【採用大学】三菱電機の学歴フィルター、出身大学を見ると!

三菱電機の採用大学は、東大、京大、早稲田大、慶応義塾大、東工大、一橋大、阪大、名大、九大、神戸大、東北大、北大、横国大、筑波大、千葉大、大阪府大、大阪市大、広島大、岡山大、金沢大、新潟大、信州大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大など。

新卒採用での「学歴フィルター」が存在するという見方が大きい。新卒でも中途でも出身大学の学校名によってその後の選考で有利に働いたり不利になったりする。

総合電機メーカーの中でも最大手クラスということで、どうしても毎年採用に応募する人は殺到する。

倍率は大卒及び院卒向けの新卒で数十倍、社会人経験者向けの中途採用となると百倍単位となるようだ。

大きい会社ということで採用している人数は決して少ないわけではない。しかし、人員計画をはるかに超えた応募者が集まることから、そのような激しい競争となる。

そこで学歴フィルターを導入し、一定のレベルの大学出身者を優先するという会社があり、三菱電機もその可能性が否定できない。


主な採用大学

三菱電機

三菱電機の主な採用大学は以下の通り。

慶應義塾大学 早稲田大学 東京大学 東京工業大学 一橋大学 上智大学 明治大学 青山学院大学 立教大学 中央大学 法政大学 学習院大学 東京理科大学 関西学院大学 名古屋大学 京都大学 大阪大学 神戸大学 九州大学 東北大学 東京外国語大学 横浜国立大学  千葉大学 国際基督学大学 同志社大学 北海道大学 筑波大学

出典:主要大学の公式ウェブサイト

上記の採用実績校は、各大学の就職先を示した公式ウェブサイトにて三菱電機が明記されているところを抜粋したもの。

大学別採用人数

伊藤忠商事の大学別就職者数
大学名 採用人数
東京大学 20名
京都大学 31名
大阪大学 57名
名古屋大学 25名
九州大学 38名
東京工業大学 22名
神戸大学 35名
大阪府立大学 18名
慶応義塾大学 39名
早稲田大学 63名
明治大学 18名
関西大学 18名
東京理科大学 18名
同志社大学 24名
東京電機大学 19名

上記の表は、2015年及び2016年度の三菱商事の大学別採用人数を示した表。

>>三菱電機の新卒採用の倍率は10~30倍、就職難易度も

100%学歴フィルターがある!

難関大学に偏る三菱電機の学歴フィルター

毎年300人程度の採用人数があるが、そのほとんどが難関大学出身者。

三菱電機では学歴フィルターがあるだろう。全員ではないとはいえ、偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生だと、書類で落とされる可能性が上がる。

大学名で有利・不利が決まる「学歴フィルター」が完全にあるとしか見えない。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)

※国公立は大都市部立地、私立はMARCH、関関同立以上

GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)からの採用もある。

しかし、10名以上の採用があるのは旧帝大またはそれに準ずる国立大学、あるいは早慶、MARCH、関関同立ランクばかり。

在籍する学生が多いマンモス校である日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラスは少ない。南山大学、あるいは愛愛名中(名古屋都市圏の中堅私大)も同様。

難関大学出身者が主流派

三菱電機では、全体的に難関大学に部類される学校を出身としている人が多い。文系でも理系でも、偏差値が高くて入試で合格するのが難しいとされる大学が主流だ。

国公立大学だと、東大や京大をはじめ、旧帝大クラスと筑波大、千葉大、広島大といった偏差値上位レベルの学校が中心だ。

私立大学だと、最難関の早稲田、慶応義塾、上智をはじめ、MARCH・関関同立、東京理科大クラスの学校を出ているのが主流派となっている。

国公立大学でも地方の大学だと、やや少ない印象がある。採用されないというわけではないが、どうしても上位偏差値の学校と比べると少ない。

私立でも日東駒専・産近甲龍クラスとなると、学生数そのものが多い割には三菱電機で内定を獲得できている人が少ない。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

文系は特に学歴重視か?

学歴重視になりやすい文系の事務系

文系理系による違いについて、どちらかというと文系の方が学歴フィルターの傾向が見られる。

技術系は事務系と比べると、出身校のレベルの一極集中があまり見られない。偏差値的に上位レベルではない学校の学生でも数多く内定を獲得して入社が実現できている。

理系を対象とする職種の場合、どうしても学部学科には限りがある。総合電機メーカーということで、主に工学系の勉強をしている学生を対象としている。

工学部などに所属する学生の割合は、大学生全体から見ると決して大きくはない。その一方で、三菱電機では事務系よりもはるかに技術系がの採用人数が多い。

文系でも応募できる事務系の場合だと、不特定多数の学生が応募するため、採用人数に対して入社を希望する人が膨大な数にのぼる。

激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

書類選考の際にも、大学名である程度ふるいにかけられる可能性も考えられる。これが学歴フィルターと呼ばれる存在だが、三菱電機では新卒でも中途でもこの否定はできない。

>>学歴フィルターは学部・学科で異なります!

技術系(理系)は中堅大学も

理系の学歴フィルター

一方の、理系を対象とする技術系職種は難関大学に所属している学生ばかりが採用対象ではない。

国公立大学であれば、大都市部の上位校ばかりでなく、「駅弁大学」と呼ばれる地方の大学からも多数の採用がある。

1つの大学だけで見ると、在籍する学生の総数が少ないため、三菱電機へ就職する人は1~2名ほどに限られるが、これは「学歴フィルター」に引っかかるという意味ではない。

さらに、中堅私大からも採用が結構ある。工業系の私大で健闘している。具体的な以下の大学が多め。

  • 芝浦工業大学
  • 東京電機大学
  • 東京都市大学
  • 千葉工業大学
  • 豊田工業大学
  • 愛知工業大学
  • 大阪工業大学

上記の大学はいずれも日東駒専・産近甲龍ランクの偏差値だが、理工系を専門とすることもあって、三菱電機などの大手製造業では比較的採用実績がある。

おすすめ記事