三菱電機の新卒採用の倍率は10~30倍、就職難易度も

三菱電機

三菱電機の新卒採用(大卒・院卒)の倍率は全体では10~30倍程度と算出。職種別では事務系が約30倍、技術系が約10倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「やや難」、技術系が「やや易」に該当。

採用人数が数百人単位ということで、大量に募集している企業である。大手企業ではあるものの、天文学的な競争にはならない。

大卒及び院卒の見込みの学生が応募できるコースは2パターンある。事務系総合職と技術系総合職だ。製造業の典型的な募集方法だ。

毎年合計で800~1,000人ほどの採用人数となっている。倍率は総合的に見て30倍ほどとされている。エントリーシートを提出した人の3%程度の人が内定を獲得できるという狭き門なのは確実だ。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系(文系が主流) ★★★★ 30倍、やや難
技術系(理系が対象) ★★ 10倍、やや易

三菱電機の就職難易度は、技術系より事務系の方が競争が激しい。倍率もそれに伴って高い数値となっている。

募集人数の面で、技術系は事務系の2,3倍に達する一方、専門性(大学で学んでいる専攻分野)の有無で条件が異なることが影響。

技術系は採用人数に対して応募者数はそこまでは過剰にはなりにくい。募集人数そのものが多いのも1つの理由だが、何よりも応募する学生が理学部・工学部などに限られるため、事務系と比べて倍率が下がる。

今回示している倍率の数値はあくまでも私の予想である。正式なデータによるものではない。ただ、難易度が全体的に高く、その中でも事務系が技術系よりも高い傾向にあることには変わりない。

事務系は倍率は約30倍、難易度は「やや難」

三菱電機の事務系総合職の新卒採用の倍率は30倍程度と推定。就職難易度は「やや難」と判定。

採用人数は事務系のみで200~250名ほどで毎年推移。

事務職は主に文系の学生が配属される。募集対象は全学部全学科となっているが、実際には文科出身の人が中心となっている。

大学で学んでいる勉強内容が何であっても事務系総合職であれば応募できるため、三菱電機には不特定多数の学生が応募してくる。

総合電機メーカーの中でもトップクラスのランクに君臨し、大企業で安定した会社ということで、そのネームバリューから学生が殺到する。

就活セミナーなどでも三菱電機のブースには学生が溢れかえる光景がよく見られるのはそのためである。

そんな事情から、だれでも応募できる事務系総合職ではかなりの学生がエントリーシートを出す。これにより、倍率は全体の数値を超えて30倍が相場になると考える。

就職難易度は圧倒的難関というわけではないものの、「やや難」との表現にはなるだろう。

技術系は約10倍、難易度は「やや易」

一方の技術系総合職の場合、応募できる学生は限られている。工学系を専攻している理系の学生のみを対象としている。

ゆえに倍率は約10倍前後になる見込み。就職難易度は「やや易」。

事務系よりも内定が取りやすいという事情は、三菱電機に限らずほとんどの製造業の企業に当てはまる共通点。

技術職では大学や大学院で学んだ専門的な知識が必要とされるため、選考を受けられるのも工学部などの理系学部に所属する人のみ。

採用人数は技術系のみで600~700名ほどで毎年推移。

有名な大学を見ると、工学部がある大学は数多くあるが、日本全国の学生数から見ると理系学部に所属する人の割合は20~30%と少ない。

その中でも工学系の分野に携わる人は半数弱である。全体の1~2割ほどしかいない。そんな少数派の中での内定の争いになる。

しかも技術系は事務系よりも採用人数が多いこともあって、倍率はやや低めとなっている。

工学関係の学部学科に所属しているのであれば、三菱電機から内定がもらえるまでの難易度は下がるのは確かだろう。

ただし、入りやすさの点はあくまでも大手企業の中での比較に過ぎない。誰もが知っている会社ということで、高い倍率で入社が難しいことには変わりない。

理系であったとしても、工学を専攻していたとしても、応募したが不採用となって落とされることは大いにありうる。

他社と比較して

三菱電機の製品

三菱電機の就職難易度を他社と比較すると、以下のようにまとめられる。

  • 総合電機メーカー大手ではやや易
  • 事務・技術ともに採用人数が多いため(合計800~1,000人)
  • 理系は特に難易度低

社名に「三菱」が付くこと、総合電機メーカーということで取り扱う製品にある程度馴染みがあることから、応募する学生は確かに多い。

それでも、採用人数がかなり多い背景から、会社規模の割には応募者過剰にはなりにくい。

事務系で200人以上、技術系では600人以上の採用があるため、仮にエントリーする人がそれぞれ1万人いたとしても、それぞれ50倍、16.6倍。

実際には、これよりはエントリーシートを提出して本エントリーする学生数は少ないと思われる。

総合電機メーカーでは上位

総合電機メーカーでも就職難易度が高めの日立製作所

三菱電機の新卒採用の倍率と就職難易度は、総合電機メーカー、その他製造業の中では確かに上位に入る。

  • 日立製作所
  • ソニー
  • 三菱電機
  • 富士通
  • キヤノン
  • 東芝
  • 日本電気(NEC)
  • シャープ

総合電機メーカーと言えば上記のような会社が業界大手に君臨。

一方、事業内容や知名度の面から、ソニー、日立製作所に比べるとやや競争率は下がると思われる。

総合電機メーカーのみならず、自動車業界重機・工作機械メーカーなどと比較しても、就職難易度で三菱電機よりも高いところとしては、トヨタ自動車、本田技研工業、小松製作所、ファナックなどがある。

おすすめ記事