ミネベアミツミの採用倍率は10~20倍程度、就職難易度も検証

ミネベアミツミ

ミネベアミツミの大卒・院卒の新卒採用の倍率は10~20倍程度、職種別では事務系が約20倍、技術系が約10倍くらいと推定。

就職難易度は事務系が「ふつう」、技術系が「やや易」に該当。

採用人数はここ数年は100~200人前後で推移。会社の知名度がやや低いこともあって、応募者が大幅に殺到するわけではない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系(文系) ★★★ 20倍、ふつう
技術系(理工系) ★★ 10倍、やや易

ミネベアミツミの事務系・技術系新卒採用の就職難易度はこのような形になる。

募集人数の面で、技術系は事務系の3~4倍くらいに達する一方、文理では専門性(大学で学んでいる専攻分野)の有無で条件が異なることが影響。

ただし、総合電機メーカー他社(特に日立製作所・ソニーなど)に比べると、同じ東証一部上場企業としては文系・理系ともにやや倍率が低め。

《参照:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

採用人数は確かに少ないものの、応募者数もまた少ない。エントリーシートを実際に提出するのは、電機メーカーを目指している学生でも一部に限られるだろう。

技術系の倍率は10倍、難易度は「やや易」

技術系の就職難易度はやや易

技術系の就職難易度は全社採用で「やや易」レベル。倍率は約10倍と推定。院卒、大卒いずれもほぼ同水準。

入社する社員の3分の2以上はこの技術職に該当。その年の採用計画によって変動するものの、就職難易度および倍率の1つの目安だろう。

応募できるのは理工学系の学部学科に所属している学生に限定。募集要項でも「機械系・電気系出身の方大歓迎。その他物理・化学・材料・情報系などの理系学科全般」と限定の記載がある。

理系という括りの学部学科でも機械系、情報系の専攻が主な対象者で、生物・バイオ系では残念ながら採用の対象ではない。

こうした点から、推定倍率は約10倍が限度で、就職難易度は「やや易」という表現が妥当ではないか。

事務系は倍率が20倍、難易度が「ふつう」

倍率が約20倍の事務系

事務系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。営業系と管理系が該当。

採用人数は毎年10~30人ほど。技術系と比較して大幅に少ない。

一方、ミネベアミツミの事務職に応募できる条件上で学部学科の限定はない。営業でも管理部門でも「理系学科・文系学科全般」と募集要項に記載されている。

このような条件により、事務系では不特定多数の学生がエントリーしてくる。理系限定のような制限がないことで、応募者が殺到して倍率が増加。

さらに、文系人口は大きく、これも競争激化に拍車をかける。日本国内の大学生の文系・理系の比率を見ても、7割近くは文系に属する。

理系の学生だと「自分の専攻を活かしたい」といった動機でエントリーする例が大半だが、文系となればそのような理由はない。「年収が高いから」「知っている会社だから」「大手だから」などが率直な動機ではないか。

こうした事情から、ミネベアミツミの事務系の倍率は20倍と推定。就職難易度は「ふつう」との表現が妥当と判断。

職種ごとの採用対象の学部学科(専攻分野)

学部学科が異なる学生たち

ミネベアミツミの各職種ごとの採用対象の学部学科、専攻分野は以下の通り。

職種 機械 電気 物理 材料 化学 情報 理系全般 文系
研究開発
設計開発
ソフトウェア開発
生産技術
製造加工技術
金型設計・製作
品質保証・解析
生産管理
社内SE
技術営業
営業
管理系

出典:ミネベアミツミ公式ウェブサイト

各業務分野ごとにターゲットとしている学部学科を公開している。

おすすめ記事