NHKの新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

NHKの新卒採用の就職難易度

NHK(日本放送協会)の新卒採用の倍率は、職種によっては100倍以上になると予想される。採用人数はすべて合わせると300人前後で毎年推移している。一方の応募者数は数千人~数万人規模になる。

就職難易度に関しては一言で言うと「最難関」というレベルだろう。内定獲得には運の要素も必要。単に何かの能力に優れているだけでは入局は簡単にはできない。

NHKは全国規模のテレビ局ということ各地から多くの大学生・大学院生が集まる。テレビ業界を志望する人が多いのも倍率が高い理由でもある。

日テレ・テレビ朝日・TBS・フジテレビのような在京キー局は採用人数が少ないためNHKよりもさらに難しいが、それでも誰もが受ける新卒採用の枠ということで難易度はかなり高くなる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) レベルの目安
ディレクター ★★★★★ 最難関
記者 ★★★★★ 最難関
アナウンサー ★★★★★ 最難関
映像取材 ★★★★
映像制作 ★★★ やや難
映像デザイナー ★★★ やや難
音響デザイナー ★★★ やや難
放送事業のマネジメント ★★★★
技術 ★★★ やや難

NHKの職種ごとの就職難易度は、私見ではあるが感覚としては上の表の通りになる。

大前提としていずれの職種も倍率が高くて競争が激しいのは確か。入局の時点で特定の能力を持っていることが求められる職種もある。専門的な分野になるほど応募者数も少ないが、その分要求される知識や技能のハードルが高い。

>>マスコミ業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

放送総合部門

NHKの職種を詳細にすると上で挙げた表の通りになるが、大きな区分では2つに分かれる。1つが「放送総合部門、もう1つが「技術部門」である。

放送総合部門にはディレクター、記者、映像取材、映像制作、音響制作、映像デザイナー、音響デザイナー、放送事業マネジメントが当てはまる。

通常の企業で総合職に当てはまる事務職をはじめ、テレビ番組を制作するにあたる業務が多いのが放送総合部門の仕事内容である。

ディレクター、記者

NHKのディレクター・記者の採用倍率

応募者数が多くて難易度が高いのはディレクター、記者が代表的である。いずれも難易度の目安として「最難関」と表した。倍率は100以上になると予想する。

テレビ番組でたまに登場するスタッフということもあり、テレビ業界に詳しい人たちだけでなく広く仕事内容の大まかなイメージが浸透している。

NHKに就職したいと考える人がまず検討しようとするのがディレクターや記者ではないか。名前を聞いたことがある職種でもあるはず。

2つを合計した採用人数は10人程度になると予想される。全国職員、地域職員ともに多就職難易度は最高クラスになる。

映像取材

映像取材

映像取材は主にテレビ番組のための材料を撮影する業務に当たる職種である。

統計データに関する情報がないため推測になるが、就職難易度は華やかで花形とは言えず裏方の仕事という印象が強いこともあって若干低い。

NHKの映像取材の倍率はおよそ50~100倍程度が妥当ラインになるのではないか。

ディレクターや記者とは違って一般的なテレビ番組上ではほとんど仕事風景が出現されないため、一般人にとってはなじみがない。

一方で特に専門的な知識や技能を必要とせず、文系・理系問わず誰でも応募できる条件に近い。結果的に応募者数が不特定多数になりやすく、就職難易度が上がる。

映像制作、映像・音響デザイナー

映像制作、映像デザイナー、音響デザイナーに関しては専門職のような存在になる。仕事内容が高度な技術を用いた領域になるため、応募する学生が限られる。

採用人数は少ないものの、大学で映像や音響に関する分野に携わる学部学科に所属する学生が応募者の中心であるため、倍率はそれほど大きくはない。

目安では大きくても30~50倍程度になると予想する。就職難易度は一言でいうなら「やや難」が適切だろう。

文系・理系だれでも応募できるような職種ではない以上、特定の学生の中で内定を争うこととなる。

放送事業のマネジメント

NHKの放送事業マネジメントの倍率

放送事業マネジメントは簡単に言うと「総合職」または「一般職」のような存在である。ふつうの企業では事務的な業務に携わる領域になる。

放送総合部門では他の職種とは違って全国職員・地域職員ともに募集がある。地域ごとでも採用を行っているため、採用人数が数百人規模になると考えられる。

テレビ局ならではの仕事というよりは他の企業とあまり変わらない性質が大きいため、華やかなイメージは薄い。

とはいえ、文系・理系問わず誰でも応募できる特徴が強いため、不特定多数の学生が集まりやすい。応募人数が多くなるため、それに比例して就職難易度が高い。

倍率の目安としては、全国職員では50~100倍、地域職員では20~30倍程度が予想ラインになる。

技術部門

NHKの技術職の新卒採用

技術部門もまた全国職員と地域職員ともに新卒採用の募集が行われている。こちらは主に理系学部に所属する学生がターゲットになる。

全国職員ではさらに以下の職種に分かれる。

  • コンテンツ制作技術
  • 放送システム開発・運用
  • 放送技術研究
  • 情報システム技術
  • 建築技術

いずれも工学系、情報系の学部学科に所属する学生が応募できるようなコースである。

募集要項には「工学部限定」などとは明確に記載されていないものの、これらの分野を学んでいる人が有利になると思われる。

倍率は30~50倍くらいに収まると予想する。理系の学生が中心であること、専門的な分野であることを考慮すると数百倍規模にはならない。

就職難易度を一言でいうなら「やや難」が妥当。NHKの中だけで比較するならレベルは高くはない。

アナウンサーの倍率

NHKでもアナウンサーになるのはおそらくどの職種の中でも一番難しいと考える。ディレクターや記者よりもハードルが高い。

倍率は500~1,000倍近くになることもあるかもしれない。地域職員は50~100倍に収まるかもしれないが、全国職員になると数百倍レベルになると予測する。

実際には各地の放送局によってはもっと低いかもしれないが、採用人数が一桁になるのが濃厚のため、感覚的には100倍規模になる。

>>アナウンサーの新卒採用の倍率は1,000倍! 就職難易度を調査

「アナウンサー」という特定の分野をピンポイントで狙っている学生だけが応募するため、学生間の内定をめぐる選考も大人数にはならないが、採用人数が少ない影響が大きい。

しかもテレビ局の花形という性質から、アナウンサーに憧れる人が結構多い。こうした背景から、倍率は500~1,000倍くらいが目安ととらえても不思議ではない。

他のテレビ局の就職難易度

地区 会社名
東京 日本テレビテレビ朝日TBSフジテレビ

広告

おすすめ記事