アナウンサーの新卒採用の倍率は1,000倍! 就職難易度を調査

テレビ局のニュースのアナウンサーの新卒採用の就職難易度について調査してみた。倍率は在京キー局では約1,000倍以上になると予想される。華やかで人気の職業で完全に狭き門であるのは確か。

毎年どこの放送業界でもアナウンサーの大卒の採用を行っているものの、そもそも採用人数が少ない。大手企業でさえ一桁の人数しか内定を出さない。

NHKでも民放各社でもこの傾向は同じである。就職難易度を一言でいうと「最難関」と言える。



テレビ局ごとの就職難易度

放送局 難易度(満5点) レベルの目安
NHK ★★★★★ 東大を主席で卒業するレベル
関東広域圏 ★★★★★ 東大を主席で卒業するレベル
中京広域圏 ★★★ 運が良ければなれるかも
近畿広域圏 ★★★★ 在京キー局より若干簡単
地方放送局 ★★ 頑張ればなれるかも
市町村単位の放送局 採用があればなれるが

アナウンサーという点では同じでも、就職難易度は該当するテレビ局の規模の大きさに比例して高くなる。

所在地が東京にある放送局を筆頭に、大阪、名古屋の順になる。

逆に地方のテレビ局になると、アナウンサーでも企業の知名度が下がるため難易度も下がる。

しかも放送する地域が都道府県単位だとそこに住んでいる人しか知らない。応募する大学生、大学院生もカバーする地域に住んでいる人が中心になるため、応募者数も限定される。

>>マスコミ業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

同じテレビ局の新卒採用でも、アナウンサーの募集は総合職や一般職とはまったく別のルートで選考が行われる。いわゆる「スタッフ」とは独立して書類選考、面接が実施される。



NHK、在京キー局は超難しい

アナウンサーの倍率が数千倍になる在京キー局

<難易度が最高クラスの在京キー局>

全国の公共放送であるNHK、関東広域圏放送局である在京キー局は最難関レベルである。日テレ、テレビ朝日、TBS、フジテレビの民放各社がこれに該当する。

アナウンサーという職業に憧れる人がまず目指すのもこれらのテレビ局である。みんなが応募するところのため、私見であくまでも目安であるが、倍率は1,000倍以上になると考える。

レベルの目安では「東大を主席で卒業するレベル」と書いたが、これはつまり本当に優秀な人しか採用されないということを意味する。

>>アナウンサーの就職の学歴フィルター、出身大学はどこが有利!?

民放各社も在京キー局という言葉だけを考えると1つの地域だけをカバーするテレビ局に過ぎないと考えがちだが、全国の民放各社を代表するような存在であるため、誰もが目出すテレビ局になる。

しかも大学生の人口も東京を中心とする首都圏ではかなり多いことも、在京キー局のアナウンサーの就職難易度が最大限になる理由ではないか。

近畿広域圏、中京広域圏も難しい

準キー局のアナウンサーの就職難易度

人口が多い地域のテレビ局になるほど就職難易度が上がる。東京に次いで人口が集中するのは、大阪、名古屋の順になる。

関西地方をカバーする近畿広域圏、東海地方をカバーする中京広域圏のアナウンサーは在京キー局ほどではないものの、やはり難しいことには変わりない。

近畿地区の場合は、讀賣テレビ、朝日放送、毎日放送、関西テレビがこれに該当する。準キー局とも呼ばれる。

中京地区の場合は、中京テレビ、名古屋テレビ(メ~テレ)、CBC、東海テレビが該当。在名基幹局とも呼ばれる。

倍率は1,000倍ほどにはならないものの、50~100倍またはそれ以上になると予想する。運が良ければ内定がもらえて入社できるが、ほとんどの人は運がない。

名古屋、大阪のテレビ局でもまだまだアナウンサーの新卒採用が「狭き門」であることには変わりない。

地方の都道府県単位のテレビ局

大都市圏ではない地方の都道府県単位のテレビ局になると、在京キー局の参加の放送局であってもアナウンサーの就職難易度は下がる。

まずテレビ会社そのものの知名度が低い。在京キー局なら全国的に知られているものの、都道府県単位になるとそれがカバーする地域に住んでいる人しか知らない。

採用人数についても、新卒でのアナウンサーの採用がゼロになるところも少なくないが、もし1人でもあればそれは大都市圏のテレビ局の就職難易度よりは簡単であろう。

ただし、ふつうの企業の大卒向けの総合職と比べるとレベルは高い。アナウンサーという華やかなイメージの職業の募集である以上、誰でもなれるほど簡単であるとは言い難い。

さらに、郡市町村単位でしか放送していないローカルテレビになるとますます応募者数は少なくなる。応募するのは地元の人だけになる。

もっともローカルテレビではアナウンサーの募集は中途採用だけで新卒では行わない可能性が大きい。内定をめぐる競争の前に募集がなく、なりたくてもなれない。

おすすめ記事