MARCHの序列を順位にすると!? ランキングにしてみた!

MARCHの序列

MARCHと呼ばれる5つの大学群の序列は「明治大>青山学院大>立教大>中央大>法政大」の順番になる。それぞれ偏差値のレベル、知名度、就職のしやすさの点でランキングの順位は異なるものの、総合的に考慮するならこのような並びになる。

いずれも同じ程度のレベルで、そこに所属する学生としての身分は同じであるととらえられやすい。確かに、その通りで大きな差は見られない。

しかし、詳細に見れば若干ではあるが優劣の差は存在する。気にするほどでは決してないものの、気分的な問題として重要かもしれない。


MARCHの序列

MARCHの序列

MARCH(あるいはGMARCH)の序列は以下のようになる。

  1. 明治大学
  2. 青山学院大学
  3. 立教大学
  4. 中央大学
  5. 法政大学
  6. 学習院大学

不等号を使うなら、明治大>青山学院大>立教大>中央大>法政大となる。

微妙なラインとしては、関西学院大学と立命館大学が学部によっては順番が入れ替わる。ただ、総合的に見るとこのようなランキングが出来上がる。

同志社大学が首位、関西大学が最下位なのはほぼ固定と考えてよい。

明治大学

明治大学

明治大学はMARCHの中でも序列では頂点に立つ。

青山学院大学や立教大学と競合するものの、世間一般のイメージでは明治大学の方がレベルが高いとの認識が若干多め。

文系の看板学部である法学部・商学部・政治経済学部・文学部・経営学部は和泉キャンパスと駿河台キャンパスで、いずれも東京23区内の立地。

宗教色がない世俗的な大学という点も、社会的にあらゆる方面から着目されやすい。

早慶には学力的に一歩及ばない学生、あるいは入試で不合格になってしまった人の滑り止めとしては、明治大学が第一候補にもなりやすい。

一方、他のGMARCH(青学・立教・中央・法政・学習院)と併願して、明治大学の合格を辞退してまでこれらに進学する人はレア。

このような現象もMARCHで最上位であることを示している。

青山学院大学

青山学院大学

青山学院大学はMARCHの序列では第2位に入る。

キャンパスの立地では、文学部、教育人間科学部、経済学部、法学部、経営学部、国際政治経済学部、総合文化政策学部は渋谷区の青山キャンパスで、同じように東京23区内で立地面で恵まれている。

一方、キリスト教系の大学ということもあって宗教色が強く、敬遠する人がいるのも否定できない。

入試偏差値の面では明治大学と頭角を現すものの、世俗的ではない点で一部の人から敬遠され、序列では首位ではない。

立教大学

立教大学

立教大学はMARCHの序列では第3位に入る。

キャンパスの立地では、文文学部、経済学部、理学部、社会学部、法学部、経営学部、異文化コミュニケーション学部は池袋キャンパスで、同じように東京23区内で立地面で恵まれている。

一方、青山学院大学と同じようにキリスト教系の大学ということもあって宗教色がある。

さらに、新座キャンパスの観光学部、コミュニティ福祉学部、現代心理学部が、池袋キャンパスの各学部よりも偏差値が低めで穴場学部ということもあり、「入るのが難しい大学」というイメージに欠ける。

明治大学・青山学院大学と比較すると序列では下になる。

中央大学

中央大学

中央大学はMARCHの序列では第4位に入る。

偏差値の面で明治大学・青山学院大学・立教大学の3校よりもワンランク下になる学部が目立つ。

看板の法学部こそは早慶に迫るほどの偏差値の高さであるが、それ以外は文理いずれも低め。

最大の理由はキャンパスの立地といえる。後楽園キャンパス(理工学部)、市ヶ谷田町キャンパス(国際情報学部)以外の学部学科は八王子市の多摩キャンパス。

「都心」と表現される東京23区内から遠く離れた立地となっているため、受験生からの人気度で一歩ダウン。

法政大学よりは序列で上になる一方、明治・青学・立教よりは下になる。

法政大学

法政大学

法政大学はMARCHの序列では第5位に入り最下位。

偏差値の面で明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学の4校いずれにも及ばない。偏差値の数値も同一学部でも差異がある。

キャンパスの立地では、市ヶ谷キャンパス(法学部・文学部・経営学部・国際文化学部・人間環境学部・キャリアデザイン学部・デザイン工学部・GIS(グローバル教養学部))こそは都心部だが、多摩キャンパス(経済学部・社会学部・現代福祉学部・スポーツ健康学部)と小金井キャンパス(情報科学部・理工学部・生命科学部)は東京都西部の立地。

郊外の多摩キャンパスと小金井キャンパスの学部が全体的な偏差値を押し下げるいる印象も大きい。

さらに、法政大学は独自の「強み」も目立った内容がない。受験生にとっての魅力に劣るのも、MARCHの各大学の序列で最下位に入る理由と考える。

ただし、最近では成成明学・日東駒専に偏差値で追いついて来ている、さらには追い抜かれているといった声もあるが、法政大学でもMARCHの一員であることは確かで、これらの大学よりはレベルの面で一歩リードする。

