アナウンサーの就職の学歴フィルター、出身大学はどこが有利!?

アナウンサーの就職で重要な出身大学

テレビ局のアナウンサーの就職における出身大学はどこが有利になるのか。学歴フィルターの事情について調査してみた。

ニュースリポーターとも呼ばれる職業ということで、幅広い教養知識を持っていることが求められる。したがって、学力が高いことは入社の時点では必須条件になるだろう。

難関大学出身者がそうではない学生よりも有利になるのはアナウンサーも例外ではない。中堅以下のレベルの大学出身者はほとんどいないのが現状。


アナウンサーの出身大学の基準と目安

主な大学 アナウンサーの多さ
旧帝大

早慶上智

東大・京大などの旧帝大の国立、早稲田、慶応、上智の最難関私立が目立つ。
MARCH

関関同立

MARCHは在京キー局、関関同立は在阪キー局で結構いる。学歴フィルターでは問題ない。
地方の国公立大

中堅以下の私立大

日東駒専・産近甲龍などの中堅レベル大学出身者は少ない。地方の国公立大は大都市画キー局では少ない。

大手テレビ局への就職で学歴フィルターを余裕で通過できる大学といえば、総合職では旧帝大・早慶クラスの学校になってくる。アナウンサーもまったく同じである。

>>アナウンサーの新卒採用の倍率は1,000倍! 就職難易度を調査

旧帝大、早慶上智

アナウンサーの出身大学で多い旧帝大、早慶上智

北大・東北大・東大・名大・京大・阪大・九大の7帝大に加えて、東工大・一橋大・神戸大が「旧帝大」またはそれに準ずる難関国立大学に該当する。

早慶上智は早稲田・慶応義塾・上智の3校である。

この辺りなら「学力が高い」と判断される基準を十分に満たしている。教養的な知識が備わっているとみられやすい。アナウンサーでもこの点では変わらない。

MARCH、関関同立

MARCH(明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大)や関関同立(関西大・関西学院大・同志社大・立命館大)、あるいは上位クラスの国公立大(千葉大、埼玉大、横国大など)でも概ねクリアできる。

こちらも特に問題はない。MARCHは在京キー局、関関同立は在阪準キー局で目立つ。大学が立地する地域をカバーするテレビ局というわけだ。

詳しい内容は後ほど述べるが、偏差値が少し下がると全国どこのテレビ局のアナウンサーになれるわけではないと思える。

また、同じMARCH、関関同立の中でも実際にはアナウンサーになれた人の人数に違いが見られる。明治大学、同志社大学がこれらの中では上位校とみなされるのか、比較的実績が多い。

それ以外

アナウンサーの出身大学では少ない日東駒専、産近甲龍

>>テレビ局への就職の学歴フィルター事情! どこの大学が多い!?

一方の中堅以下の大学になるとアナウンサーへの就職は厳しくなる。学生数が多い日東駒専・産近甲龍ではアナウンサーになれた人は大幅に少ない。

有名なニュースリポーターの出身大学を見ると、難関大学に該当する大学を卒業している人が目立つ。

地方の国公立大学は学歴フィルターで引っかかるわけではないが、そもそも学生数が大都市圏の大学より少ないため、アナウンサーになれた実績に乏しい。

大手企業では学歴フィルターを見事にクリアして内定を獲得する学生が目立つものの、テレビ局はどうしても大都市に立地する学生に軍配が上がる。

地域ごとの違い

<該当する主な放送局>
関東広域 近畿広域 中京広域
NHK 関西テレビ CBC
日本テレビ 毎日放送 東海テレビ
TBS 朝日放送 中京テレビ
テレビ朝日 読売テレビ 名古屋テレビ
フジテレビ テレビ大阪 テレビ愛知
テレビ東京

大手テレビ局でも、民放各社は特定の地域だけを管轄する形になっている。大都市圏でも東京・名古屋・大阪ではそれぞれ関東広域圏・中京広域圏・近畿広域圏に分かれる。

有利になる出身大学も地域によって違いが見られる。特にMARCH、関関同立クラスの大学で顕著になる。

東大・京大をはじめとする旧帝大の各校、早稲田・慶応・上智の私立3校は全国的にどこのテレビ局でもアナウンサーになれた人が少なくない。

一方のMARCHは在京キー局、関東地方のテレビ局に就職できた人がいる一方、それ以外の地域ではかなり少ない。

関関同立は在阪準キー局と呼ばれる民放各社、西日本エリアの都道府県単位のテレビ局に就職できた人は結構いる。しかし在京キー局では少ない。

偏差値が最上位クラス以外の大学になると、テレビ局のアナウンサーとして内定をもらえる可能性がある会社は特定の地域に限られると思える傾向ではないか。



広告

おすすめ記事