三菱マテリアルの新卒採用の倍率は10~30倍! 就職難易度は高め

三菱マテリアル

三菱マテリアルの新卒採用の倍率は技術系が約10倍、事務系が約30倍と推定。就職難易度それぞれ「やや難」「ふつう」に該当。

採用人数はここ数年は80~100人前後、内訳は技術系が50~70人、事務系が30~40人前後。

非鉄金属メーカーの中では業界第2位で、住友電気工業に次ぐ規模で、JX金属や住友金属鉱山を上回る。

誰もが聞いたことがある企業というほどではないにしても、多くの人が知っている会社ではある。さらに、社名に「三菱」という名称が付くことで、より多くの学生が応募しやすい。

書類選考では応募者の過半数は落とされると思われ、さらに1次面接から最終面接まででも残りの半分以上は落とされ、内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★ 10倍、やや易
事務系 ★★★★ 30倍、やや難

三菱マテリアルの技術系、事務系の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

募集状況から、事務系と技術系では募集人員の面では2倍程度の差がある。事務系は特に専攻分野の制限がないことで、特に供給過剰(応募者数が募集人数を大きく超過する状態)な傾向が見られる。

技術系は採用人数に対して応募者数は事務系ほど厳しい競争にはなりにくい。業務内容と関連する専攻分野を学ぶ理学部・工学部などに限られるため、事務系と比べて倍率が下がる。

なお、大学生の間での企業選びの基準も異なる。理系は専攻分野と事業内容や仕事内容を照らし合わせて選ぶ傾向がある一方、文系は企業名(ネームバリュー)や会社規模を最重要視する傾向が見られる。社名に「三菱」が付く三菱マテリアルでは、この点はかなり影響するだろう。

《参考:鉄鋼・非鉄金属業界の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

技術系は倍率10倍、難易度は「やや易」

倍率が10倍程度には収まる技術系

三菱マテリアルの理系を対象とする技術系の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

技術系は公式ウェブサイトでは「理系のみ」と記載されている。ということで、人口が大きい文系は採用の対象外。

基本的に理工学系の学部学科を対象とする。また、理工系でも生物系やバイオ系、農学系は対象外。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

採用人数は50~70人ほどということで、製造業大手としてはやや少ない人数だが、エントリーする学生層が限定されるという理由から、就職難易度は「やや易」、倍率はおよそ10倍と判断。

応募者数に関しては、会社の規模や知名度、事業内容、理工系学部に在籍する学生数を考慮すると、およそ500人になるのではないかと考える。1,000人以上の規模にはならないだろう。

なお、三菱マテリアルでは理系限定で「学校推薦」の制度が使える。自由応募とは違って、教授の指名があることで内定獲得がしやすくなるのは確か。

>>三菱マテリアルの採用大学を公開! 学歴フィルター有り

事務系の倍率は30倍、難易度は「やや難」

倍率およそ20倍と見込まれる事務系

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

ここで言う「やや難」とは、一般的な上場企業の中で比較した場合の難しさを示すものだが、製造業大手としても比較的難易度が高いと感じる。もちろん、無名企業を含めた就職市場全体の中では「かなり難」に相当するだろう。

採用人数は毎年30~40人ほど。対して、応募者数は1,000人程度になるのではないかと推定。正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、これらだけでもかなりの数になる。

文系人口は理工系と比べても大幅に大きい。日本の大学生の文理比率は「文系:理系=7:3」で、圧倒的に文系が多い構造。この点で、潜在的な応募者の母数そのものは理系とは異なる。

加えて、就職の段階で活用できる専門分野に乏しい文系は、企業選びの際の基準は企業名(ネームバリュー)や会社規模になりやすい。三菱マテリアルは社名に「三菱」が付くことで、特に注目を浴びやすい。結果的に、事務系のエントリー数が拡大し、より入社までのハードルが上がる。

こうした事情から、三菱マテリアルの事務系の倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

他社と比較して

三菱マテリアルは、非鉄金属メーカー業界では第2位にランクインする。当然ながら、就職先としての人気度でも業界内ではトップクラスにはなる。

しかもテレビCMを放映する企業でもある。大学生の間でもある程度は知名度があるはず。

さらに、社名に「三菱」の名が付く。これがあるだけで、就職先としては人気度が上がると言っても過言ではない。

非鉄金属メーカーでは最上位の人気度

非鉄金属メーカー

三菱マテリアル以外の非鉄金属メーカーは下記の通り。

  • 住友電気工業
  • 古河電気工業
  • 住友金属鉱山
  • フジクラ
  • UACJ
  • 日本軽金属
  • DOWAホールディングス

三菱マテリアルとこれらの企業の就職難易度や倍率と結構違うと考える。

住友電気工業こそは業界最大手ということで、就職難易度と倍率は三菱マテリアルと大きな違いはないと考えられるものの、それ以外は知名度はそれほど高くはない。

非鉄金属メーカーを明確に志望している学生であれば、上記の多くを併願するだろうが、そうではなく、企業名や規模等で選択する場合であれば、三菱マテリアルにはエントリーしたが、それ以外が受けていないというケースが多くなるだろう。

その結果、三菱マテリアルだけが必然的に就職難易度および倍率が高い数値になる。

他の業界と比べて

同じ「三菱」が付く三菱商事

三菱マテリアルと併願する他の業界を挙げると、以下が人気だと感じる。

  • 総合商社
  • 石油(採掘、精製)
  • 電力、ガス(都市ガス)
  • 自動車メーカー
  • 化学メーカー
  • 電気メーカー

いずれも経営状況が安定しやすい市場が形成されていて、しかも大学生の間でも主要企業の知名度が高い業界。さらに、社会的に絶対不可欠な業態のため厳しい営業ノルマとは比較的無縁。

三菱マテリアルの場合は、前述したように「三菱」が社名に付くことで、三菱商事や三菱ケミカル、三菱電気、三菱重工業などと関連する企業とイメージする学生が少なくない。

事業分野や性質が大きく異なるこれらの三菱グループと併願する学生も結構いると感じる。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所デンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュ
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI新日鉄住金ファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。