JR西日本の中途採用で正社員は少ない!? 契約社員が多い理由

JR西日本の中途採用

JR西日本ではほぼ常に転職者向けの中途採用を実施している。しかし、雇用体系は終身雇用が前提となっている正社員ではない。ほとんどが契約社員として募集されている。

転職サイトを見ても、西日本旅客鉄道のページへ行くとどれも「契約社員」となっている。中でも駅員と車掌の求人票はどれも正社員ではまったくない。

給料の仕組みも時給制となっている。当然ながら非正規雇用ということでボーナスもないのが現状だ。




駅員や乗務員は大量採用・大量退職?

駅員や車掌の中途採用で契約社員として雇用している理由にはどんな背景があるのだろうか。

中途採用で積極的に募集が行われているのはみどりの窓口で切符などを販売したり、改札口で案内する駅員、特急列車で切符拝見などを行う乗務員(車掌)がほとんどである。

きつい仕事

いずれも仕事内容のイメージとしては「キツイ」ではないか。接客サービスを行う仕事であるため、苦情やクレームの窓口ともなりえる。内勤の事務作業とは大きく違い、厳しい環境といえる印象だ。

勤務時間も決して一律ではない。朝に出社して夕方に退社できるかというとそうではない。鉄道運行の支障が出れば、夜遅くまで残業することになる可能性もある。

こうした背景から、駅員や乗務員の接客業にしょっ決する職種では大勢の社員が退職していく。

せっかく雇っても大量に辞めてしまうため、人件費そのものを抑えたいというJR西日本の意図があると考えられる。当然正社員と比べて契約社員の方が給料が安いので、人件費は安く済む。




車両や電気、施設管理は正社員で募集

一方で同じJR西日本でも、車両・電気・施設管理などの技術職と呼ばれる職種の募集においては、転職者向けの中途採用でも正社員で募集している。

技術職の方は駅員などと比べると離職率は低い。真夏の暑い中で外で作業することもあれば、真冬の寒い時に当たることもあり、キツイ仕事になるのも否定はできない。

しかし、常にそういった環境にあるわけでもない。肉体的な苦痛はあっても精神的な苦痛はかなり少ない。

JR西日本の技術職の中途採用

そうしたイメージから技術職の社員は定着しやすい。このため、募集するのもはじめから正社員として採用している。

ただし、常に中途採用の募集を行っているわけではない。本当に人でが不足気味になった時しか求人を出していない。

駅員や乗務員の採用とは違い、マイナビ転職やリクナビネクストなどへ掲載されるのもたまにであり、そもそも応募できる機会が少ない。