JR東海の就職者の出身大学を職種ごとに調査! 学歴フィルターも

JR東海

JR東海(東海旅客鉄道株式会社)の新卒採用における出身大学の事情について調査。大学別就職者数から傾向を読み解く。

職種(総合職・プロフェッショナル職・アソシエイト職)によってまったく状況が異なる。

難関大学に所属する学生だけが内定をもらえる流れのある「学歴フィルター」は総合職およびアソシエイト職で見られる。一方の現業部門に当たるプロフェッショナル職では大学のレベルは関係ない。

どちらかというと大学の所在地またはその人の居住地に関係する傾向。(大卒の場合)


大学別就職者数

まずは大学別就職者数。

人気雑誌「サンデー毎日2019.8.18-25号」に基づく情報では、JR本州3社の出身大学で多い学校をまとめると以下のような表になる。

国公立大学の大学別就職者数

JR各社の国公立大学の大学別就職者数
大学名 JR東日本 JR東海 JR西日本 合計
東京大学 16 18 4 38
京都大学 5 12 17 34
大阪大学 6 7 15 28
東北大学 13 6 4 23
神戸大学 1 4 15 20
名古屋大学 2 10 3 15
九州大学 1 7 7 15
東京工業大学 6 6 3 15
千葉大学 10 2 2 14
北海道大学 6 3 3 12
筑波大学 8 1 3 12
一橋大学 4 3 2 9
横浜国立大学 5 1 2 8

いずれも総合職とプロフェッショナル職(現業職含む)を合計した人数。

JR東海では東大・京大・阪大・名大といった首都圏から東海、近畿地方にかけてにある大学からの採用者が目立つ。

国公立大学の場合は、難関大学を中心に総合職やアソシエイト職に就職する人達が多い傾向。

特に旧帝大クラスになるといわゆるホワイトカラーの職種にて応募して内定獲得へと至る流れ。

総合職はこのように国公立大学でも旧帝大レベルが主流のため「学歴フィルター」があると判断。事務系・技術系あるが、どちらも同じ。

なお、旧帝大ではない一橋大・東工大・神戸大も総合職の割合が高い。これらは実質的に「旧帝大クラス」に当たる大学でもある。

プロフェッショナル職は圧倒的に私立大学(早慶以外)が主流で、国公立大学出身者は明らかに割合的に少ない。

私立大学の大学別就職者数

JR各社の私立大学の大学別就職者数
大学名 JR東日本 JR東海 JR西日本 合計
日本大学 65 25 0 90
芝浦工業大学 29 24 1 54
早稲田大学 24 15 8 47
東洋大学 36 7 1 44
名城大学 5 28 5 38
東海大学 26 10 1 37
中央大学 31 4 1 36
同志社大学 4 4 23 31
法政大学 19 8 3 30
立命館大学 5 12 13 30
近畿大学 5 12 11 28
慶應義塾大学 13 10 4 27
明治大学 25 2 0 27
東京理科大学 17 6 4 27
関西大学 3 6 17 26
金沢工業大学 2 12 8 22
東京都市大学 11 8 0 19
龍谷大学 1 7 9 17
東京電機大学 11 5 0 16
関西学院大学 2 5 7 14
専修大学 11 2 1 14
中京大学 3 10 1 14
千葉工業大学 12 1 0 13
神奈川大学 6 7 0 13
愛知学院大学 0 13 0 13
青山学院大学 9 2 0 11
工学院大学 4 7 0 11
愛知大学 1 10 0 11
大阪工業大学 1 6 4 11
駒澤大学 9 0 1 10
甲南大学 1 3 6 10
上智大学 6 1 2 9
明治学院大学 9 0 0 9
立教大学 8 0 0 8
國學院大学 6 1 1 8
武蔵大学 8 0 0 8
成蹊大学 5 3 0 8

