丸紅の新卒採用の倍率は50~100倍、就職難易度も職種別に判定

丸紅

丸紅の新卒採用の倍率は総合職が約100倍、一般職が50倍と推定。就職難易度はそれぞれ「最難関」「かなり難」に相当。

どちらの職種も入社できるのは運が良かった一握りの人達のみだが、前者の方がよりハードルが高い。

総合商社の業界第4位に入るため首位ではないものの、就職先としては非常に人気。内定獲得までのハードルは日本国内でもトップクラスの企業。

採用人数はここ数年は100~150人前後で推移。内訳は総合職が100人、一般職が15人程度。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 ★★★★★ 100倍、最難関
一般職 ★★★★★ 50倍、かなり難

丸紅の新卒採用では総合職と一般職の2コースがある。それぞれの就職難易度は上記の通り。

総合職は他の会社と同じように、国内各地及び海外への転勤や駐在が本人の同意の有無を問わずある職種。

一般職は引っ越しが必要な異動が本人の同意なしではないのが特徴。

それぞれで給料体系は異なるものの、総合商社という業界全体を通じてかなり人気の高い就職先ということで、どちらも応募者数は膨大な数に膨れ上がる。

《参照:総合商社の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

エントリーシートによる書類選考から最終面接まで残ることさえも困難なほど。

総合職の倍率は100倍、難易度は「最難関」

総合職

丸紅の総合職の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。

採用人数は毎年100名程度がこれに該当するが、応募者数が圧倒的に多いコースでもある。

他の総合商社と同じように、応募できる条件上で学部学科の限定はない。専攻分野も「全学部全学科」と募集要項に記載されている通り、あらゆる学生が応募。

とはいえ、ほとんどは文系で、法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、国際関係学部、外国語学部など。

文系人口は大きく、専攻分野に制限ないことで、採用枠を巡る競争は過酷になりやすくなる。

主流層の文系の人口はかなり大きく、日本国内の大学生の3分の2はこれらの「文系」の学部学科に在籍。採用人数が多いとはいえ、完全に供給過剰。

このような事情を考慮すると、丸紅の総合職の倍率は100倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

一般職は倍率50倍、難易度「かなり難」

一般職

一般職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍程度と推定。総合職よりはややハードルが下がる。

同じく文系向けの職種だが、他社でいう一般職に該当。基幹コースの総合職よりは希望する学生が少なめ。

給料は転勤がある総合職よりも低い。基本給から賞与、そして各種手当まで2つのコースでは金額が差が大きい。(参照:丸紅の平均年収は1,300万円! 職種・年齢ごとでも算出

もっとも、採用人数も毎年15名前後とかなり少ない。応募者数の総数こそは少なくても、需要そのものは小さいことで、倍率は思ったほど下がらない。

さらに、応募できる条件上で学部学科の限定は同じく指定はなく、採用対象は「全学部全学科」。ここも制限がないことで、より高倍率になりやすい

ゆえに、就職難易度は依然として「かなり難」、倍率は約50倍と判断。

なお、業務職は女性社員の割合は大きい。男性はかなり少ない。これは総合商社に限らず、国内のすべての企業に共通すること。

まとめ:どれくらい内定獲得は難しい?

内定獲得が難しい総合商社

上記の通り、丸紅の新卒採用の倍率は約50~100倍くらいの数値に毎年なっている。

マイナビやリクナビでエントリーした人の100人に1人しか内定を獲得できないほど難易度が非常に高い。

優秀な学生であっても運がなければあっという間に不採用となるのは確実。

丸紅は総合商社として多くの学生から人気のある企業にランクインしている。

誰もが知っている会社であり、しかも総合商社という憧れの業界であることもあって、毎年膨大な数の学生が応募する。

エントリーシートを提出すると最初に行われるのが筆記試験である。その後面接へと進んでいるという選考プロセスになっている。

ただ、面接まで進める学生すらかなり少ないのが現状。

倍率は100倍近くになる!

倍率100倍超になる採用選考

人気企業ということもあって新卒採用の倍率は80~100倍くらいが相場となっている。不特定多数の大学から応募されるため、このように高い水準となっているわけだ。

100倍近い倍率となると、どんなに優秀な学生であっても不採用になる確率は高い。

内定を得るためには運が必要であるのは言うまでもないが、面接の対策準備は絶対に不可欠である。

就職難易度は当然ながらMAX。

さらに、総合商社では体育会系を望んでいるといわれている。海外へ赴任する場面が多い業界であるため、どうしても活発に動いて体力に自信がある人を採用したいのだろう。

どの会社もそうかもしれないが、特に商社では体育会系が好まれる傾向がある。

出身校(大学)も偏る

学歴フィルター

もちろん、出身大学ごとの区別もある可能性が大いに考えられる。

採用された学生の出身大学を見ると、東大、京大、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、名古屋大、大阪大、九州大学、青山学院大学、同志社大学、立命館大学、北大といった学校が一覧に載っている。

何百人も採用しているため、難関大学には該当しない学校を出ている人も多くいるものと思われる。

とはいえ、週刊ダイヤモンドなどに掲載されている出身校だけを見るとレベルの高い学校の人を多く採用したいという意向が伝わってくる。

なお、丸紅には筆記試験がある。学力考査があることで、どうしても難関大学の学生の方が通過できる割合が必然的に高くなる。

本当に試験を通過できるのはレベルの高い学校の人となることから、内定を獲得する学生の出身校もこのようになっているのかもしれない。

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。