川崎重工業の採用大学を一覧化! 学歴フィルター有り

川崎重工業の採用大学は、阪大、九大、大阪府大、京大、神戸大、名大、岡山大、九工大、東京農工大、東京理科大、東北大、愛媛大、徳島大、北大、名工業大、横浜国大、横浜市大岐阜大、広島大、早稲田大、筑波大、東工大、立命館大、金沢大、都立大、中央大、同志社大、兵庫県立大、茨城大、関西大、関西学院大、京都工芸繊維大、慶應義塾大、信州大、静岡大、電通大、神戸市外大など。

難関大学に偏った「学歴フィルター」が見られる。基本的には地方の国公立大学以上、もしくはMARCH・関関同立以上がボリュームゾーン。

大手機械メーカーと基本的には同じ。芝浦工大などの工業系なら中堅クラスも複数名の採用があるが、日東駒専・産近甲龍はかなり少ない。


主な採用大学

川崎重工業

川崎重工業の主な採用大学は以下の通り。

川崎重工業の採用大学
北海道大学、小樽商科大学、岩手大学、東北大学、秋田大学、国際教養大学、山形大学、宇都宮大学、群馬大学、筑波大学、茨城大学、千葉大学、埼玉大学、東京大学、東京工業大学、東京外国語大学、首都大学東京、東京農工大学、上智大学、国際基督教大学、芝浦工業大学、武蔵工業大学(東京都市大学)、電気通信大学、東京理科大学、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、横浜国立大学、横浜市立大学、明治大学、学習院大学、中央大学、青山学院大学、法政大学、立教大学、津田塾大学、名古屋大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、三重大学、岐阜大学、静岡大学、新潟大学、富山大学、福井大学、信州大学、金沢大学、金沢工業大学、南山大学、豊田工業大学、滋賀大学、京都大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学、神戸大学、兵庫県立大学、神戸市外国語大学、奈良先端科学技術大学、和歌山大学、関西大学、立命館大学、同志社大学、関西学院大学、岡山大学、広島大学、山口大学、香川大学、愛媛大学、徳島大学、九州大学、九州工業大学、北九州市立大学、佐賀大学、大分大学、長崎大学、熊本大学、宮崎大学、鹿児島大学

出典:マイナビ「川崎重工業(株)」

上記の採用実績校は、各大学の就職先を示したナビサイトにて川崎重工業が明記されている大学。

参考:重工業の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

大学ランク別の採用実績校

大学ランク帯 採用実績校
S 東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、東京工業大学、神戸大学、一橋大学、東北大学、北海道大学、早稲田大、慶応義塾大学
A 東京外国語大学、東京都立大学、筑波大学、横浜国立大学、横浜市立大学、大阪府立大学、大阪市立大学、岡山大学、広島大学、金沢大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、東京理科大学、国際基督教大学
B 小樽商科大学、岩手大学、秋田大学、国際教養大学、山形大学、宇都宮大学、群馬大学、茨城大学、電気通信大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学、三重大学、岐阜大学、静岡大学、新潟大学、富山大学、福井大学、信州大学、金沢大学、京都工芸繊維大学、兵庫県立大学、神戸市外国語大学、奈良先端科学技術大学、和歌山大学、滋賀大学、滋賀県立大学、島根大学、長岡技術科学大学、山口大学、香川大学、愛媛大学、徳島大学、九州工業大学、北九州市立大学、佐賀大学、大分大学、長崎大学、熊本大学、宮崎大学、鹿児島大学
C 芝浦工業大学、武蔵工業大学(東京都市大学)、金沢工業大学、豊田工業大学
D <採用なし>
F <採用なし>

川崎重工業の採用実績校を大学ランク帯ごとに分類すると、上記のようになる。

S,A,B,Cランク帯までの大学が多く並んでいるが、偏差値が低いD,Fランク帯の採用実績はない。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

「学歴フィルター」ありと判断

川崎重工業の新卒採用で内定獲得を目指す大学生

毎年300人前後の採用人数があるが、上記の採用実績校からは難関大学出身者が目立つ。

川崎重工業では学歴フィルターがあると判断。全員ではないとはいえ、偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生だと、書類で落とされる可能性が上がる。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
  • 地方の国公立大学

※国公立は全般、私立はMARCH、関関同立以上

特に私立大学は明暗がはっきりしている。

GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、東京理科大学、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)からのの採用が多め。

一方、在籍する学生が多いマンモス校である日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラス、南山大学、あるいは愛愛名中(名古屋都市圏の中堅私大)からはほとんど皆無。

職種ごとの学歴

東洋経済新報社「就活四季報」では、文系・理系それぞれの採用実績校が記載されている。

採用大学(文系)
関西学院大学、慶應義塾大学、早稲田大学、北海道大学、同志社大学、名古屋大学、岡山大学、立命館大学、神戸大学、東京外国語大学、横浜国立大学、上智大学、明治大学、神戸市外国語大学、法政大学、関西大学、一橋大学、滋賀大学、東北大学、大阪市立大学、奈良女子大学、横浜市立大学、京都大学、広島大学、津田塾大学、筑波大学、長崎大学、青山学院大学 ほか

採用大学(理系)
大阪大学、九州大学、大阪府立大学、京都大学、神戸大学、名古屋大学、岡山大学、九州工業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、愛媛大学、徳島大学、北海道大学、名古屋工業大学、横浜国立大学、岐阜大学、広島大学、早稲田大学、筑波大学、東京工業大学、立命館大学、金沢大学、首都大学東京、中央大学、都響大学、同志社大学、兵庫県立大学、茨城大学、関西大学、京都工芸繊維大、慶應義塾大学、信州大学、静岡大学、電気通信大学 ほか

参考:就職四季報2020

技術、事務ともに高学歴

川崎重工業で技術職として勤務する社員

文系・理系ともに難関大学からの採用に偏っていることには変わりない。

仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

理系を対象とする技術系職種も下限は芝浦工業大学、東京都市大学辺り。文系の下限はGMARCH・関関同立。

国公立大学であれば、大都市部の上位校ばかりでなく、「駅弁大学」と呼ばれる地方の大学からも多数の採用がある。

おすすめ記事