三菱商事の採用大学を調査! 学歴フィルターの事情も考察

三菱商事の採用大学は、慶應義塾大、東京大、早稲田大、一橋大、立教大、上智大、東京外国語大、青山学院大、明治大、東京理科大、首都大東京、東京工業大、筑波大、北海道大、国際教養大、名古屋大、京都大、大阪大、神戸大、滋賀大、関西学院大、立命館大、同志社大、大阪府立大、神戸市外国語大、岡山大、九州大など。

総合商社の最大手ということで、完全に「学歴フィルター」が存在。偏差値が高い大学ばかりで、旧帝大・早慶未満は少数派。

大学名だけでES審査や面接で有利になったり不利になるだろう。


主な採用大学

学歴フィルターが存在する三菱商事

三菱商事の主な採用大学は以下の通り。

慶應義塾大学、東京大学、早稲田大学、一橋大学、立教大学、上智大学、東京外国語大学、青山学院大学、明治大学、東京理科大学、首都大学東京、東京工業大学、筑波大学、北海道大学、国際教養大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、滋賀大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学、大阪府立大学、神戸市外国語大学、岡山大学、九州大学、University of Miami、Imperial College London、The University of Edinburgh、Brown University、Universita Commerciale Luigi Bocconi、University College London、San Diego State University、University of Sydney、Princeton University、University of California, Berkeley、国立台湾大学

出典:マイナビ2021「三菱商事(株)」

上記の採用実績校はマイナビにて公開。なお、上記は総合職・一般職いずれも含む。

100%学歴フィルターがある!

学歴フィルターの仕組み

毎年150人程度の採用人数があるが、そのほとんどが難関大学出身者。

三菱商事では完全に学歴フィルターがあると捉えてよい。偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生は、相当な確率で書類で落とされると考える。

三菱商事で最も偏差値が低い大学は、採用実績校一覧では滋賀大学、神戸市外国語大学の2校。

大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」が完全にあるとしか見えない。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学

※つまり「旧帝大」「早慶」を指す

MARCH、関関同立クラスに満たない大学は在籍する大学名だけで落とされる可能性が大いにある。

日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラスはもはや論外といえる。南山大学、あるいは愛愛名中(名古屋都市圏の中堅私大)も同様。

なお、採用大学で地域的な偏りはない。首都圏の大学ばかりというわけではなく、関西圏ばかりというわけではない。それよりも偏差値の偏りの方が大きい。

>>【三菱商事】新卒採用には学閥が!? 難易度や倍率はどう?

職種ごとの採用大学の傾向

難関大学ばかりの選考になる三菱商事の新卒採用

次に各職種ごとの採用大学の傾向について。

特に書類選考の段階で広く使われている手法が学歴フィルター。

一般的な企業では、学歴フィルターは総合職>一般職の構図。しかし、三菱商事クラスの超大手総合商社では、一般職でも難関大学ばかり。

なお、就活四季報でも採用大学が公開されている。こちらは文理別で掲載。

文系

(院卒) 東京大学大学院、慶応義塾大学大学院、早稲田大学大学院、立教大学大学院、筑波大学大学院、北海道大学大学院

(学部卒) 慶應義塾大学、早稲田大学、東京大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、立教大学、上智大学、滋賀大学、九州大学、東京外語大学、明治大学、国際教養大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学、神戸市外国語大学、マイマミ大学、インペリアル・カレッジ・ロンドンエジンバラ大 ブラウン大学、ボッコニー大学、台湾大学、ニューヨーク大学

理系

(院卒)東京大学大学院、慶応義塾大学大学院、九州大学大学院、早稲田大学大学院、北海道大学大学院、名古屋大学大学院、京都大学大学院、大阪大学大学院、岡山大学大学院、東京理科大学大学院、首都大学東京大学院、東京工業大学大学院

(学部卒)東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、京都大学、上智大学、青山学院大学、大阪府立大学

商社というと文系ばかりのイメージがあるかもしれないが、三菱商事では理系出身者もかなり多い。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

総合職

事務系職種

総合職はもちろん社員の出身大学はハイレベル。学部学科に関係なく旧帝大、早慶上智クラスばかり。

MARCH、関関同立クラス、あるいは上位国公立に当たる千葉大学、横浜国立大学、筑波大学、大阪府立大学、大阪市立大学などでさえも少なめ。

日東駒専・産近甲龍クラスの大学からの採用はゼロに近い。地方国公立大学でも数人いる程度にとどまる。

よって、大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」があると推測できる。

>>総合商社の平均年収は1,000万円超! なぜ高いのか?

一般職

技術系職種

一般職は旧帝大・早慶上智限定というわけではないが、これらの大学が多数派ではある。

出身大学がMARCH、関関同立の社員は一般職でも少ない。学生数が多い難関私大と捉えられるところではあるものの、三菱商事となれば下位かもしれない。

旧帝大クラス以外の国公立大学でも、一般職で採用される人でも千葉大学、横浜国立大学、筑波大学、東京都立大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学などやや難関のところばかり。

おすすめ記事