日本証券金融の採用大学を一覧化、学歴フィルターも存在

日本証券金融の採用大学は、東大、一橋大、東工大、京大、東北大、早稲田大、慶応義塾大、上智大、ICU、筑波大、千葉大、お茶女大、横浜国大、横浜市大、東京都立大、電気通信大、大阪市立大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西学院大、同志社大、立命館大、埼玉大、滋賀大、兵庫県立大、和歌山大、成蹊大、日大、専修大、武蔵大、甲南大など。

政府系金融をはじめとする大手金融機関と同じく、出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」が完全に存在すると判断。

総合職、一般職があるが、いずれも難関大学への偏りがある。

主流層は旧帝大と早慶、GMARCH・関関同立、上位勢の国公立大。中堅クラスの大学からもいくつかの採用はあるものの、数はかなり少ない。


主な採用大学

日本証券金融

日本証券金融では採用実績校をマイナビやリクナビで公開している。

採用大学は下記の通り。

日本証券金融の主な採用大学
青山学院大学、大阪市立大学、お茶の水女子大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、京都大学、慶應義塾大学、甲南大学、国際基督教大学、埼玉大学、滋賀大学、東京都立大学(首都大学東京)、上智大学、成蹊大学、専修大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東北大学、同志社大学、日本大学、一橋大学、兵庫県立大学、法政大学、武蔵大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学

採用人数が毎年5人前後しかない。かなり人数が少ないものの、政府系金融に近い(一般的な証券会社ではない)ということで応募者数は殺到する。

ゆえに、超高倍率になり、より高学歴への偏りが大きくなりやすい。

大学ランク別の採用実績校とするならば、以下のようになる。

大学ランク帯 採用実績校
S 東京大学、一橋大学、東京工業大学、京都大学、東北大学、早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学、国際基督教大学
A 筑波大学、千葉大学、お茶の水女子大学、横浜国立大学、横浜市立大学、東京都立大学、電気通信大学、大阪市立大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学
B 埼玉大学、滋賀大学、兵庫県立大学、和歌山大学、成蹊大学
C 日本大学、専修大学、武蔵大学、甲南大学
D
F

S,Aランク帯に加え、B、Cランク帯が若干という構成。偏差値が低いD,Fランク帯の採用実績はない。

>>【就職難易度】日本証券金融の新卒採用の倍率は50倍

100%学歴フィルター有り

難関大学に偏る学歴フィルター

上記の採用実績校から、大半がGMARCH・関関同立以上のランク帯の難関大学なのがわかる。

俗に言う「学歴フィルター」が完全100%存在することが読み取れる。

基本的には、採用されやすい大学を挙げるなら、下記のようになる。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • 東京外国語大学、筑波大学、お茶の水女子大学、横浜国立大学、横浜市立大学、東京都立大学、電気通信大学、大阪市立大学、大阪府立大学、広島大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生は、相当な確率で書類で落とされると考える。

例外的なのが、日東駒専・産近甲龍クラスの日本大学、専修大学、武蔵大学、甲南大学の4校。ここだけは偏差値は50前後。

私立は早慶上智とGMARCH、関関同立

最難関私大の慶応義塾大学

日本証券金融で採用実績校に上がっているのは、私立大学では早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)とGMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、そして関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)。

東京理科大学、国際基督教大学も偏差値上は上記のランク帯に入る。

世間的に「難関私大」に分類されるところの割合が大きい。

難関校とは定義されない日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラスの一部からの実績は多少はある。

ただ、在籍する学生数が多い大学が集まっている割には、日本証券金融への就職実績に乏しい。

よって、学歴フィルターの下限は概ねGMARCH・関関同立と判断。

国公立大学も上位校が多め

旧帝大の1校である京大

国公立大学でも旧帝大とそれに次ぐランク帯の一部の大学からが多め。

具体的には、上位国公立に該当する、旧帝大+3(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)、筑波大学、千葉大学、お茶の水女子大学、横浜国立大学、横浜市立大学、東京都立大学、電気通信大学、大阪市立大学などからも採用実績がある。

駅弁大学と呼ばれる地方の国立大学からはゼロではないものの、埼玉大学、滋賀大学、兵庫県立大学、和歌山大学くらいに限られる。人数面ではかなり少ない。

一般的な銀行・保険・証券では、国公立大学は比較的学歴差別が少なく、地方の大学からもある程度は採用がある。

しかし、日本証券金融となると明確に優劣が付けられる。

もっとも、地方の国公立大学は大都市圏立地の上位校と比べるとそもそも在籍する学生数そのものが少ないのも確か。

母数が異なる点も考慮すれば、駅弁大学等が学歴面で不利になるとは言い切れない。

職種別の採用大学の傾向

日本証券金融では、以下の2種類の職種が新卒採用で用意されている。

  • 総合職
  • 一般職

採用大学は前述の通り、大きな違いはない。ただし、偏差値が明らかに低い大学はおそらく後者の一般職だろう。

給料は幹部候補で引っ越しを伴う転勤が存在する総合職の方が高い。

>>日本証券金融の平均年収は約900万円、賞与は約6ヶ月分

総合職

旧帝大と早慶上智がほとんどのGSコース

総合職は早慶上智、旧帝大がほとんどと想定。日証金のような超難関企業となれば、GMARCH・関関同立でさえも少ないと見込まれる。

幹部候補という性質があり、さらに仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心。

そして、ここでいうここで言う「偏差値の高い大学」に相当する具体的な所が、旧帝大と早慶上智。

GMARCH・関関同立クラス、筑波大、横浜国立大、千葉大などの大学でさえも学生数の割には採用例に乏しいと予想。

どんなに低く見積もっても、7割は旧帝大+早慶上智の出身者になるはず。

日本証券金融の学歴フィルターの基準は、政府系金融機関や省庁、総合商社並み。採用ターゲット校がないとはとても考えにくい。

一般職

GMARCH・関関同立以上が主流のSSコース

一般職も基本的にはGMARCH・関関同立以上。

絶対的なボーダーラインこそは日東駒専・産近甲龍。それでも、主流層は旧帝大と早慶上智、GMARCH、関関同立、そして大都市圏にある上位国公立。

総合職に比べると仕事内容の高度さはないものの、そもそも採用人数が少ないことから、どうしても高学歴勢が集中。

中堅大学とそれ未満の学校は埋もれてしまうのが現状。

日本大学、専修大学、武蔵大学、甲南大学の4校もおそらく一般職での採用と思われる。

なお、一般的な銀行・保険・証券では「エリア限定職」や「一般職」は学歴フィルターが薄いのは確か。

おすすめ記事