三井住友海上の採用大学を公開! 学歴フィルターは存在

三井住友海上火災保険の採用大学は、東大、京大、一橋大、北大、東北大、阪大、九大、慶應大、早稲田大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、神戸大、同志社大、関西学院大、立命館大、関西大、筑波大、横浜国立大、千葉大、大阪市立大、埼玉大、静岡大、広島大、岡山大、熊本大、お茶の水女子大、東京都立大、名古屋市立大、日大、東洋大、近大、東京女子大、日本女子大、津田塾大、実践女子大、フェリス女学院大など。

出身大学名によって就職選考で有利不利となる「学歴フィルター」は若干見られるものの、基準は決して厳しいものではない。

ただし、全域社員(総合職)だけは高学歴に偏りやすい。早慶上智+旧帝大が大多数。

地域社員(ワイドエリア)と地域社員(エリア)は中堅大学からも多数の採用があり、偏差値が高い大学でないと面接まで進めないといったことはない。


主な採用大学

三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険の採用実績校は下記の通り。

三井住友海上の採用大学
東京大学、京都大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、横浜市立大学、大阪市立大学、埼玉大学、静岡大学、新潟大学、岡山大学、広島大学、熊本大学、お茶の水女子大学、東京都立大学、東京農工大学、名古屋市立大学、東京女子大学、日本女子大学、津田塾大学、実践女子大学、フェリス女学院大学、聖心女子大学、成蹊大学、成城大学、明治学院大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、西南学院大学、福岡大学、東海大学、帝京大学、金城学院大学、大阪経済大学、北海学園大学、広島修道大学、東北学院大学、小樽商科大学、北海道教育大学、釧路公立大学、青森公立大学、岩手県立大学、宮城大学、群馬県立女子大学、高崎経済大学、滋賀県立大学、兵庫県立大学、北九州市立大学、広島市立大学、弘前大学、岩手大学、秋田大学、山形大学、福島大学、茨城大学、宇都宮大学、群馬大学、山梨大学、信州大学、岐阜大学、三重大学、富山大学、福井大学、滋賀大学、奈良女子大学、和歌山大学、鳥取大学、島根大学、山口大学、香川大学、愛媛大学、徳島大学、高知大学、佐賀大学、長崎大学、大分大学、宮崎大学、鹿児島大学、琉球大学

上記は主な大学の公式ホームページにて三井住友海上火災保険への就職が確認できた大学の一覧。全域社員、地域社員(ワイドエリア)、地域社員(エリア)いずれも含む。

>>三井住友海上の新卒採用は10~30倍、職種別の就職難易度も

「日東駒専」「産近甲龍」以上からの採用が多数

出身大学の下限である中堅大学(日東駒専)

三井住友海上火災保険では毎年300人超の採用人数があるが、全体では学歴フィルターは薄い傾向。

全体的には「日東駒専」「産近甲龍」以上の偏差値ランク帯の大学からの入社が多い。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

もっとも、日東駒専未満のランク帯の大学も採用実績校に掲載されている。例えば、東海大学、帝京大学、金城学院大学、大阪経済大学は「大東亜帝国」クラスの大学。

また、地方部の中堅私大からの採用もある。北海学園大学、東北学院大学、広島修道大学などがその例。

ただ、俗に言う「Fランク大学」と呼ばれるところからの採用例がない。

したがって、「旧帝大+早慶上智+GMARCH・関関同立+一部のその他国公立」ほどではないとはいえ、下限は日東駒専・産近甲龍クラスといえる。

国公立大学は下限なし

国公立大学

国公立大学については、偏差値に関する下限は特にない。

巷では「底辺国公立」と言われている北海道教育大学、釧路公立大、青森公立大学、などからも採用実績がある。

他の都道府県の駅弁大学と呼ばれる地方国立大学からも採用があり、大都市圏に限られているといったことはない。

ただし、全域社員はやはり旧帝大またはそれに準ずる大学ばかりではある。これだけは、駅弁大学からの採用はかなり少ないのは現状。

職種ごとの学歴

三井住友海上火災保険では全域社員、地域社員(ワイドエリア)と地域社員(エリア)に分かれて採用が新卒採用の職種として存在。

比較した場合の学歴の傾向は、全域社員は難関大学出身者が多い印象。

給料体系が高いからといった理由よりも、業務内容が高度なことや、幹部候補という性質があるため、高い学歴が好まれるのかもしれない。

参考:三井住友海上の平均年収は700万円、賞与は6ヶ月分

全域社員は旧帝大+早慶上智

旧帝大+早慶上智ばかりの全域社員(総合職)

前述の通り、全域社員は高学歴、具体的には最難関大学に集中しやすい。

大多数派は旧帝大クラスと早慶上智のいずれか。

具体的には、東京大学、京都大学、一橋大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学を指す。

これらに次ぐ難関大学とされるGMARCH、関関同立、あるいは上位国公立(筑波大、横浜国大、千葉大、大阪市大など)からも多少の採用はあるものの、旧帝大と早慶上智に比べると大幅に少ない。

仕事内容が高度であることや、応募者数が地域社員に比べて多く、より優秀さが求められる。

その結果、出身大学も必然的に最難関大学ばかりになっているものと思われる。これは銀行をはじめ金融業界全体の総合職に当てはまる共通点。

全域社員の出身大学はほとんどが「リクルーター面談が付く大学」でもある。

地域社員は学歴不問

学歴フィルターが薄い地域社員

地域社員はワイドエリア・エリアどちらも難関大学がほとんどというほどではない。

私立であればGMARCH・関関同立から日東駒専・産近甲龍、国公立は地方の駅弁大学や小規模の公立大学まで様々。

偏差値が低い大学に所属しているからという理由で、三井住友海上火災保険の書類選考で落とされる可能性は残るが、そのボーダーラインは高いものではない。

採用実績校からは、ボーダーは日東駒専・産近甲龍と予想。北海学園大学、東北学院大学、「南愛名中」の各校、広島修道大学、西南学院大学、福岡大学などもここに該当。

大東亜帝国、摂神追桃、名名中日などのランク帯の大学からの採用は、一部はあるとはいえ、総数ではかなり少ない。

なお、旧帝大または早慶上智の各校の女子学生でも地域限定職へ応募して内定を獲得する人は存在する。

女性社員を中心に、自宅から通勤したいと考える人たちは、高学歴勢であったとしても全域社員を必ず選択するというわけではない。

まとめ

まとめ

保険会社を含む金融業界では、総合職では学歴フィルターが強いという見方が大きい。学閥のようなグループの存在も言われている。

職種ごとの学歴の傾向としては、以下のことが言える。

職種 採用大学の傾向
全域社員 旧帝大+早慶上智
地域社員(ワイドエリア) 国公立大学全般+GMARCH・関関同立+日東駒専・産近甲龍+その他中堅私大
地域社員(エリア) 国公立大学全般+GMARCH・関関同立+日東駒専・産近甲龍+その他中堅私大

具体的な偏差値で言うなら、全域社員は偏差値65以上の大学、地域社員は偏差値50以上の大学。

40台の偏差値の大学は残念ながら学歴フィルターに引っかかってしまう可能性が考えられる。


広告

おすすめ記事