【就職難易度】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの倍率は100倍超

三菱UFJリサーチ&コンサルティング

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの新卒採用の倍率はコンサルタント、研究員どちらも約100倍になると予想。就職難易度は日本国内の企業の中でも「最難関」に該当。シンクタンクの中でもかなり入社は難しい。

採用人数が約20~30人前後と少ない。この点から応募者が大幅に過剰状態。運が良かった学生だけが内定を獲得できる領域。

プレエントリーの時点だけでなく、ESの段階でさえも100倍ほどに到達する可能性が考えられる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
コンサルタント ★★★★★+ 100倍、最難関
研究員 ★★★★★+ 100倍、最難関

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのコンサルタント・研究員の就職難易度はこのような形になる。

就職難易度は世間全体の企業と比較すると高いのはもちろんのこと、大手企業の中では特に難しい企業に相当。どの職種も同じ。

グループ会社である「三菱〇〇」のほとんどとは比べ物にならないほど高倍率で就職難易度が高い。

コンサルタントの倍率は100倍、難易度は「最難関」

コンサルタント

コンサルタントの就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍くらいと推定。

仕事内容は経営コンサルティング。職種ごとの採用人数こそは公表されていないものの、概ね10~15名程度と思われる。

一方、民間シンクタンクとして最大手クラスのため、シンクタンクやコンサルティング業界への就職を希望する学生は迷わずエントリーする企業だろう。

コンサルタントはコンサルティングやシンクタンクを狙って目指している学生がエントリーする職種ということで、倍率は特に上がりやすい。

正式エントリーの時点で倍率は100倍以上になると考えられる。就職難易度は「最難関」と表現が妥当と判断。

内定を手に入れることができるのは相当優秀な学生だけに限られる。

研究員の倍率も100倍、難易度は「最難関」

研究員

研究員の就職難易度も「最難関」。倍率は約100倍くらいと推定。

業務内容は調査、分析などで、他社では「リサーチ」と呼ばれるところ。同じくシンクタンクでは代表的な仕事内容。

採用人数は5~10名ほどと推定。コンサルタントに比べると少ない人数にはなる。

その一方、応募者数は数千人までは行かなくても、数百人には確実に到達。倍率は100倍以上にはなると考えられる。就職難易度は「最難関」という表現が妥当だろう。

他社と比較して

同じグループ会社の三菱UFJ銀行

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは社名の通り、三菱UFJ銀行などが属する「三菱UFJフィナンシャルグループ」の一員。

新卒採用は各グループ会社それぞれ別々に実施される。三菱UFJリサーチ&コンサルティングはその中でも特に入社が難しい会社。

シンクタンクは数ある業界の中でも「知的」「華やか」「汚れない」というイメージがあってか、業界としては人気が高いところではある。

野村総研や日本総研と比較して採用人数が二桁と少ないことも、就職難易度を引き上げる要因となっている。

参考:【学歴フィルター】三菱UFJリサーチ&コンサルティングの採用大学を公開

他のシンクタンクと比較

コンサルティング業務を行うシンクタンクの社員

民間シンクタンクの代表といえるのが次の企業。

  • 野村総合研究所
  • 三菱総合研究所
  • みずほ総合研究所
  • 日本総合研究所
  • みずほ情報総研
  • NTTデータ経営研究所
  • 富士通総研

応募者数という点では、上記のシンクタンクはいずれも似たような規模になるが、募集人員では大きな差が見られる。

野村総研と日本総研こそは100名以上の採用人数を毎年出しているが、それ以外は10~50名前後のところが目立つ。そして、三菱UFJリサーチ&コンサルティングは後者に分類。

募集人員が少ない一方、応募人員では他社とほとんど変わらないことから、倍率が高い数値になりやすい。当然ながら、その分就職難易度も上昇。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングも金融系のシンクタンクということで、野村総研や日本総研、三菱総研へエントリーする学生なら併願する企業の1つになるはず。

三菱UFJフィナンシャルグループと比較して

三菱UFJフィナンシャルグループとしては、代表的な企業には下記があげられる。

  • 三菱UFJ銀行
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券
  • 三菱UFJニコス
  • 三菱UFJ信託銀行

三菱UFJフィナンシャルグループの中でも三菱UFJリサーチ&コンサルティングは特に就職難易度が高い企業。

知名度こそは銀行や証券に比べて低いものの、採用人数が大幅に少ないこと、コンサルティング・シンクタンクという業界そのものの人気度もあって就職先としての人気度はかなり高い。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング以外の企業では、ある程度募集人員が用意されている。例えば、三菱UFJ銀行は新卒採用だけで毎年300人以上の募集がある。

応募者数が、銀行側は10,000人、シンクタンク側はその5分の1の2,000人であったとしても、倍率はそれぞれ約33倍、66倍となる。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは募集状況が就職難易度を上げていると言っても過言ではない。

おすすめ記事

コンサルティング、シンクタンクのの就職難易度について
業種 会社名
金融系 野村総合研究所三菱総合研究所みずほ総合研究所日本総研大和総研三菱UFJリサーチ&コンサルティング
情報通信系 NTTデータ経営研究所
信用調査 帝国データバンク東京商工リサーチ

上記ではコンサルティング、シンクタンク各社の就職難易度について解説。