レターパックは土日でも配達される! プラス・ライトどちらも

土日祝でも配達されるレターパック

日本郵便のレターパックは土日祝でも配達される。対象となるのは、青色の「レターパックライト」と赤色の「レターパックプラス」の両方である。

特に輸送障害などがない限りは、平日と同じ所要日数でお届け先へ届く。週末をはさむからといって、通常よりも日にちが長くなることはない。

郵便物の場合は日曜日は配達不可となっているが、それはあくまでも「普通郵便」に限った話である。




レターパックの土日祝の配達と所要日数

レターパックの所要日数(東京→大阪を例に)

種類 土日祝の配達 所要日数
レターパックライト あり 速達郵便レベルだが、遅れる確率大
レターパックプラス あり 速達郵便・ゆうパックレベル

レターパックの「ライト」も「プラス」も土日祝の配達があることには変わりない。

どちらも年中無休で発送も配達も行われている。普通郵便のように、日曜日の配達はできなかったり、今後は人手不足で月曜から金曜までの平日のみにしようとする動きもない。

さらに、レターパックはいずれも所要日数が普通郵便よりも短い。概ね速達郵便レベルの日数で送り先に届けられる。

レターパックプラスの方が確実

レターパックプラス

しかし、比較してみると所要日数の面ではやや料金が高いレターパックプラスの方が早く、しかも確実である。

レターパックプラスは受取の際に受領印を押すタイプの輸送サービスである。ゆうパックをはじめとする宅配便と同じ形式だ。

受取の証明が付いていて、しかも追跡サービスも付いている。速達かつ確実に送りたいという人はレターパックプラスがおすすめだろう。




レターパックライトは自宅ポストへ

レターパックライト

一方のレターパックライトの方は、所要日数では若干プラスよりも不確実性が高い。所要日数の目安は日本郵便のホームページに記載されているものの、遅れることもよくある。

レターパックプラスも遅配することがあるのは確かだが、ライトはそれ以上に遅れやすい。配送する優先順位はプラスの方が高い。

さらに、配達の方法もプラスとライトでは異なる。プラスは対面での配達で、受取人から受領印をもらう形になるが、ライトは自宅のポストへ入れる配達形式になる。

したがって、一般的な郵便物と同じである。追跡サービスはあるものの、本当に受け取ったかどうかは、発送元にはわからない。

実際に送ってみた時の所要日数

実際にレターパックのライトとプラスを送ってみた時の所要日数を見てみよう。

今回は東京→大阪へ送ってみた。

種類 発送日 お届け日
レターパックライト 7月1日 7月3日 11:32
レターパックプラス 7月2日 17:24

このように、同じレターパックで発送元も送り先も同じであっても、ライトとプラスでは所要日数が異なる形となった。

特に大阪府下は東京発だと翌日配達できる地域の限界ラインに近くなるため、配達日が遅れる可能性が高い。

さらに、ゆうパックのように時間指定もできないことで、「いつ届くわからない」のも確か。

最短日で配達されるようにはなっているが、特にライトの方は優先度が低いため、急ぎで何か送る場合はおすすめできない。

おすすめ記事