【大学受験】文系と理系はどっちが簡単? 勉強が楽なのは!?

大学入学の文系・理系の難易度

大学受験においては文系と理系ではどっちの方が難易度が簡単なのか。旧帝大などの難関レベルの国公立大学に合格できるのはどちらの方が確立的に大きいのか。

受験勉強が楽な方を選択したいという高校生は多いかもしれない。どうせなら、入りやすい方に進んだ方が、志望校合格という点では有利になることも考えられる。

また、大学入学後の勉強が楽な方はどちらになるのかも気になるところだろう。

単位を落としたり、留年となる確率もまた文理選択の決め手となることもある。




文系=楽、理系=厳しい

文系 理系
数学 ⅠAⅡBまで ⅠAⅡB+ⅢC
英語 必須 ほぼ必須
国語 必須 ほぼ必須
社会 2科目必須 1科目だけ
理科 1科目だけ 2科目必須

一般的には文系は勉強内容が比較的簡単で、理系の分野は難しいという意見が多い。すなわち、「文系=楽、理系=厳しい」というイメージが強い。

大学受験における科目についても、文系は英語と国語、社会(地歴公民)ができれば難関大学への合格可能性が高まる。

一方の理系については数学・理科ができれば合格の可能性がアップする。しかし、特に数学については苦手意識を持っている人が少なくない。

理系の場合は数学でもⅢCまで勉強する必要がある。文系の場合はⅡBまでとなる。勉強する内容が1.5倍になるのも理系の特徴である。

文系でも英語を苦手とする高校生の割合は小さくはない。だた、どちらかというと数学を不得意とする人が多いように感じる。

数学や理科は入試で点が取れる人は高得点をたたき出すものの、取れない人は大きく苦戦する。この点から、文系の方が入りやすいという意見が強い。

さらに、文系の場合は受験科目として数学を取る大学が難関校を中心に多い。しかし、範囲はⅠAⅡBまでということで、それほど難しくはない。

文系と理系を比較すると、勉強する内容が薄いのは文系ということになる。




大学入学後も理系は忙しい

  • 理系:取得単位数が多い、研究室配属あり
  • 文系:取得単位数が少ない、自由時間が豊富

大学へ入学した後のスケジュールに関しても、文系よりも圧倒的に理系学生の方が忙しい。単位取得するべき授業が多い上、3年生になると研究室への配属が必須となる。

文系でもゼミというものがあるが、その時間は理系の研究室と比べて大幅に少ない。

勉強する時間が長い理系

理系では研究室に朝から晩までいるという例が少なくなく、深夜までいるケースもある。文系は1時間半、長くても3時間程度で終わる。

遊べる時間が多いのは文系と判断して間違いない。勉学以外、たとえば部活やサークル活動に取り組みやすいのも文系のメリットといえる。

  • 理系:勉強する時間が長い
  • 文系:サークル、部活(課外活動)に時間をさける

この傾向については、私立大学であっても国公立大学であっても基本的に変わらない。

理系学生の研究室での拘束時間の長さは、どちらかというと私大よりも国公立の方が長い傾向が見られる。

入学後も「文系=楽、理系=厳しい」という環境が続くのはまったく否定はできない。