【論点】MARCHと地方国立大、どっちが上?

MARCH

MARCHと地方国公立大学では、社会的な評価や実際の学力では後者の方が上になる。

明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学いずれも「難関私大」に分類され、偏差値では国公立大学のほとんどよりも高い数値だが、受験科目や入試方式が異なることもあって序列ではそう高くはない。


他大学との序列の比較

順位 大学群 主な大学
1位 旧帝大 東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学
2位 早慶
3位 筑横千、千金広岡 筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、金沢大学、広島大学、岡山大学
4位 5S 埼玉大学、信州大学、静岡大学、滋賀大学、新潟大学
5位 駅弁大学 一般的な地方国立大学
6位 MARCH 明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学
7位 成成名学 成城大学、成蹊大学、明治学院大学
8位 日東駒専 日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学

大学受験の情報を提供する大手予備校や学習塾では、大学のレベル別の序列は以下のようになっていることが多い。

一般的な大学群の順番
旧帝大>早慶>上智>MARCH≒筑横千、千金広岡>その他国公立大学≒成成名学≒日東駒専

しかし、実際に必要とする学力や社会的な評価では上記の表のようになる。

特に地方国立大学と比較すると、MARCHの方が入りやすいこともあって、序列の面でも下になる。

>>関東(首都圏)の国公立・私立の序列! 偏差値ごとにランク分け

筑横千よりも大幅に下

筑横千

MARCHの各大学の偏差値こそは筑横千(筑波大学、横浜国立大学、千葉大学)と同じくらいの数値である。

しかし、合格難易度では明らかに国立大学である筑横千の方が高い。MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)の5大学いずれもこれには及ばない。

国立であれば共通テスト(旧センター試験)と二次試験の両方を対策することが必要。前者は特に5教科7科目すべて課される。

すべての教科にて満遍なく求められた得点が取れないと合格できない。

一方のMARCHは私大ということで受験科目は3教科のみ。特に文系であれば国語+社会+英語だけ。しかも入試はマーク式のため、難易度は国立に比べて簡単。

偏差値こそは同じでも、これはあくまでも見かけ上の数値に過ぎない。

駅弁大学にも及ばない可能性大

地方の国公立大学

偏差値の数値であれば、MARCHと「駅弁大学」と呼ばれる地方国立大学とでは、MARCHの方が圧倒的に高い。

例えば、中央大学経済学部の偏差値は60.0なのに対して、埼玉大学は57.5、新潟大学は52.5。MARCH側が勝利のように見える。

今回は中堅国立大学である「5S」をピックアップしたものの、この時点でさえもMARCHの方が高い。

しかし、筑横千と同じように地方の国立大学でも受験科目は共通テストの5教科7科目と二次試験で課される2~3教科。

すべての教科にて満遍なく合格点を取れるほどの学力がないといけない。

MARCHであれば、3か月間の受験勉強で合格できるとも言われているが、国公立となればそれは厳しい。高1の段階からコツコツと勉強しないと合格できないほどでもある。

国公立底辺よりは上だが

底辺国公立大学と呼ばれる、偏差値50未満の大学と比べると、この時点ではMARCHの方が序列では上になる。

受験科目が3つのみとはいえ、一般入試で受験することを前提に考えるのであれば、MARCHの方が求められる学力が高め。

>><全34校>底辺国公立大学、 各々の入りやすさを考察

ただし、どちらが簡単かは各個人で大きく異なるのも確か。

文系は特に、英語・社会ができる人であればMARCHの方が受かりやすい。

逆に突出した教科はないものの、ほとんどの教科で自分の学力が均等になっている場合は、低偏差値の国公立大学の方が受かりやすいかもしれない。

参照:MARCHの序列を順位にすると!? ランキングにしてみた!

