NECネクサソリューションズの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

NECネクサソリューションズ

NECネクサソリューションズの採用大学は、東大、東工大、神戸大、名大、九大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、ICU、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横浜国立大、千葉大、横浜市立大、東京外国語大、東京農工大、埼玉大、首都大東京、名古屋市立大、名古屋工業大、大阪府立大、大阪市立大、金沢大、岡山大、信州大、静岡大、東京学芸大、長岡技術科学大、岐阜大、福井大、岩手県立大、宮城大、高崎経済大、明治学院大、日本女子大、東京女子大、津田塾大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、近畿大、龍谷大、南山大、愛知大、名城大、中京大、芝浦工大、工学院大、東京電機大、福岡大、大阪工業大、千葉工業大、東海大、東京工科大、東邦大、愛知工業大、愛知淑徳大、産業能率大、城西大、摂南大、創価大、獨協大等。

出身大学名は様々で、「学歴フィルター」はほとんどない。大東亜帝国クラス以上の偏差値の大学から実績が豊富。

倍率と就職難易度は、営業職、設計・構築・運用エンジニア職、カスタマエンジニア(CE)職が約10倍で「やや易」と推定。


主な採用大学

NECネクサソリューションズの採用大学は下記の通り。

NECネクサソリューションズの採用大学
東京大学、東京工業大学、神戸大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、東京外国語大学、東京農工大学、埼玉大学、首都大学東京、名古屋市立大学、名古屋工業大学、大阪府立大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、信州大学、静岡大学、東京学芸大学、長岡技術科学大学、岐阜大学、福井大学、岩手県立大学、宮城大学、高崎経済大学、明治学院大学、日本女子大学、東京女子大学、津田塾大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、近畿大学、龍谷大学、南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京電機大学、福岡大学、大阪工業大学、千葉工業大学、東海大学、東京工科大学、東邦大学、愛知工業大学、愛知淑徳大学、産業能率大学、城西大学、摂南大学、創価大学、獨協大学

上記は、NECネクサソリューションズへの就職実績が確認できた主な大学。マイナビの採用実績校に掲載されているもの。

採用人数は毎年50名前後。NECグループのみならず、大手企業としても多い方。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターはほとんどない

学歴フィルター無し

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」は特にない模様。

国公立・私立ともに以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:すべて
  • 私立大学:大東亜帝国、摂神追桃以上

国公立大学・私立大学ともに偏差値は45以上がメイン。

大手企業でよく見られる学歴フィルターのような傾向はそれほどないものの、いわゆる「Fランク大学」からの採用には乏しい。

ただし、それもゼロではない。あくまでも人数の面で少ないという点にとどまる。

See Also:NECの採用大学を調査! 学歴フィルターの事情も考察

学歴フィルターの対象範囲

NECネクサソリューションズにおける大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

出身大学そのものは多岐にわたる。学歴フィルターの親会社ほどのレベルではない。

とはいえ、学歴フィルターが完全にゼロかというと、そうとは言い切れない。偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、「大東亜帝国クラスまで」と言える。

少なくとも、日東駒専・産近甲龍クラスまでのランク帯なら豊富に採用実績があり、大東亜帝国、摂神追桃クラスまでなら複数の大学から採用実績がある。

採用に乏しいのは、「Fランク大学」と呼ばれる偏差値が40以下の大学。ゼロではないものの、人数的に少なめ。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
ソリューション営業職 ★★ 10倍、やや易
システムエンジニア(SE)職 ★★ 10倍、やや易

NECネクサソリューションズの新卒採用として採用がある総合職の就職難易度および倍率は上記のようになると考える。ソリューション営業職、システムエンジニア(SE)職の2コースがある。

採用人数は例年50名前後となっている。

対する応募者数は多くても約500人ほどと推定。正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

《参考:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

文系・理系どちらも難易度は同じか

ソフトサービス系、ハード系

新卒採用では総合職のうち、文系はソリューション営業職、理系はシステムエンジニア(SE)職が中心。

ただ、入社までの難しさはどちらもほぼ同じと推定。就職難易度は「やや易」、倍率は約10倍ではないかと考える。

営業は文系の学部からの採用が中心とはいえ、情報通信関連の会社ということもあって、実際に応募するのはネットワークやソフトウェアに詳しい学生が中心。

社名に「NEC」と付いているものの、どんな会社なのかはあまり知られていない。このことも影響しているだろう。

採用人数

過去5年間の採用人数は下記の通り。

2016年  2017年  2018年  2019年  2020年
—————————————————————-
45名   55名    51名    50名    59名

いずれも50名程度で推移。大手企業の子会社としてはやや多い方に入る。

おすすめ記事

情報通信/IT業界の就職難易度について
業種 会社名
NTTグループ

NTT東日本NTT西日本NTTデータNTT都市開発NTTコミュニケーションズNTTファシリティーズNTTコムウェアNTTファイナンスNTTデータアイNTTテクノクロスNTTデータMSENTTアドバンステクノロジ

独立系 大塚商会TIS
その他メーカー系 日立ハイテク日立システムズ日立ソリューションズ、、富士通エフサスPFU富士通フロンテックデンソーテンNECネッツエスアイ東芝情報システム
商社系 SCSK伊藤忠テクノソリューションズ

上記では情報通信、IT業界の就職難易度について解説。