KDDIの新卒採用の就職難易度! 倍率は20~30倍前後か?

KDDI

KDDIの新卒採用の倍率はOPENコースの技術系が約20倍、事務系が約30倍、WILLコースは平均で約10倍と推定。就職難易度は文系が「やや難」、理系が「ふつう」に該当。

採用人数はここ数年は200~300人前後。大手企業でも特に多い人数。

情報通信業界でも特に有名な企業の1社で、インフラ企業としても特に就職先人気度が高い。

書類選考では応募者のほとんどは落とされると思われ、さらに1次面接から最終面接まででも残りの半分以上は落とされ、内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
OPENコース-技術系 ★★★ 20倍、ふつう
OPENコース-事務系 ★★★★ 30倍、やや難
WILLコース ★★ 10倍、やや易

KDDIのOPENコース技術系・事務系、WILLコースの新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも院卒、大学などを対象とする。

事務系は特に専攻分野の制限がないことで、特に供給過剰(応募者数が募集人数を大きく超過する状態)な傾向が見られる。

一方、理系学部に限定される技術系の場合、特定の学生したそもそもターゲットにされないこともあって、同じ会社でも就職難易度が下がる。

さらに、WILLコースは特定の専門性を持っている学生だけを対象とするため、さらに就職難易度が下がる。

《参考:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

OPENコース

不特定多数の学生が応募するOPENコース

OPENコースは他社で言う「総合職」に相当する職種。就職難易度および倍率は文系と理系でやや異なる。

当然ながら、人口が少ない技術系の方が競争は下がり、その分入社しやすい。

もっとも、理系という括りの中では不特定多数の学生が応募する。WILLコースよりは高倍率・高難易度になりやすい。

技術系は倍率20倍、難易度は「ふつう」

理系限定の技術系

KDDIの理系を対象とする技術系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍程度と推定。

募集要項などで明確に指定されているわけではないが、実質的には理学部(生物系以外)、工学部、情報学部など。

書類選考から面接まで、特定の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

対象者が限定されることで、文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

ゆえに、倍率は約30倍ほどが目安、就職難易度は「やや難」と判断。

なお、KDDIでは理系限定で「学校推薦」の制度が使える。自由応募よりも内定までの道のりが近くなるのは確か。

事務系の倍率は30倍、難易度は「やや難」

文系が主流の事務系

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など。いずれも文系だが、これらだけでもかなりの数になる。

応募方法は「自由応募」のみ。他の巷の企業と同じく、「学校推薦」方式は事務系は対象外。このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

こうした事情から、KDDIの事務系の倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

WILLコース

特定の専攻分野のみを対象とするWILLコース

WILLコースは各分野によって事情は異なるが、就職難易度は「やや易」に相当。倍率は約10倍と推定。

専門職に相当。専門的な知識を持っていることが求められるため、そもそも応募できる人が少ない。

詳しい分野は下記の通り。

●ネットワーク:インフラエンジニア
●ネットワーク:ソリューションエンジニア
●クラウド・アプリケーション
●UXデザイン
●セキュリティ
●データサイエンス
●ファシリティ
●リーガル&ライセンス
●アカウンティング&ファイナンス
●ビジネスインキュベーション
●アカウントコンサル(法人営業)
●パートナーマネジメント(代理店営業)

特に理系の分野は特定の専攻分野に携わっている人しか理解できない領域。

ゆえに、就職難易度は通常の総合職よりも低い。倍率も高くても10倍程度と考える。

総合職のような高倍率にはまずならない。

まとめ

KDDIの新卒採用の就職難易度について、他の企業と比べてそのレベルはどれくらいのものになるのか。そして倍率はいくつになるのか。

携帯電話キャリア「au」というブランドで知られている会社であるものの、NTTドコモやソフトバンクと比べるとKDDI株式会社の知名度はそこまで高くはない。

auは知っていてもその運営会社は知らないという人も以外と多い。そのため、就職の難易度も携帯電話キャリア3社の中では最も低い。

See Also:KDDIの採用大学を公開! 学歴フィルターの事情を考察

文系・理系の倍率の違い

職種 難易度(満5点) レベルの目安
総合職(文系) ★★★★ やや難
総合職(理系) ★★★ 標準

KDDIの新卒採用の募集職種である総合職の倍率はおよそ20~30倍ほどと予想する。企業の知名度や採用人数を考慮すると、これくらいが相場という結論となる。

文系・理系で区別した採用方式を取っていないのがKDDIの就職事情となっている。技術職や事務職という名称を使うなど、初めから文理別での採用とはなっていない。

KDDIの新卒採用の倍率

採用人数についても、全体で250~300人ほどとなっていて、職種別では公表されていない。

しかし、実際には文系と理系では採用した人物像が異なってくる。技術系の仕事内容に携わる理学部や工学部出身者と文系を中心とする事務系では、ターゲットとしている学生が違う。

したがって、文系と理系では就職難易度も違い、想定される倍率も異なると考えてよい。

事務系は就職が難しい

他の携帯電話キャリアやその他通信業界の企業と同じように、KDDIの採用でも事務系の職種の就職難易度は高い。

事務系職種

ターゲットとされている学部学科が不問で不特定多数の学生が応募するためである。日本の大学生の過半数は文系の学部に所属する。

採用の対象となる学生の人口そのものが大きいことで、事務系職種の難易度もアップする。

本当に優秀な学生だけが内定を獲得でき、大多数の応募者は不採用となって落とされるのは避けられない。簡単に内定がもらえる「売り手市場」とは程遠い。

NTTドコモやソフトバンクよりは知名度が若干低いこともあって難易度は下がるものの、それでも完全に買い手市場となっていて、採用人数に対して応募者数が圧倒的にオーバーしている。

技術系は難易度=標準

KDDIの技術系総合職

一方の理学部や工学部をターゲットとした技術系の方の就職難易度は事務系よりもやや低い。目安として、大手企業の中では「標準」的といえる。

理系学生の人材の需要は全体的に不足気味となっている。それは大手企業も例外ではなく、KDDIも決して安泰とは言い難い。

機械系の人材獲得の激しい競争があることで、技術分野に携わる大学生や大学院生の募集ではやや売り手市場に傾いているといえる。

学生にとっての就職難易度もその分下がる。総合職という名前では同じでも、理系学生にとってはうれしい事情ではある。

KDDIへの就職に有利な学部といえば、最上位は工学部といっても過言ではない。特に情報系や機械系は優遇されやすい。

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。