近鉄の新卒採用の倍率は20~50倍、就職難易度は職種間で様々

近鉄

総合職の募集を実施する近鉄グループホールディングスの新卒採用の倍率は約50倍、就職難易度は「かなり難」。

現業部門の鉄道職の募集を実施する近畿日本鉄道(株)の倍率は約30倍、就職難易度は「やや難」。

近鉄グループHDは特に総合職というポジションのため、不特定多数の学生が応募。近畿地方以外の地域からも応募が集まる。対する近畿日本鉄道の鉄道職は駅員・車掌・運転士、あるいは設備保守などが業務内容のため、人気度はやや低め。


近鉄グループホールディングス

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系 ★★★★★ 50倍、かなり難
技術系 ★★★★ 30倍、やや難

近鉄グループホールディングスでの募集となる総合職の事務系(文系)、技術系(理系)それぞれの就職難易度はこのような形になる。

採用人数では技術系よりも事務系の方が多いものの、エントリー数も圧倒的に事務系の方が多い。

結果的に、就職難易度と倍率も事務系の方が高く、内定獲得の難しさが増す。

《参考:鉄道会社の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

事務系は約50倍、就職難易度は「かなり難」

近鉄グループHDの事務系

近鉄グループホールディングスの新卒採用の事務系の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

事務系とは、募集要項では次のように記載されている。

  • グループ各社(在籍出向後、運輸、不動産、流通、ホテルなど各事業会社)における現業部門または後方部門
  • 近鉄グループHDにおける業務(総務、経理、人事など)

全学部全学科を対象としているが、応募者の大半は文系の学生である。仕事内容は管理や営業(企画)とほぼ同じと考えてよい。

文系を対象とするため、応募できる学生層は広範囲に及ぶ。日本の学生の割合別で見ても文系が全体の7割を占める。ゆえに、事務系に応募する人数が多くなるのは避けられない。

こうした背景をもとに考えると、近鉄グループHDの事務職の倍率は50倍近くには達すると考える。

応募人数が公表されていないため、正確な数値は不明で実際の数とはかけ離れている可能性もあるが、就職難易度が「かなり難」が妥当な表現ではないか。

技術系は約30倍、就職難易度は「やや難」

技術系

技術系の就職難易度は「やや難」、倍率は約30倍と予想。

業務内容は下記が該当。

  • 鉄道技術(土木、建築、電気、車両、情報通信)に関する業務
  • グループ各社技術部門における業務

募集の対象となる学部学科は、土木、電気、車両、建築、情報のいずれかに関係する専攻分野。

工学部や理学部などの理系の学部学科に所属する学生をターゲットとするため、学生の総数が多い文系は対象外。

このように、応募できる学生が限られていることもあり、倍率は30倍くらいと予想。就職難易度は「やや難」という表現が妥当ではないか。

近畿日本鉄道(鉄道職)

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
運輸部門(駅員・車掌・運転士) ★★★★ 30倍、やや難
技術部門 ★★★ 20倍、ふつう

近畿日本鉄道(株)での募集となる鉄道職には2系統が用意されていて、運輸部門(駅員・車掌・運転士)、技術部門それぞれの就職難易度はこのような形になる。

倍率および就職難易度は鉄道会社の現業部門としては標準的な水準。

採用人数はJR西日本やJR東海と比較して少ないものの、エントリーする学生層となる沿線の人口も少ないため、就職難易度そのものはこれらの鉄道事業者とほぼ同じ。

>>鉄道現業職へ就職!難易度や倍率はどれくらい?

運輸部門は約30倍、就職難易度は「やや難」

近畿日本鉄道の鉄道職運輸部門

駅員・車掌・運転士などの鉄道職の運輸部門の倍率は30倍程度と予想。上場企業の中での就職難易度は「最難関」に相当。

JRグループであるJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州の現業部門と類似。

他の業界でこそは、現業部門はかなり不人気の職種になりやすいののの、鉄道会社はどこもそうではない。電車に強い興味関心を持つ学生たちが応募するため、常に供給過剰の状態になりやすい。

特に運輸部門は駅員・車掌・運転士など、鉄道会社の花形ともいえる存在。これらに憧れる学生は決して少ない人数ではない。

こうした状態から、倍率は約30倍、就職難易度は「やや難」という表現が妥当だろう。

なお、実際に内定獲得するのは、近鉄沿線を出身(自宅がある)に所属する大学生が多め。つまり、大阪府、奈良県、三重県、愛知県出身者。あくまでも個人的な感覚であるが、ここに該当しない学生は相当少ない。

参考:近鉄の採用大学を公開! 総合職と鉄道職(現業)でそれぞれ異なる

技術部門の約20倍、就職難易度は「ふつう」

近畿日本鉄道の鉄道職技術部門

近畿日本鉄道(株)にて募集の鉄道職の技術部門の倍率は約20倍程度、就職難易度は「ふつう」に相当。

保線などの土木工事、車両のメンテナンスなどが一般的にイメージが付きやすいが、これに該当するのが技術部門。

総合職の技術系とは違って、「運輸部門」と同じく鉄道運行の第一線で働く例が多い。

採用の対象となる学部学科は基本的に理工系。実際にエントリーする学生も理系が中心で、特定の学生層での競争となるため、倍率と就職難易度は運輸部門よりは下がる。

実際に内定獲得するのは、近鉄沿線を出身(自宅がある)で、理工系学部に所属する大学生が中心。

まとめ

近鉄グループホールディングスの倍率

近鉄グループホールディングスの総合職でこれほど倍率が高くなっている理由は採用人数の少なさが挙げられる。

全部で20~30人ということで、大手企業の中ではかなり少ない方に分類される。文系・理系は問われていないものの、それでも募集人員が少ないことには変わりない。

それとは反対に応募者数がかなり多い。近鉄という知名度は特に関西地区で大きい。

応募者も主に関西在住の学生が多いが、ネームバリューがかなり良いことで、特に鉄道会社の事業内容にはあまり興味がない人でも応募するようだ。

これは近鉄だけでなく、私鉄と呼ばれる他の鉄道会社でも同じことがいえる。どこも採用人数が数十人と少なく、少人数制となっているところが共通点だろう。

9割はエントリーシートで落とされる?

エントリーシート

近鉄グループホールディングスの採用人数が20~30人というところで応募者数が数千人単位という規模になることで、面接をする割合はかなり低い。

実際にエントリーシートによる書類選考を通過して面接へ進めるのは10%未満という意見が多い。

どうしても選考では来社できる人の数とかけられる時間には限界がある。書類だけで9割の就活生が落とされる要因といえる。

ESを通過するためには運の要素も必要となるだろう。少しでも企業側にとって気になるところがあればあっという間に不採用となると思われる。

倍率が50倍というレベルの選考で内定をもらえる人は運のある人といっても決して過言ではないだろう。もはや実力だけで内定がもらえる世界ではない。


広告

おすすめ記事