【採用大学】みずほ銀行の出身校を公開! 学歴フィルター有り

みずほ銀行の採用大学は、東大、京大、北大、東北大、名大、阪大、九大、一橋大、東工大、神戸大、東京外大、千葉大、横国大、筑波大、慶應義塾大、早稲田大、上智大、学習院大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、ICU、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、成蹊大、成城大、明治学院大、國學院大、大妻女子大、昭和女子大など。

出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」の存在すると判断。

基幹職(総合)、基幹職(専門)いずれも同じ。男性・女性行員どちらも難関校出身者の割合が大きい。ボーダーラインは日東駒専・産近甲龍クラス。

Fランク大学や下位私大からの採用実績はほぼ皆無。


主な採用大学

みずほ銀行

民間の第三者の調査および各大学の公式ウェブサイトに掲載されている就職実績では、主な採用大学は下記の通り。

みずほ銀行の主な採用大学
東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、一橋大学、東京工業大学、神戸大学、東京外国語大学、東京都立大学、千葉大学、筑波大学、横浜国立大学、横浜市立大学、埼玉大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、金沢大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学、熊本大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、国際基督教大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、國學院大学、武蔵大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、同志社女子大学、南山大学、名城大学、福岡大学、西南学院大学

採用人数が毎年500人以上にも上るため、すべてを列挙するのは困難。

完全に採用ゼロの大学ランク帯は下位私大や地方の公立大学の一部に限られる。

参考:みずほ銀行の新卒採用の倍率は50倍、職種別の就職難易度を公開

大学別採用人数

みずほ銀行で特に採用人数が多かった大学は下記の通り。

  • 慶應義塾大学:146名
  • 早稲田大学:109名
  • 明治大学:87名
  • 青山学院大学:46名
  • 立教大学:59名
  • 中央大学:57名
  • 法政大学:67名
  • 学習院大学:56名
  • 関西大学:45名
  • 同志社大学:45名
  • 成蹊大学:47名
  • 明治学院大学:55名
  • 日本大学:46名
  • 大妻女子大学:66名
  • 昭和女子大学:58名

上記の表は、みずほ銀行をはじめとするみずほフィナンシャルグループの2018年度入社のみずほ銀行の大学別採用人数を示した表。

(出典:AERA.dot)

なお、上記はあくまでも全体の抜粋に過ぎない。主要大学のみを対象とした統計データではある。

地方国公立大学や小規模な私大はノーカウント。

100%学歴フィルター有り

学歴フィルターを通過できる難関大学

毎年500人以上の採用人数が中、そのほとんどが難関大学出身者。8割以上は知名度が高い大学で占められていると予想。

少なくとも、採用人数がある程度実績のある大学名から判断する限りは、俗に言う「学歴フィルター」が完全にあるとしか見えない。

採用されやすい大学を挙げるなら、下記のようになる。

採用されやすい大学

  • 東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学(旧帝大+3)
  • 早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
  • GMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)
  • 関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)
  • 成成名学(成蹊大学、成城大学、明治学院大学)
  • 上位国公立(筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京都立大学、電気通信大学、東京農工大学、名古屋市立大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学)

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生は、相当な確率で書類で落とされると考える。

下限は日東駒専・産近甲龍

中堅大学

みずほ銀行でまとまった数の採用人数があるのは、まずは旧帝大+3(東京大学、一橋大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、東北大学、北海道大学)と早慶上智(早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学)。

次にGMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)、関関同立(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)以上のランク帯の大学。こちらもまとまった数の採用は毎年例外なくある。

そして、ボーダーラインは日東駒専(日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学)・産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)クラス。南山大学や西南学院大学、福岡大学などもここに該当。

ワンランク上の成成名学(成蹊大学、成城大学、明治学院大学)もある程度の採用があるが、GMARCH・関関同立の各校に比べると若干劣る。

大東亜帝国や接神追桃などの下位私大からの採用例はほとんどない。もちろん、「Fランク大学」は論外。

国公立大学は大学の規模に準ずる

国公立大学は私立大学のように「○○未満のランク帯はOUT」といった基準はない。

採用人数が多いか少ないかは、偏差値の高さよりも、在籍する学生数と立地が大きく影響。

みずほ銀行はメガバンクということで、大都市部が進出エリア。ゆえに、大都市圏の大学ほど採用人数が多くなりやすい。

駅弁大学と呼ばれる地方の国立大学は、単純にみずほ銀行の採用選考が実施されない地域にあるため、採用人数が少ない。

参考:国立大学=頭いい! なぜそんなにすごいことなのか考察した

職種別の採用大学の傾向

みずほ銀行では、基幹職(総合)と基幹職(専門)という2つのコースが新卒採用で用意されている。

以前はそれぞれ以下のように呼ばれていた。

  • 基幹職(総合)=総合職
  • 基幹職(専門)=一般職

一般職はどうしても「総合職を補完する低ランクの職種」というイメージがあったこともあって、現在ではこのような呼びかたはされていない。

とはいえ、採用大学の違いは顕著。

基幹職(総合)

高学歴ばかりの総合職

基幹職(総合)はGMARCH・関関同立以上が特に主流派といえるほどの構造が出来ている。

基幹職(総合)とは、次の職種が該当するが、いずれも出身大学の違いは見られない。

  • オープンコース
  • グローバルコーポレートファイナンスコース(GCF コース)
  • グローバルマーケッツ&アセットマネジメントコース(GM&AMコース)
  • クオンツ・デジタルテクノロジーコース(QDTコース)

仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

下限は完全にGMARCH・関関同立ではないかと判断。

また、性別では男性行員が大多数派。女性行員はかなり少数。

したがって、難関大学に所属する男子学生が多く内定を獲得する構造。

>>みずほ銀行の平均年収は700万円、賞与は4~6ヶ月分

基幹職(専門)

日東駒専・産近甲龍でも採用例がある総合職リテールコース

基幹職(専門)はGMARCH・関関同立以上がほとんどというほどではない。

同じみずほ銀行でも、日東駒専・産近甲龍などはこちらの職種での採用。

大妻女子大学や昭和女子大学なども大多数が「基幹職ー専門」での採用と思われる。

門戸が完全に閉ざされているわけではないものの、確率的には難関校の学生の方が選考で生き残りやすい。

なお、基幹職(専門)は多数派は女子行員。したがって、上位大学の女子学生が多いと言える。

ところで、みずほ銀行の基幹職(専門)は特定のエリア内での勤務になる。

①首都圏エリア限定勤務 ②首都圏及び関西エリア限定勤務 ③首都圏及び名古屋エリア限定勤務の中から選択する形だが、採用大学の違いは少ない。

おすすめ記事