みずほ信託銀行の倍率は20倍!? 採用大学と就職難易度の目安

みずほ信託銀行

みずほ信託銀行の新卒採用の倍率および就職難易度は基幹職(総合)、基幹職(専門)ともにみずほ銀行と同じ。それぞれ約50倍、基幹職(専門)で約30倍と推定。入社までの難しさはそれぞれ「かなり難」「やや難」に該当。

基本的には「みずほフィナンシャルグループ」に準ずる。みずほ銀行とほぼ同じ。

ただし、不動産ソリューションコース(RESコース)、年金アクチュアリーコース(年金ACコース)はみずほ信託銀行独自の採用区分。こちらは約30倍程度の倍率になると推定。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
基幹職(総合) ★★★★★ 50倍、かなり難
基幹職(専門) ★★★★ 30倍、やや難
不動産ソリューションコース(RESコース) ★★★★ 30倍、やや難
年金アクチュアリーコース(年金ACコース) ★★★★ 30倍、やや難

基幹職(総合)、基幹職(専門)の就職難易度はこのような形になる。

倍率および就職難易度は同じ系列のみずほ銀行と同じ。前者の総合職の方が人気度が高い。

ただし、入社時点で専門的な分野になる不動産ソリューションコース(RESコース)、年金アクチュアリーコース(年金ACコース)は若干難易度が低い。

特に金融工学などの専門性が求められるQDTコースは応募者数が限られるため、倍率は下がる。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

基幹職(総合)の倍率は50倍、難易度は「かなり難」

総合職

基幹職(総合)の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

信託銀行の部門に携わりたい人も、みずほフィナンシャルグループ一括の採用区分であることから、みずほ銀行を共通での募集となる基幹職(総合)に応募する。

入社後銀行部門と信託部門のどちらに配属になるかは、応募の段階では決まっていない。

みずほ信託銀行を希望していても、「みずほ銀行」への配属になる可能性はある。

基幹職(専門)は倍率30倍、難易度は「やや難」

兼松の事務職(一般職)

基幹職(専門)の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

同じように、みずほ信託銀行を希望していても、「みずほ銀行」への配属になる可能性はある。

ただ、基幹職(専門)はエリア限定という条件が付いている。転居を伴う異動はない。自宅から通勤することを前提に就職したいと考えている学生がこれに応募。

ただ、銀行に就職したいと考えている人も、ずっと支店で勤務は敬遠する人が少なくない。基幹職(専門)は基本的に支店勤務。

ゆえに、就職難易度は「やや難」、倍率は約30倍と判断。

不動産ソリューションコース(RESコース)

不動産ソリューションコース

みずほ信託銀行の不動産ソリューションコース(RESコース)は不動産総合営業、不動産コンサルティング業務、不動産証券化関連業務、不動産信託業務など特定の分野に携わる部門。

文系・理系ともに応募可能だが、就職難易度は「やや難」。倍率は約5倍と推定。

業務内容は限られていることもあって、特定の学生した応募しないことが影響。

年金アクチュアリーコース(年金ACコース)

年金アクチュアリーコース

みずほ信託銀行の年金アクチュアリーコース(年金ACコース)は数理計算業務、年金コンサルティング業務、年金営業などに携わる部門。

同様に、就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。

採用人数は5名程度とかなり少ないものの、資産運用など業務内容は限られていることもあって、特定の学生した応募しないことが影響。

採用大学

みずほ信託銀行の採用大学は以下の通り。

採用大学

東京大学、京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、一橋大学、東京工業大学、神戸大学、東京外国語大学、東京都立大学、千葉大学、筑波大学、横浜国立大学、横浜市立大学、埼玉大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、金沢大学、大阪府立大学、大阪市立大学、広島大学、岡山大学、熊本大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、国際基督教大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、國學院大学、武蔵大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、同志社女子大学、南山大学、名城大学、福岡大学、西南学院大学

出典:東洋経済新報社「就活四季報」

みずほ信託銀行での採用実績校は就活四季報にて掲載されている。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルター:日東駒専・産近甲龍以上

学歴フィルターの仕組み

採用実績校からは、旧帝大から早慶上智、MARCH、関関同立、日東駒専、産近甲龍と地方の国公立大学ばかりなのがわかる。

極端な「学歴フィルター」と言えるレベルではないものの、全体的に偏差値が一定以上の大学ばかりが並んでいる。

私立大学に視点を置くと、日東駒専・産近甲龍未満のランク帯の大学がまったくいない。

したがって、みずほ信託銀行の学歴フィルターのボーダーラインは日東駒専と産近甲龍と判断。

おすすめ記事