いずれも総合職とプロフェッショナル職、アソシエイト職を合計した人数。

私立大学に絞ってもJR東海では、首都圏から東海地方、近畿地方にある大学からの採用者が主流。本社のある名古屋市内の大学も目立つ。

私立大学の場合は、大学の具体的なレベル(偏差値)によって職種が分かれる。

早稲田大・慶応義塾大は総合職またはアソシエイト職に就職する人達が主流だと考えられる。

一方のMARCH・関関同立クラスはさらに現業部門への就職も多くなり、総合職・アソシエイト職は少ない。

日東駒専(日本大・東洋大・駒沢大・専修大)、産近甲龍(京都産業大・近畿大・甲南大・龍谷大)、あるいは名城大・愛知大などは圧倒的にプロフェッショナル職となる。

総合職は私立大学では早慶上智レベルが主流と捉えてよい。

エンジャパンが運営する「カイシャの評判」などでもよく声が聞こえる内容だが、やはり「学歴フィルター」があると判断。

総合職は事務系・技術系の2系統あるが、どちらも同じ。

一方のプロフェッショナル職は大学の偏差値の違いによる採用実績校の特色が特になく、学歴フィルターがないと判断。

職種ごとの採用大学の傾向

次に各職種ごとの採用大学の傾向について。

特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルターである。

大手インフラ企業では大学名だけで面接まで進ませるか、その場で不採用にするか決める方法となっているケースが多いのが現状。

総合職

本社勤務の総合職の採用

JR東海の新卒採用の職種の中でも、総合職の場合は難関大学出身の人が内定者の多数派を占めている。転勤や異動が多い一方、経営幹部候補ということで出世が早い職種。

年収の水準はかなり高く、40代で1,000万円以上になる人も少なくない。

(詳しくは『JR東海の平均年収は約700万円! 職種・年齢ごとでも算出』にて)

総合職となると東大をはじめとする国立大学旧帝大や早稲田大、慶應大といった最難関私立大学の学生が多く内定を獲得している。

一方、MARCH、関関同立以下の内定者はかなり少数だ。

学歴フィルターはあるのではないかと感じるのが印象的。

他の鉄道会社や大手インフラ企業と同じではあるが、JR東海の総合職については学閥のような傾向がさらにまして見られる。

誰もが知っている会社ということで、膨大な数の大学生および院生が応募する。ESを提出する件数はかなり大きなものとなるのは確かだろう。

そうした中でふるいにかけるためには大学名で仕分けるしか方法がないという意見も少なくない。

結果として、中堅以下の大学の学生は落とされやすいのが現実。内定者の多くが高学歴で難しい学校出身の人ばかりな理由はここになるのだろう。

事務系総合職

事務系総合職

  • 事務全般
  • 営業・企画管理・関連事業・広報
  • 総務・財務・人事

→いずれも難関大学からの採用が中心

上記は事務系総合職の業務分野。

就職者の傾向は、文系の学部学科の出身者かつ旧帝大または早慶上智クラスの大学出身者が中心。

法学部、経済学部、文学部、外国語学部、社会学部、商学部などのいわゆる「文系」全般。

技術系総合職

技術系総合職

  • 運輸(運行管理・輸送計画・運用計画・設備計画・教育・訓練管理)
  • 車両・機械系統
  • 施設系統(建設・保守・技術開発)
  • 電気・システム系統(電気・信号通信・情報システム)

→いずれも難関大学からの採用が中心

上記は技術系総合職の業務分野。

就職者の傾向は、理系の学部学科の出身者かつ旧帝大または早慶上智クラスの大学出身者が中心。

理系の中でも工学部、理学部(物理系)、情報学部がほとんど。

生物系や農学系は鉄道会社では取り扱う分野が皆無または極小のためほとんどいない。

プロフェッショナル職

プロフェッショナル職

一方のプロフェッショナル職の採用においては、学歴フィルターと呼ばれる制度はないと考えてよい。

こちらは現業職と呼ばれる職種。

細かく分けると、駅員や車両・運転士となる運輸、車両・機械、施設、電気・システムの4種類のコースがある。

鉄道事業の第一線にて活躍するのが仕事が多いことため、募集人数もここ最近は300人以上で推移。

応募者数が多いのは間違いないが、採用人数もかなり多い。そうした特徴から、総合職とは違ってあわゆる大学や高校、専門学校から多くの学生を採用している。

自分が所属する学校名で選考の合否に関係することはほぼ皆無で、採用不採用は面接や適性検査にて決まると考えられる。

面接回数も少ないため、求められている内容もハイレベルでは決してない。

中堅大学であっても、偏差値が低いFランク大学であっても問題ないといえる。

運輸(駅・運転士・車掌)