MARCH>地方国立の理由

MARCHは国立以下の理由

MARCHの立ち位置が地方国立大学よりも下になる理由は以下。

  • 受験科目が3教科に限定
  • 文系は数学なしで受験可能(地歴公民を選択可)
  • 推薦入試が全体の大きな割合を占める

数学がいらない

数学ができない文系

数学がいらないのはMARCHをはじめとする私立大学のメリット。文系にとっては非常に美味しい条件でもある。

国公立大学であれば、どんな大学であろうと大学入学共通テストが100%必須。二次試験では数学無しの大学も多数あるが、共通テストでは数学が必ずある。

理系はもちろんのこと、文系でも数学を少なからず勉強しなければ国公立大学を目指すのは厳しい。

MARCHは文系・理系ともに基本的に3教科受験は主流。

例えば、中央大学経済学部(一般選抜)の場合、受験科目は以下の通り。

中央大学経済学部(一般)

3教科(350点満点)
【国語】国語総合(漢文を除く)(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(150)
《地歴》世B・日Bから選択(100)
《公民》政経(100)
《数学》数I・数A・数II・数B(数列・ベクトル)(100)
●選択→地歴・公民・数学から1

引用:パスナビ

上記の例だと、英語+国語+地歴公民・数学から選択の合計3科目。社会と数学のどちらかを選択できるシステムで、数学無しでの受験が可能。

国公立大学であれば、数学ノー勉で受験するなんてことは不可能。

MARCHは数学を苦手とする人達の逃げ道となり得る。

推薦入試が多い

推薦入試

MARCHでも一般入試は確かに難易度は簡単ではない。勉強しなければ合格できないレベル。

一方、指定校推薦という手段を使うことができるのも確か。まるで裏口入学といえるほど。

私立大学全体では、一般入試の合格者は入学者全体の半数にも満たない。文部科学省の「平成30年度国公私立大学入学者選抜実施状況」によると、昨年は私立大学入学者のうち、一般入試を利用した人の割合が47%。つまり、入学者の5割超は推薦入試やAO入試で合格しているのだ。

推薦入試には、指定校推薦、公募推薦、スポーツ推薦、付属高校からの内部進学など、さまざまな形式があるが、こうした学校ごとの推薦が全体の4割、残り1割強がAO入試による合格者。AO入試は書類選考のほか、面接や小論文の試験のみで、基本的に学力試験を課さない。

引用:田中圭太郎著「私大入試の難化の一因…?指定校推薦の「語られざる問題」

私立大学全体にて一般選抜で入学している学生は全体の47%のみ。残りの53%は推薦入試やAO入試。

AO入試は人数はかなり少ないため、ほとんどは推薦と捉えてよい。

推薦入試では学力はあまり問われない。ゆえに、MARCHに合格できるほどの学力がなくても入れるシステムが存在。

そして、このシステムがMARCHをはじめとする私立大学全体のイメージを落としている。

国公立大学では、比較的入りやすいといわれる駅弁大学でも推薦入試はごく一部の枠に限定。

推薦入試でも相当の学力が求められることもあって、序列でもMARCHよりも地方国立大学の方あ上に立つ。

社会的な評価

大学のレベルの印象

見かけ上のレベルではMARCH>地方国立になる。

しかし、上記の事情から、これは受験産業が示す偏差値に限った話。世間一般では、MARCHは「しょせんは私立」なんて言われることもあるほど。

明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学いずれも「勉強ができる」というイメージはかなり薄い。

大学生の就職の世界においても、MARCHに在籍するからといって、それは大幅に有利に働く可能性は低い。

学歴フィルターの仕組み

大学名で選考合否が決まる学歴フィルターで落とされる可能性こそは低いものの、優秀だとはみなされない。

「難関私大」という括りに入るとはいえ、これは日東駒専以下と比較して上というニュアンスで捉えることもできるほど。

>>MARCHは就職の学歴フィルターでセーフ、それともアウト!?

地方部はさらに厳しい

地方部

東京をはじめとする首都圏であれば、MARCHは一定程度は評価されるかもしれない。

しかし、地方部に行くとさらに評価は厳しい。大学に関する知識が少ない人たちの間では、MARCHよりも地元の国公立大学の方が圧倒的にレベルが高いとして評価されやすい。

地方は大学のみならず高校の段階でも公立重視。私立は公立に落ちた人が行くところ言うイメージが強い。

ゆえに、「国公立大学に落ちたからMARCHに進学した」との印象が付いてしまうことも。


広告

おすすめ記事