三井化学の新卒採用の倍率は30~50倍、就職難易度を公開

三井化学

三井化学の新卒採用の倍率は技術系が約30倍、事務系が約50倍と推定。就職難易度はそれぞれ「やや難」「かなり難」に該当。

採用人数はここ数年は70~100人前後。内訳は、事務系が15~30人、技術系が60~80人前後、大手企業としてはやや少ない人数。

化学メーカーでも特に有名な企業の1社で、製造業全体でも就職先人気度はかなり高い。「具体的に何を作っているメーカーなのか?」は知らない人でも、社名こそは聞いたことはあるはず。しかも「三井」が付くことも影響。

書類選考では応募者の過半数は落とされると思われ、さらに1次面接から最終面接まででも残りの半分以上は落とされ、内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★★★ 30倍、やや難
事務系 ★★★★★ 50倍、やや難

三井化学の技術系、事務系の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職に相当し、院卒、大学などを対象とする。

募集状況から、事務系と技術系では募集人員の面では3倍以上の差がある模様。事務系は特に専攻分野の制限がないことで、特に供給過剰(応募者数が募集人数を大きく超過する状態)な傾向が見られる。

誰でも制限なしに応募できる事務系の場合は、さらに採用人数が少ないこともあって、就職難易度は上がる。

《参考:<偏差値表>化学・素材メーカー業界の就職難易度をランキング化

技術系は倍率30倍、難易度は「やや難」

技術系

三井化学の理系を対象とする技術系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

技術系は専攻分野別の採用実績では「技術系/化学、化学工学、工業化学、合成化学、応用化学、数学、物理、薬学、生物、農学系、獣医、畜産、機械、電気、電子、計測、制御、計数、情報、金属など」と記載されている。

要するに専攻分野の指定があることを意味する。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。対象者が限定されることで、文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

応募者数に関しては、会社の規模や知名度、事業内容、理工系学部に在籍する学生数を考慮すると、およそ2,000人になるのではないかと考える。ゆえに、倍率は約30倍ほどが目安、就職難易度は「やや難」と判断。

なお、三井化学では理系限定で「学校推薦」の制度が使える。自由応募とは違って、教授の指名があることで内定獲得がしやすくなるのは確か。

>>三井化学の採用大学を公開! 学歴フィルター有り

事務系の倍率は50倍、難易度は「かなり難」

事務系(文系)

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

応募者数は1,000人程度になるのではないかと推定。技術系と応募人員はほとんど変わらないと予想するが、採用人数が少なく、その分倍率が上がる。最大では100倍くらいになることもあり得る。

正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。募集要項には「文系・理系共に全学科、全学部」と記載。

応募方法は「自由応募」のみ。他の巷の企業と同じく、「学校推薦」方式は事務系は対象外。このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など。いずれも文系だが、これらだけでもかなりの数になる。

こうした事情から、三井化学の事務系の倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

採用人数

三井化学の面接を受ける大学生(新卒採用)

三井化学では過去5年間の採用人数が公表されている。

  • 2017年:(技術系)55(事務系)21 ※博士:6
  • 2018年:(技術系)86(事務系)20 ※博士:14
  • 2019年:(技術系)76(事務系)29 ※博士:7
  • 2020年:(技術系)68(事務系)14 ※博士:8
  • 2021年:(技術系)61(事務系)17※博士:3

技術系は毎年50~90名で推移。事務系は毎年10~30名で推移。「理高文低」の傾向が顕著。

技術系は事務系の3倍くらいとなり、圧倒的に理系人材が求められている。

そんなこともあって、就職難易度と倍率も事務系の方が高くなり、「

他社と比較して

三井化学は上場企業の中でも特に就職難易度が高い。

毎年、新卒就職先人気ランキングで上位100位以内には確実にランクイン。

就活市場が「売り手市場」でも「買い手市場」でも、三井化学に限っては常に買い手市場。圧倒的に応募者過剰で、運が良かった学生だけが内定をもらえる。

>>三井化学の採用大学の採用大学を公開! 学歴フィルターも有り

化学メーカーとして

業界上位の化学メーカー

三井化学は、化学メーカー業界では第4位にランクインする。

三菱ケミカル、住友化学、信越化学工業などの業界上位勢に比べると会社の売上高こそは低いものの、三井化学には就職難易度を上げるものが存在する。

就職難易度と倍率に関して、技術系(理系)、事務系(文系)ともにこれらの上位化学メーカーとほとんど同じで、明確な違いはないと考える。

こんな事情から、化学メーカーへの就職を希望する学生は真っ先にエントリーする企業だろう。


広告

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソー大陽日酸DIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産昭和電工関西ペイントJSR三菱ガス化学クラレエア・ウォーターコーセー資生堂
   

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。