日本総研の採用大学を公開! 学歴フィルターは緩やか

日本総研の採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、阪大、神戸大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、慶應大、上智大、明治大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横浜国立大、千葉大、東京都立大、東京外大、電通大、お茶女大、名工大、京都工芸繊維大、大阪府大、大阪市大、金沢大、岡山大、広島大、信州大、滋賀大、茨城大、三重大、奈良女大、大阪教大、和歌山大、九工大など。

どちらかというと偏差値が高い大学ばかりが並んでいて、出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は100%完全にあるほどではないが、その可能性は残る

ただ、シンクタンクの中では緩やか。中堅私大からの採用はやや多め。


主な採用大学

日本総研

日本総研の採用大学は下記の通り。

日本総研の主な採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、東京外国語大学、電気通信大学、お茶の水女子大学、名古屋工業大学、京都工芸繊維大学、大阪府立大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、信州大学、滋賀大学、茨城大学、三重大学、奈良女子大学、大阪教育大学、和歌山大学、九州工業大学、岩手県立大学、宮城大学、会津大学、兵庫県立大学、成蹊大学、日本女子大学、東京女子大学、津田塾大学、日本大学、近畿大学、甲南大学、南山大学、芝浦工業大学、東京都市大学、立命館アジア太平洋大学、大阪工業大学、神戸女学院大学、奈良先端科学技術大学院大学、フェリス女学院大学、清泉女子大学、武庫川女子大学

上記はマイナビの採用実績校に記載されている大学一覧。

採用人数が毎年100名前後があるが、出身大学ではだれもが知っている有名な大学が多いのが読み取れる。

学歴フィルターの対象範囲

日本総研における大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

前述のように、ボリュームゾーンは難関国公立と早慶上智、GMARCH・関関同立。

俗に言う「学歴フィルター」がある程度確実に存在すると判断。具体的な基準は下記の通り。

  • 国公立大学は全般的にOK(底辺公立大学まで)
  • 私立大学は概ね偏差値50以上(日東駒専、産近甲龍以上)

絶対的な下限ではないものの、主流層という点では上記が偏差値的な条件。これに満たない大学からの採用は少ない。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

採用されやすい大学はどこ?

日本総研にて採用されやすい大学とそうではない大学を一覧化すると、下記のようになるだろう。

有利/不利 対象大学
優勢 旧帝大+3(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)
早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)
筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、電気通信大学、大阪府立大学、大阪市立大学、名古屋市立大学
GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
中立 地方国公立
東京女子大御三家(津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学)
日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)
産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)
劣勢 上記以外

主な大学群の日本総研への採用のされやすさを表示すると、上記のようになる。

GMARCH・関関同立以上はまず優勢

学歴フィルターの基準になりやすいGMARCH・関関同立

一般的にシンクタンクへの就職者数が多いのは、まずは最難関大学と認識される旧帝大(東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、東北大学、北海道大学)とそれに準じる一橋大学、東京工業大学、神戸大、そして早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)。

これらに次ぐ難関大学に入るのが、GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)。ここも数多く入社。

筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、電気通信大学、大阪府立大学、大阪市立大学などの非旧帝難関大学もまた有利になりやすいと感じる。

みずほ総合研究所のような採用人数が極端に少ない企業だと、GMARCH、関関同立でさえも不利になりやすいが、日本総研のような百人単位の採用がある場合はそんなことにはならない。

日本総研の場合、ここまでは「安全圏」ともいえる。

地方国公立、日東駒専、産近甲龍は「中立」

中堅大学

「中立」に相当するのは日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)、産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)をはじめとする中堅私大。

これらの大学からもある程度の採用実績がある。シンクタンクへの就職者はそれほど多くはない偏差値ランク帯ではあるものの、日本総研では確かに採用実績がある。

ただし、割合的には難関大学と比較するとやや少なめ。在籍する学生数が多い事を考えると、人数的に内定者が多いとは決して言えない。

このほか、地方国公立大学と東京女子大御三家(津田塾大学、東京女子大学、日本女子大学)も「中立」に相当。

職種別の採用大学の傾向

日本総研では、同一企業でも以下の職種が新卒採用で用意されている。

  • コンサルティング/インキュベーション
  • リサーチ
  • ITソリューション

どれも大きな違いはないと思われ、より効率的な選考を実施するために書類選考にて若干は大学名で振るい分けている可能性が考えられる。

コンサルティング/インキュベーション、リサーチ

文系が主流のコンサルティング/インキュベーション、リサーチ

コンサルティング/インキュベーション、リサーチはいずれも文系ということもあって、難関大学への偏りが大きい。

全学部全学科を対象とし、現実的には文系の学生がこれに応募。そんなことから、より効果的な選考を行うために、大学名を考慮している可能性がある。

割合的には、全体の8~9割超が難関国公立大学とMARCH・関関同立以上。偏差値は国公立大学は55以上、私立大学は60以上。

正確な情報がないためあくまでも推測ではあるが、難関大学出身者ばかりなのは確実。

ITソリューション

情報工学系(理系)を採用ターゲットとするITソリューションの分野

ITソリューションは名前の通り、情報システムに関する業務を行うコース。

基本的には情報工学系の学部学科または研究科を卒業した学生を対象とする。

前述の文系が主流のコンサルティング/インキュベーション、リサーチとは違い、特定の専攻分野の学生だけが採用のターゲットとなるため、競争率はやや下がる。

私立大学でも、GMARCH・関関同立以上だけでなく、日東駒専、産近甲龍、四工大などからも幅広く採用。

このように、理系の分野となると「学歴フィルター」の状況が緩和されるのはよくあること。他の企業でも似たような傾向がある。

偏差値の割には大手企業への就職率が中堅工業系私大にて高い数値を出している理由もこれと同じ。


広告

おすすめ記事

業界別の各企業の採用大学(学歴事情)
業種 会社名
自動車 トヨタ自動車本田技研工業日産自動車マツダSUBARU三菱自動車工業スズキダイハツいすゞ自動車デンソーアイシン精機豊田自動織機ボッシュブリヂストン日立Astemo
電機、重機、工作機械 日立製作所ソニーパナソニック三菱電機ファナック安川電機三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタ富士通東芝シャープ京セラリコー日本電産村田製作所東京エレクトロンオムロンキーエンスロームコニカミノルタミネベアミツミシマノ
鉄道 JR東日本JR東海JR西日本JR九州JR北海道、<鉄道車両メーカー>、<信号機メーカー
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
電力ガス 東京電力中部電力関西電力東京ガス大阪ガス
石油(資源エネルギー) ENEOS(旧JXTG)、出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンク日立ソリューションズ
コンサル・シンクタンク 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティングみずほ情報総研富士通総研帝国データバンク東京商工リサーチ
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行ゆうちょ銀行三井住友信託銀行新生銀行三菱UFJ信託銀行横浜銀行千葉銀行福岡銀行静岡銀行京都銀行
保険 損保ジャパン東京海上日動三井住友海上あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券
信販 JCB三菱UFJニコス三井住友カード
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本取引所グループ日本証券金融農林中央金庫商工中金日本政策金融公庫住宅金融支援機構

上記では業界別に各企業の採用大学または出身者が多い大学について解説。学歴フィルターの傾向は濃いところと薄いところがある。