学習院大学

学習院大学がGMARCHの「G」として大学群の1つとして考えられることがある。

ただ、偏差値の面ではMARCHの5校には及ばない。ワンランク下の大学というイメージも世間的に主流。法政大学(MARCH最下位)よりも偏差値が低い学部がほとんど。

最近では日東駒専で偏差値が上昇して難化している東洋大学と並ぶ学部もあるほど。

「MARCHと同じレベルか?」と問われたら、「いいえ」という答えが妥当ではないか。

MARCH5大学のいずれかと学習院大学を併願して両方ともに合格し、MARCHを辞退してまで学習院大学に進学する受験生もほぼゼロに近いと考えられる。

偏差値の順位(平均値)

各学部ごとの偏差値を平均した数値で序列化すると、理工系や医学部の有無で大きく違ってきてしまう。工学部になると、立教大学には理学部しかなく、工学関連がない。

今回はそのような特徴を避けるため、文系学部で平均をとることとする。文系の学部の偏差値を平均にして順位をランキングにすると、以下のようになる。

各大学(MARCH) 平均偏差値
立教大学 61.3
明治大学 61.1
青山学院大学 60.6
法政大学 58.1
中央大学 57.2

このように偏差値でレベル別に順位化すると、立教大学が最高、中央大学が最低という結果になった。

一般入試の難易度に限った話であるため、推薦入試は除外されている。しかし、学力で入る難しさという点では、このような序列が出来上がる。

MARCHの学部の序列

最も学部学科の種類が影響しているもの確かだろう。新興学部の有無が偏差値の平均を左右している。

大学 主な新興学部
明治 総合数理、情報コミュニケーション
青山学院 社会情報、地域社会共生、総合文化政策
立教 異文化コミュニケーション、観光、コミュニティ福祉
中央 総合政策、国際経営、国際情報
法政 キャリアデザイン、人間環境、グローバル教養、デザイン工学

立教大学と明治大学は新興学部が少ない。「国際○○学部」、「総合○○学部」、「情報○○学部」など新設学部の印象が強い名称が少ない。

一方の中央大学は最近新設された学部が複数ある。総合政策学部、国際経営学部、国際情報学部の3つは新興学部に分類される。

これらの新しい学部は実績が少ないため、偏差値も従来のところと比べると低い。これの有無がMARCHの中でも序列を左右している。

さらに、立地場所も大きく関係している。都心部に立地する大学は全体的に偏差値が高く、郊外に立地する大学は偏差値が低い。

学部学科ごとに見ても、東京都23区内にあるところはレベルが高いが、東京西部や千葉、埼玉、神奈川県内にあるキャンパスだとレベルがいまいちな例が多い。

知名度の順位

知名度の順位にすると、特定の分野で広く知られいたり、一般人にも関わりのある学部、スポーツが盛んでテレビで取り上げられることが多い学校が上位に来る。

例えば、箱根駅伝で優勝する頻度が高かったりする大学も、MARCHの中で注目されやすい。

MARCHの知名度の序列

このように第一印象のイメージにする知名度を序列化すると、以下のランキングのようになる。

各大学(MARCH) イメージ
明治大学 穴場がない、箱根駅伝で活躍
立教大学 女子学生が過半数
青山学院大学 箱根駅伝で活躍
中央大学 法学部が有名
法政大学 都心回帰

全体的に見ると、圧倒的に明治大学がMARCHの中でトップに君臨する。特にデメリットとなるものがなく、箱根駅伝でテレビに放映されるシーンが多いこともあって知名度が高い。

各学部を見ても新設学部が少ない。MARCHの中で志望校を選ぶ場合は、「まずは明治」と考える高校生が多い。

立教大学と青山学院大学も上位に入る。こちらも明治ほどではないが、好印象が大きい。

一方の中央大学と法政大学は下位になる。MARCHでも目立った印象に欠けているためだろう。

中央大学は法学部こそ偏差値が高くてレベルが高いとして有名だが、それ以外の学部には魅力に欠ける。

法政大学も最近はキャンパスを再び東京都23区内に移設する「都心回帰」に力を入れて近年は志願者数が伸びているものの、学部単体だと特徴があまりない。

やはり、同じMARCHという括りの中でも5つの大学の優劣が出ているのは確かだろう。

就職のしやすさ

MARCHの就職での学歴フィルター

就職のしやすさは知名度に準ずるといえる。

ただし、実際にはMARCHの中での差はほとんどない。就職の世界になると、偏差値のちょっとした違いは関係ないといえる。

あくまでも大まかな目安でしか受け止められない。つまり、MARCHはすべて同じランクの大学とみなされる。

大手企業では「学歴フィルター」という学校名が選考に影響を与えるような制度があることが多い。MARCHはいずれも上位私立大学という部類に入るため、これに引っかかる可能性は低い。

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?


広告

おすすめ記事