みずほ証券の新卒採用の倍率は20倍、就職難易度はふつう

mizuhoshoken-salary

みずほ証券の新卒採用の倍率は、総合職(M職)、総合職(A職)いずれも約20倍、スタート特定型が5~20倍と予想。就職難易度は「ふつう」に相当。

採用人数に関しては、M職、A職を合計すると約300~400人ほどでここ数年は推移。

これは証券会社の中でも多い人数だが、二大証券である野村證券、大和証券に比べると少ない。

それでも募集人数が数百人単位という大量採用になっているため、倍率自体はそれほど高いものにはならない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職(M職) ★★★ 20倍、ふつう
総合職(A職) ★★★ 20倍、ふつう
スタート特定型 (部門で異なる)

総合職M職(全国型)、総合職A職(地域型)、スタート特定型それぞれの就職難易度はこのような形になる。

スタート特定型は、グローバルインベストメントバンキングコース、グローバルマーケッツコース、リサーチコース、IT・リスクマネジメントコースで異なる。詳しくは後述。

人気度が高いのは総合職M職(全国型)。給料水準が最も高いことから、採用人数に対して多くの学生がエントリーする。

倍率および就職難易度は大手証券会社の中では並みレベル。SMBC日興証券や三菱UFJモルガンスタンレー証券と類似。野村證券、大和証券よりは少し難易度は下がる。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職(M職)の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

総合職(M職)

みずほ証券の総合職(M職)の倍率は約20倍と予測。就職難易度は「ふつう」と判断。

全国転勤があって海外への赴任もあるこの「M職」と呼ばれる職種。将来的な幹部候補として採用される。

一般的な金融業と同じく、世間一般で広く認識される「総合職」に該当するこの職種では出世のスピードが早いこともあって、35歳前後には年収が1,000万円に到達する社員が大半。

証券に興味関心がある学生のみならず、銀行・保険といった金融業界全般を志望している学生も受けてくる。

こうした事情により、野村證券、大和証券ほどではないものの、みずほ証券の中でも総合職M職は特に倍率はおよそ20倍と推定。

エントリーシートを提供して正式に応募しても、大半の学生たちは書類選考の段階で不採用が確定。面接にすら呼ばれない人が多くなるのは確か。

就職難易度は「ふつう」との表現が妥当と判断。優秀な人材しか内定を獲得することはできないはず。

総合職(A職)の倍率は20倍、難易度は「ふつう」

総合職コース(A職)

みずほ証券の総合職(A職)の就職難易度も「ふつう」。倍率は同様に約20倍と推定。

特定の地域内での引っ越しが必要な転勤がある一方、地域外への転勤はない職種。

例えば、首都圏でブロック限定で入社した社員は、県外への転勤はあっても、近畿地方への転勤はない。

全国転勤のあるM職に比べると、A職は応募者数が下がる。と

はいえ、近年は引っ越しが必要な異動を嫌う大学生が増えていること、性別で特に女性は大半がエリア限定職に応募することもあって、倍率と就職難易度の面でM職よりも目立って簡単というわけではない。

書類選考の段階で不採用が確定する人もかなり多いのは確か。

1次面接に本当に呼ばれる人は志望動機やこれまでの経歴(学生時代に頑張ったこと等)について企業側の採用担当者が気に入ったと感じた人のみ。

ゆえに、みずほ証券の総合職(A職)も倍率はおよそ20倍程度、就職難易度は大手企業の中では「ふつう」に相当すると考える。

 

スタート特定型

「オープン採用」の他に、みずほ証券ではスタート特定型も新卒採用を実施。具体的には、下記がこれに該当。

  • グローバルインベストメントバンキングコース
  • グローバルマーケッツコース
  • リサーチコース
  • IT・リスクマネジメントコース

給料等は総合職(M職)に相当するものの、専門分野に特化した部署への配属が基本。専門職に近い。

>>みずほ証券の平均年収は800万円と推定、賞与は4ヶ月分

応募する学生は人数的に限られやすいが、採用人数そのものも少ないため、入社は決して容易ではない。

グローバルインベストメントバンキングコース

グローバルインベストメントバンキングコース

グローバルインベストメントバンキングコースはM&Aアドバイザリー業務および資金調達業務を主要な業務とする部門。

スタート特定型であるものの、大学での専攻分野が限定されるわけではないため、倍率そのものはオープン採用とほぼ同じと予想。

したがって、倍率は約20倍、就職難易度は「ふつう」に相当。

グローバルマーケッツコース

グローバルマーケッツコース

グローバルマーケッツコースは、商品の開発・提供を行うセールス&トレーディング業務と、市場調査を通じた情報発信を行うリサーチ業務を行う職種。

アナリストやエコノミスト等のリサーチャーとなる部門もここに該当。

倍率そのものは約20倍が相場で、就職難易度は「ふつう」に相当。同様に学部学科不問で、誰でもエントリーできることが影響。

IT・リスクマネジメントコース

情報工学専攻向けのシステム部門

IT・リスクマネジメントコースも部門別コースの中でも特に応募者が少ない。

システム企画・開発、ITコンサルティング等、あるいは金融商品開発、モデル開発、リスク管理等に関する業務に携わるため、専門的な知識が要求されるため。

推定倍率は5倍、就職難易度は「易」と判断。

実際に応募できるのが金融工学や情報工学を大学または大学院で携わっている人のように、理系の一部の学部学科に在籍する学生のみ限られる。

文学部、経済学部、法学部、教育学部などの文系学生は採用の対象外になると思われる。

リサーチコース

リサーチコース

リサーチコースは、内外景気・業界動向や株式・金利・為替などの調査・分析業務を行う職種。

学部学科は主に法学部と経済学部出身者が多い印象だが、理系が中心のクオンツやIT関連よりは応募者数が多めになりやすい。

倍率は約20倍、就職難易度は「ふつう」と判断。

他社との比較

みずほ証券の就職難易度を他社と比較した場合、次のことが言える。

  • グループ会社「みずほ銀行」よりは若干簡単か
  • 野村証券、大和証券よりは易
  • SMBC日興証券とは同等

みずほフィナンシャルグループの中で

みずほ証券はみずほフィナンシャルグループ傘下の証券会社。メガバンクの1つである「みずほ銀行」のグループ会社。

就職難易度に関しては、みずほ銀行と同じか若干低めの水準。

みずほ銀行こそは誰もが知っている会社であるものの、証券会社であるみずほ証券に関しては大学生の間では少なくとも馴染みがない。

証券業界への就職を前向きに検討している学生しかそもそもエントリーしない。

こうした背景から、就職難易度はみずほ銀行などのメガバンクよりは低いと考える。

証券会社と比較して

大手証券会社としては他に、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券が挙げられる。

いずれもみずほ証券と同じように就職先としての一定の人気度は確かにある。

とはいえ、証券業界という括りの中での就職難易度の違いが存在する。大学生の間で人気なのは、やはり知名度が高い野村證券と大和証券。

これらは誰もが真っ先にエントリーし、第一志望とする企業になるのではないか。

みずほ証券はこれらの次に人気だが、最上位というわけではない。「M職」「A職」いずれもこの点では同じ。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。