駅員・車掌・運転士はここに該当する。

様々な偏差値の大学からの採用が行われているため、総合職では敬遠されてしまう中堅レベルの大学の出身者が主流。

学歴フィルターはまず見られない。

大学別ではMARCHから日東駒専の各大学が目立つものの、これは学生数そのものは多いことが影響している。

あまり有名ではない学校に所属するからと言って不利になることはまずない。

技術

技術系プロフェッショナル職は総合職の方と分野そのものは似ているが、仕事内容はやや異なる。

総合職は設計・開発が多いのに対して、プロフェッショナル職は主に現場に近いところに当たる。

保線などの土木工事、車両のメンテナンスなどが一般的にイメージが付きやすいが、これに該当するのは技術職。

「駅・乗務員」と同じく鉄道運行の第一線で働く例が多い。

あまり有名ではない学校に所属する学生でも内定者が多数いる。

アソシエイト職(一般職)

アソシエイト職

アソシエイト職

  • 事務全般
  • 営業・企画管理・関連事業・広報
  • 総務・財務・人事

アソシエイト職はオフィスワークが多い仕事内容で駅・乗務員とは違って現場は皆無。

総合職とは違って女性社員の割合が多い。主にアシスタント業務がちゅしん。

出身大学に関しては、総合職ほど難関大学に限った採用ではないが、それでも偏差値の高い大学からの採用がやや強い。

勤務地が限定されていることで転居を伴う転勤が基本的にはないため、旧帝大・早慶上智クラスからアソシエイト職へ応募する人もいる。

MARCH、関関同立の付近が「学歴フィルター」の潜在がが考えられる1つの目安になるだろう。

まとめ:学歴フィルター

職種 学歴フィルターの有無 補足
総合職-事務系(文系が主流) あり 難関大学に偏る
総合職-技術系(理系が対象) あり 難関大学に偏る
プロフェッショナル職-運輸(文系が主流) なし 大学名は関係なし
プロフェッショナル職-技術(理系が対象) なし 大学名は関係なし
アソシエイト職 ややあり 上位大学が中心

JR東海の職種ごとの新卒採用の学歴フィルターの事情はこのような形になる。

就職難易度と学歴フィルターの有無は比例する。

なお、ここでの学歴とは、高卒とか大卒という括りではなく、大学名という括り。(『どこからが「高学歴」に該当する!? 具体的な基準を分析』にて)

まとめと補足

補足

あなたはこれまでに学閥ともいえる制度で、旧帝大のような難関国立大と早稲田・慶應などの超一流私立大の学生しか採用されない傾向にあるという声を聞いたことはないだろうか。

総合職については、内定を獲得できるのは東大、京大、名古屋大、大阪大などの一部の難関国立大と早稲田・慶應・上智くらいしか入社できないと聞いたことがある人は多いはずだ。大学の偏差値別ではMARCHが下限という噂も存在。

2chや「みんしゅう」などの就活掲示板にもこのような書き込みをよく見かける。

そこでの情報によると、中堅以下の大学となると所属する学校名だけでESを提出した後の書類選考の時点で不採用になり、面接にさえ進めない可能性も否定できないようだ。

総合職は学歴フィルターがあるかも

学歴フィルター

JR東海で実際に内定がもらえて採用されるのは東大、京大、阪大、名大、一橋大、東工大などの日本を代表する大学の学生が大部分を占めている。

私立大学を見ると、早稲田大、慶応大、上智大の3つの最難関私立大に集中。

入試の偏差値が高くはない大学の学生があまり採用されていない傾向にある。これが学歴フィルターというものである。

JR東海の総合職に応募するのは決して旧帝大などの難関大学の学生に限られることではない。

地方の国公立大からMARCH、日東駒専などの私立大学の学生も数多く就職を希望している。ESを出す人数も極めて多い。

しかし、内定者の出身大学はそうした学校の人はかなり少数派となっている。

書類選考の段階で大学名だけで面接まで進めるかどうかの可否が決められていると考えられる。

所属する学校名が採用にまったく関係ないとは言い難い結果になっている。

プロフェッショナル職は学歴不問

一方、同じJR東海でも鉄道現業職にあたる「プロフェッショナル職」に関しては学歴フィルターと呼ばれるものはあまり存在しないようだ。

プロフェッショナル職の採用に当たっては、大学名よりも人物中心と考えられる。

応募する人は総合職と同じように多いものの、内定をもらう人の出身校はさまざまである。偏差値が高いところから低いところまでさまざまなのが印象的だ。

また、プロフェッショナル職では大卒だけでなく高卒の採用も行っている。両方合わせて毎年300~400人の学生を新卒として採用している。

現業職ということで、仕事は鉄道事業に特化した内容ではある。鉄道に興味関心があるのであれば、応募してみたい職種であるのは確かだろう。

新幹線及び在来線の電車の運転士になるのもこのプロフェッショナル職である。


広告

おすすめ記事