比較すると確かに入りやすい方だが、世間一般の企業と比較すると大幅に難しい。

インフラ業界の中でも標準レベル。超難関ではないが、簡単でもない。

比較対象になるところといえば、まずは以下の通り。

東京電力・中部電力・関西電力、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス:ここよりは簡単

東北電力、九州電力、中国電力:ここよりは難しい

東京ガス、大阪ガス、東邦ガスのようなガスと比較すると簡単な一方、東北電力、九州電力、中国電力などの地方エリアの電力会社よりは難しい。

学歴フィルターはある

J-POWERでは、採用選考では出身大学に偏りは見られる。インフラ企業は特に学歴フィルターが鮮明だが、電力会社も例外ではない。

「学歴フィルター」とは、出身大学で選考での有利・不利が決まる制度を指す。膨大なESを効率よく振るいにかける手段として使われる。

J-POWERの採用大学を見てみると、学校名を偏差値別で見てみると以下のような感じになっている。

内定者の出身大学
採用の有無 主な大学
実績あり 旧帝大:東京大・京都大・北海道大・東北大・名古屋大・大阪大・九州大・東大工・一橋大・神戸大

早慶上智:早稲田大・慶應義塾大・上智大

MARCH:明治大・青学大・立教大・中央大・法政大

関関同立:関西大・関西学院大・同志社大・立命館大

その他、国公立大学全般

少ない/皆無 上記以外の私立大学

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

中でも事務系は厳しい競争のため、難関大学出身者が多くなると予想。

採用大学

J-POWERでは採用大学が公開されている。

<大学院>
青山学院大学、岩手大学、宇都宮大学、大分大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、鹿児島大学、神奈川大学、北見工業大学、九州大学、京都大学、近畿大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、埼玉大学、静岡大学、首都大学東京、上智大学、成蹊大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、富山大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本大学、広島大学、法政大学、北海道大学、室蘭工業大学、明治大学、山梨大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学
<大学>
青山学院大学、岩手大学、宇都宮大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、鹿児島大学、神奈川大学、学習院大学、北見工業大学、九州大学、京都大学、近畿大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、国際基督教大学、埼玉大学、首都大学東京、上智大学、成蹊大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、富山大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本大学、一橋大学、弘前大学、広島大学、福井大学、福井工業大学、法政大学、北海道大学、室蘭工業大学、明治大学、山梨大学、横浜国立大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学

引用:マイナビ2021「電源開発(株)J-POWER」

国公立大学は旧帝大、上位難関校のみならず全般的に採用されている。

一方の私立大学は、早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、そしてMARCH、関関同立が主流派。

ほとんどが国公立大学全般と偏差値が高い「難関大学」に分類される私立大学ばかりになりやすい。

中堅私大(日東駒専・産近甲龍クラス)以下だとハードルになるかもしれない。

J-POWERでは採用実績はあるものの、人数はそう多くはない。

国公立大学全般+MARCH級以上の私大が主流なのは確か。


広告

おすすめ記事