クボタの新卒採用の倍率は推定20倍! 就職難易度(職種別)

クボタ

クボタの新卒採用の倍率は全体では10~30倍程度と推定。職種別では総合職のうち、事務系が約30倍、技術系が約10倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「ふつう」、技術系が「易」に該当。(大手企業の中で比較した場合)

採用人数はすべて合わせると300人前後で毎年推移。内訳は事務系は50人、技術系は100人ほど。一方の応募者数は各々1,000~2,000人程度になると見込まれる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系総合職(文系が主流) ★★★ 30倍、ふつう
技術系総合職(理系が対象) 10倍、易

クボタの事務系・技術系総合職の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職だが、分野ごとに分かれての採用選考。

圧倒的に理系対象の技術系の募集人数が多いことに加え、日本国内の大学を見ると文系に分類される学部学科に所属する人の割合が高いため、倍率は圧倒的に事務系総合職で高くなる。

技術系は採用人数に対して応募者数はそこまでは過剰にはなりにくい。募集人数そのものが多いのも1つの理由だが、何よりも応募する学生が理学部・工学部などに限られるため、事務系と比べて倍率が下がる。

とはいえ、大前提としていずれの職種も倍率が高くて競争が激しいのは確か。重機メーカーの中では上位に入る。

>>クボタの平均年収は約800万円! 職種・年齢別目安

事務系は難易度が「ふつう」

事務系総合職

事務系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約30倍と推定。

事務系とは、募集要項では次のように記載されている。

  • 営業
  • 生産管理
  • 調達
  • 人事・総務
  • 財務・経理

全学部全学科を対象としているが、応募者の大半は文系の学生である。仕事内容は管理や営業(企画)とほぼ同じと考えてよい。

応募者は文系がほとんど。内定を巡った競争でも経済学部・法学部・文学部・商学部・教育学部・人間科学部・外国語学部・総合政策学部などに限られる。

ただ、日本の学生の割合別で見ても文系が全体の7割を占めている。このため、他の一般的な企業と同じく事務系に応募する人数が多い。

こうした背景と会社の規模、事業内容、知名度をもとに考えると、クボタの事務職の倍率は30倍近くには達すると考える。採用人数が少ない年だとそれ以上に達することも大いにあり得る。技術系より高倍率なのは確実。

就職難易度が「ふつう」に当たるレベルが妥当だろう。

技術系の難易度は「易」

技術系総合職

技術系総合職の就職難易度は「易」レベル。倍率は約10倍と推定。

仕事内容は以下の通り。

  • 研究
  • 製品開発・設計
  • 技術営業
  • 生産技術・製造
  • 調達
  • 品質保証
  • IT企画・推進
  • デザイン

募集対象の学部学科に関しては、「機械工学(機械、精密、航空、船舶、農業機械等)、電気電子工学、材料工学、IT系、デザイン系等」と募集要項に記載されている。

文系は応募できない。理系でも理学部生物学科や農学部のような物理・化学以外の分野の学生もターゲットではない。

工学部や理学部などの特定の理系の学部学科に所属する学生の中での競争になり、応募できる学生が限られていることもあり、倍率は10倍程度が1つの目安と推定。

就職難易度は「易」という表現が妥当ではないか。

同じく正式データがないため実際の数値とは異なるかもしれないが、背景の事情をもとに考えるとこのあたりが適当かと思う。

他社と比較して

他社との比較

クボタの就職難易度を他社と比較すると、以下のようにまとめられる。

  • 重機メーカー大手では上位
  • 技術系は比較的入りやすい
  • 自動車メーカーよりは入りやすい

三菱重工業、小松製作所、三菱電機、日立製作所、パナソニックなどに比べるとやや倍率は低め。

また、製造業で印象が強い自動車メーカーに比べると入りやすい傾向。

重機メーカーでは大手並み

同じ重機メーカーの小松製作所

クボタの就職難易度に関しては、重機関連の機械メーカー最高峰と比較すると低い。

他社の場合だと、以下のような特徴がある。

  • 三菱重工業:社名に「三菱」が付くため大人気
  • 小松製作所:重機メーカーの代表格で人気
  • 日立建機:「日立」が社名に付くため、比較的人気

参考:重工業の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

上記のような理由から、相対的に関西圏の製造業トップクラスの中でのクボタの就職難易度が下位に入る。

さらに、大学生では社名そのものの知名度が低いことが影響。

採用大学と学歴フィルターについて

クボタの採用大学と学歴フィルターの有無に関しては、以下の記事にて詳しく解説。

〈クボタの採用大学を調査! 学歴フィルター有り〉


広告

おすすめ記事