どこからが「高学歴」に該当する!? 具体的な基準を分析

高学歴の基準

よく「高学歴」という言葉を聞くが、これは具体的にどこからの範囲が該当するのか。その基準について分析してみた。大卒・院卒の中でも国公立・私立問わず難関大学を出た人のことを指すケースが多い。

かつては大卒というだけで高学歴だと判断されていた。高度経済成長期から安定成長期にかけては高卒が主流だったこともあって、大学へ進学することが勉学に熱心である証だったようだ。しかし、それはあくまでも1990年ごろまでの話に過ぎない。

現在では大学進学が基本となったため、大学を出ることだけではもはや学歴が高いという基準は満たせなくなった。そこで代わりに使われるようになった判断材料が大学ごとの偏差値だろう。



高学歴の基準と目安

高学歴であるかどうかの目安は大学別の「学歴フィルター」の基準とほとんど一致する。国公立と私立それぞれで分けてみるとこうなる。

 国公立大学 私立大学
高学歴 旧帝大 早慶上智
主要都市の国立大 MARCH・関関同立・東京理科大
地方国公立 学習院大、国際基督教大
中学歴 公立単科大学 日東駒専・産近甲龍、成蹊大、南山大
低学歴 該当なし 大東亜帝国・摂神追桃
該当なし その他、無名大学

地方部の公立単科大学や中堅レベルの私立大学からは「中学歴」といえるレベルに突入する。つまり、高学歴であるとは言えない。

さらに、Fランクと呼ばれるような入試で自分の名前を書けば受かる大学は完全に「低学歴」に該当する。

偏差値が低い大学を出ても、一般社会では学歴が高いとは評価されない。むしろマイナスな方向に判断されてしまうことも考えられる。

大卒=高学歴、高卒=低学歴という一概の基準線はもう存在しない。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

国公立大学

学歴フィルター

国公立大学はほとんどの大学が「高学歴」に該当する。しばしば旧帝大クラスの学校でないと条件をクリアできないとの意見が聞かれるが、高・中・低で判断すると最も上のランクに分類される。

受験の世界では確かに難関大学とは言えない地方の駅弁大学でも、日本国内の大学全体で見れば偏差値は高い方に分類される。少なくとも上位20%くらいにはランクインする。

就職においても「高学歴」の基準を満たすため、ほかの人達と比べて不利になることはまずない。

大手企業での就職などでは「学歴フィルター」と呼ばれる選考基準もあり、こちらは確かに同じ国公立大学でも旧帝大クラスしか合格にならない例もある。

とはいえ、これはあくまでも極端な事例に過ぎない。高学歴の中でも高学歴の人たちを指すものであり、世間一般での評価はここまで厳しくはない。

参照:地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

私立大学

一方の私立大学に関しては、高学歴から低学歴まで差がはっきりしている。本当に評価されるのはほんの一部の学校しかないのが現実である。

入試のレベルでも、しっかりと勉強しないと合格できない大学もある一方、名前さえ書けば入れるところもかなり多い。

後者はまったく「高学歴」には該当しない。あくまでも前者のような、勉強しないと入れない私立大学に限り学歴の評価がプラスに働く。

早稲田大、慶応義塾大、上智大を筆頭に、MARCH、東京理科大、関関同立の各校までが一般的に「高学歴」に該当する私立大学だろう。

日大、東洋大、駒澤大、専修大を示す日東駒専、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大を示す産近甲龍は中堅レベルに該当する。

この辺りからは「中学歴」に分類される。あまり高学歴とは判断されない。

そして、大東亜帝国・摂神追桃の各校では「低学歴」と判断されやすい。ここからは大卒でも世間一般の評価は悪いのは正直な感想である。

したがって、「どこからが高学歴か?」という質問に対する答えは「MARCH、関関同立、東京理科大から」といえる。

高学歴の判断材料は偏差値だけでない

偏差値以外の高学歴の判断基準

高学歴の判断材料は出身大学の偏差値だけではない。これ以外の具体的な基準は以下になる。

  • 海外留学の経験
  • 保有する資格
  • 学部学科

最近では海外へ留学経験のある人が増えている。日本国内だけでなく、もっとグローバルな視点を持っている点も高学歴の判断材料の1つになるだろう。

保有資格も同じく付加的なな価値を持っていると評価される基準になる。こちらも大卒の中でも学歴が高いとみなされる要因になりやすい。

所属する大学そのもののネームバリューだけでなく、他の人とは違った経験や資格を持つことは付加価値を生み出す。結果的に「高学歴」と同等の評価を獲得できる。

理系・文系の違いそのものも

さらに、大学で学んだ分野も判断材料になることも否定できない。学部学科の種類がここに関係する。

「理高文低」の傾向が見られる。理系出身者は専門的な知識を持っているとして優遇されやすい一方、文系出身者は役に立たないことしか学んでいないとして、高学歴とは評価されない例もある。

  • 理系=高学歴
  • 文系=低学歴

中でも日本では理系と文系の違いが大きく注目されやすい傾向が目立つ。

大学という点では同じでも、実務で役に立つか立たないかで優劣が決まってしまう点も高学歴の基準と関係があるわけだ。

参照:高学歴なのに就職できない人の特徴! 致命的な理由はこの4つ

おすすめ記事