三井物産の新卒採用の倍率は50~100倍、就職難易度は超高い

三井物産

三井物産の新卒採用の倍率はおよそ50~100倍と推定。総合職(担当職)の就職難易度は「最難関」、総合職(業務職)が「かなり難」。

どちらも入社できるのは運が良かった一握りの人達のみだが、前者の方がよりハードルが高い。

総合商社の業界第3位だが。就職先としては非常に人気。内定獲得までのハードルは日本国内でもトップクラスの企業。

採用人数はここ数年は150~200人前後で推移。内訳は担当職が100人、業務職が50人程度。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職(担当職) ★★★★★ 100倍、最難関
総合職(業務職) ★★★★★ 50倍、かなり難

三井物産の新卒採用では総合職の「担当職」「業務職」の2コースがある。それぞれの就職難易度は上記の通り。

担当職は、他社でも「総合職」に該当し、全国及び海外への転勤や駐在がある職種。

業務職は、他社では「事務職」「一般職」と呼ばれる職種。引っ越しが必要な異動が本人の同意なしではないのが特徴。

共通点は、業界第3位の総合商社で、業界全体を通じてかなり人気の高い就職先ということで、応募者数は膨大な数に膨れ上がる。

《参照:総合商社の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

エントリーシートによる書類選考から最終面接まで残ることさえも困難なほど。

総合職(担当職)の倍率は100倍、難易度は「最難関」

総合職(担当職)

三井物産の総合職(担当職)の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。

採用人数は毎年100~200人ほどのうち、100~120名程度がこれに該当するが、応募者数が圧倒的に多いコースでもある。

他の総合商社と同じように、応募できる条件上で学部学科の限定はない。専攻分野も「全学部全学科」と募集要項に記載されている。

実際に応募してくる学生は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、国際関係学部、外国語学部など様々。

理系とは違って文系人口は大きく、専攻分野に制限ない点は競争激化に拍車をかける。

実際のところ、日本国内の大学生の3分の2はこれらの「文系」の学部学科に在籍。採用人数が多いとはいえ、完全に供給過剰である。

こうした事情から、三井物産の総合職(担当職)の倍率は100倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

総合職(業務職)は倍率50倍、難易度「かなり難」

事務職

総合職(業務職)の就職難易度は「かなり難」。倍率は下がって約50倍程度と推定。

こちらは文系向けの職種だが、他社でいう一般職に該当。基幹コースである担当職よりはやや人気度が下がる。

応募できる条件上で学部学科の限定は同じく指定はなく、採用対象は「全学部全学科」である。

とはいえ、業務内容が総合職を補完する内容が中心になり、「主」か「従」の違いがある。

また、給料も転勤がある担当職よりも低い。基本給から賞与、そして各種手当まで2つのコースでは金額が差が大きい。(参照:三井物産の平均年収は約1,400万円! 職種・年齢ごとでも算出

とはいえ、就職難易度は依然として「かなり難」、倍率は約50倍と判断。

なお、業務職は女性社員の割合は大きい。男性はかなり少ない。これは総合商社に限らず、国内のすべての企業に共通すること。

まとめ

blank

三井物産の新卒採用における倍率は約100倍くらいには最低でも達する。大卒・院卒ともに内定までのハードルが高い。

難易度が非常に高いため、凡人にとって入社は不可能と言っても過言ではないだろう。

年収については、三井物産では平均して1,000万円をはるかに上回る。

20代前半こそは他の業界と大きな違いはまだないものの、26~27歳くらいでは早くも差が広がる。

そして、30歳前後ですでに1,000万円以上の給料水準となっているようだ。

知名度もかなり高く、知らない人はほとんどいないというレベルだ。

大学生の間では人気の企業の1つ。経営状態も非常に安定している。

そんな理由から、応募者が毎年殺到し、倍率は巨大な数値となる。

倍率が100倍とはどんなレベル?

単純に考えて、三井物産に応募した人の100人に1人しか内定がもらえないということを意味する。この「応募」とは、正式にエントリーシートを提出した段階のことを指す。

リクナビ・マイナビでエントリーのボタンを押した段階ではない。本格的に応募する意思を示した人の中での数値である。

このくらいの応募者にのぼると、会社側の採用担当者も全員のESを詳しく読んではいないだろう。筆記試験の結果、あるいは「学歴フィルター」なども選考基準となっているものと考えられる。

ほとんどの人は面接にたどり着けないだろう。書類選考や筆記試験の段階で不採用となり、落とされてしまう。

面接に進めるのは応募者の半分にも満たないだろう。仮に1次面接まで進めた場合、その時点では倍率は20倍以下に抑えられる可能性が大きいと考える。

そして、面接を2次、3次と進んでいくにつれて徐々に入社できる候補者が絞られていく。

ここまでたどり着くのはとても至難な業であるが、最終面接が終わって内定がもらえる人はさらにもっと少ない。

参考:【三井物産】採用大学の実績調査! 学歴フィルターも強い

本当に優秀な人材だけに

面接選考での厳しい判定

三井物産でこれほど倍率が高いことを考えると、内定をもらえて入社できるのは本当に優秀な学生であるのは言うまでもない。

企業側が求めているような学力があり、さらにコミュニケーション能力も高く、「一緒に仕事をして都合の良い人物」だけが採用となる。

最近は、就活の世界では売り手市場といわれているが、三井物産をはじめとする総合商社はこれとは程遠い。完全な買い手市場である。

本当に三井物産に入社したいのであれば、しっかりとしたエントリーシートを書いたうえで、面接で道理にかなった回答をしていくことが求められる。

とはいえ、それが完璧にできたとしても、最終的には確率の問題となる。運が良ければ選べるが、そうではない場合はあっさり不採用となる。それくらい厳しいのが現状だ。

理系人材も採用枠あり

理系の大学

三井物産をはじめとする総合商社は事業内容の性質上、営業がほとんどということもあって、文系出身者が大多数。

とはいえ、理系の採用枠もある。実質的に製造業で言う技術系職種のような形の代わりになる。

取り扱う製品の技術的な分野や社内コンピューターシステムに携わる人材として、理工系を中心とした学部学科からの採用となる。

応募する理系学生の割合は文系に比べてかなり小さい。(参考:文系と理系の比率は7:3! 男女別での割合はどうか?

製造業のように、理系の採用人数が圧倒的に多く確保されているわけではないものの、技術部門や社内SEの採用枠は理系という限られた枠内での競争になり、この点で専攻分野の区別がない文系とは異なる。

したがって、理系の学生にとっての実質的な倍率はやや下がり、就職難易度も文系に比べて大幅に低い。

おすすめ記事