ニフコの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

ニフコ

ニフコの採用大学は、東大、京大、名大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、筑波大、横国大、千葉大、東京外大、電気通信大、東京農工大、埼玉大、都立大、名工大、京都工芸繊維大、新潟大、信州大、静岡大、北見工大、室蘭工大、山形大、東京海洋大、長岡技科大、山梨大、富山大、奈良女子大、和歌山大、山口大、徳島大、九州工業大、佐賀大、滋賀県立大、兵庫県立大、高知工科大、成蹊大、日本大、東洋大、駒澤大、近畿大、龍谷大、芝浦工大、工学院大、東京都市大、東京電機大、福岡大、APU等。

出身大学名は極端に難関大学へ偏りは全くない。大学名そのものが問われるとは考えにくい。「学歴フィルター」はあまり存在しないと判断。

倍率と就職難易度は、技術系(理系)が約10倍でやや易、事務系(文系)が約30倍でやや難。化学メーカーとしては比較的簡単。


主な採用大学

ニフコの採用大学は下記の通り。

ニフコの採用大学(大学院卒)
東京大学、名古屋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、東京理科大学、横浜国立大学、電気通信大学、東京農工大学、京都工芸繊維大学、信州大学、山形大学、宇都宮大学、長岡技術科学大学、山梨大学、九州工業大学、高知工科大学、日本大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京電機大学、産業技術大学院大学、東海大学、北陸先端科学技術大学院大学、金沢工業大学
ニフコの採用大学(学部卒)
東京大学、京都大学、名古屋大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、首都大学東京、名古屋工業大学、京都工芸繊維大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、北見工業大学、室蘭工業大学、山形大学、東京海洋大学、長岡技術科学大学、山梨大学、富山大学、奈良女子大学、和歌山大学、山口大学、徳島大学、九州工業大学、佐賀大学、滋賀県立大学、兵庫県立大学、高知工科大学、成蹊大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、近畿大学、龍谷大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京都市大学、東京電機大学、福岡大学、立命館アジア太平洋大学、金沢工業大学、神田外語大学、関東職業能力開発大学校(応用課程)、近畿職業能力開発大学校(応用課程)、久留米工業大学、玉川大学、千葉工業大学、東海大学、東京工科大学、獨協大学、日本工業大学、広島経済大学、武蔵大学、武蔵野美術大学、明星大学、ものつくり大学、麗澤大学

上記は、ニフコへの就職実績が確認できた主な大学。マイナビの採用実績校に掲載されているもの。

採用人数は毎年20~30名前後。

「学歴フィルター」はあまりない様子

学歴フィルター無し

上記の採用実績校を見る限り、学歴フィルターはあまりないと読み取れる。

各大学群ごとの採用の可否をまとめるなら、下記のようになる。

大学群/職種 事務系(文系)
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

国公立・私立ともに採用実績がある大学の偏差値の面での制約は見当たらない。

大手を中心に「学歴フィルター」があるといわれているが、ニフコはそのような傾向はない。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

偏差値が低い大学からも採用

ニフコでも旧帝大・早慶という最難関大学、あるいはGMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)からも確かに採用はある。

しかし、大きな割合を占めるわけではない。日東駒専・産近甲龍クラスの中堅私大も採用実績校に載っている。

さらに、「大東亜帝国」「摂神追桃」クラスの大学も採用実績がある。いずれも偏差値は40~45前後。大手企業では採用事例が少ないところである。

学歴フィルターがある企業では、「偏差値〇〇以上のみ」のような傾向が見られるが、ニフコではこれが見当たらない。

ゆえに、「学歴フィルター」はないと判断。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系(理系) ★★ 10倍、やや易
事務系(文系) ★★★★ 30倍、やや難

ニフコの新卒採用の職種ごとの就職難易度および倍率は上記のようになると考える。

採用人数は例年20名前後となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約200~300人前後と推測する。

《参考:<偏差値表>化学メーカー業界の就職難易度をランキング化

技術系(理系)

ニフコの理系を対象とする技術系総合職の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

技術系は専攻分野別が指定されていて、具体的は専攻分野は「機械・電気電子・化学系・経営工学系の学科を中心とした全理系」との事。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

エントリーできる対象者が限定されることで、文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

事務系(文系)

事務系総合職の就職難易度は「かなり難」。倍率は約30倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。募集要項でこのように記載されている。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、これらだけでもかなりの数になる。

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソー大陽日酸DIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産昭和電工関西ペイントJSR日亜化学三菱ガス化学クラレエア・ウォーターADEKAアイカ工業日油アース製薬
化粧品 コーセー資生堂マンダムノエビア

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。