日東駒専の序列を順位にすると!? ランキングにしてみた!

日東駒専

日東駒専と呼ばれる4つの大学群の序列を順位化すると「東洋大学>日本大学>駒澤大学>専修大学」の順番になる。ただし、偏差値のレベル、知名度、就職のしやすさの点でランキングにすると、総合判定とは異なる。

首都圏では、MARCHと成成明学よりはワンランク下、大東亜帝国の上という立ち位置。関西地区の産近甲龍、愛知県の南愛名中と同じランク帯。

世間一般ではいずれも同じ程度のレベルで、そこに所属する学生としての身分は同じと捉えられやすい。

確かにその差はわずか。それでも詳細に見れば、若干ではあるが優劣の差は存在する。最も、この順番は気にするほどの問題ではなく、気分的な問題として重要かもしれない。


日東駒専の序列

日東駒専の立ち位置

日東駒専の序列は以下のようになる。

  1. 東洋大学
  2. 日本大学
  3. 駒澤大学
  4. 専修大学

学部によっては順番が入れ替わることがあるものの、総合的に見るとこのようなランキングが出来上がる。

東洋大学が首位、甲南大学が最下位なのはほぼ固定と考えてよい。

なお、かつては同じ日東駒専でも順番は、特に1990年頃は「日本大学>東洋大学>駒澤大学>専修大学」という順番だった。

現在の序列は日大と東洋大が入れ替わっているのがわかる。

参考:私立大学の序列とは!? レベルごとの「階級」を順位化

東洋大学

東洋大学は箱根駅伝で強い私立大学。

1887年に「私立哲学館」として井上円了博士により創立された。「国際化」「キャリア教育」「哲学教育」の3つを教育の柱とする。

白山キャンパス都営地下鉄白山駅や東京メトロ本駒込駅から徒歩5~10分圏内のため、かなりアクセスが良好。都心の立地ということで、受験生から人気を獲得。

偏差値が高い理由の1つ。一部の学部では偏差値が60近くに達し、MARCHの法政大学や中央大学に追い付くくらいの勢いがある。

一方の朝霞キャンパスのライフデザイン学部、川越キャンパスの総合情報・理工学部は郊外に立地するため、受験生から人気になるほどの話題はない。

さらに、板倉キャンパスの食環境科学・生命科学部は群馬県に立地する。白山キャンパスの各学部に比べて難易度が大幅に下がる。

日東駒専ではトップ独走とはいえ、郊外のキャンパスは少なくともMARCHには及ばない。

日本大学

学生数日本一を誇る日本大学。

以前は日東駒専の代表格だったものの、近年は東洋大学に追い抜かれている。

2018年5月6日のアメリカンフットボールの日本大学VS関西学院大学の試合にて、監督の指示によって日大選手が関学選手にタックルを故意に仕掛けて負傷させた問題で偏差値が一気に下がったとも言われている。

不祥事もあって東洋大学が難化する一方、日大は偏差値が伸び悩んでいる。

駒澤大学

日東駒専の序列で3位に入るのが駒澤大学。仏教系の私立大学。

全学部全学科駒沢キャンパスに所在するため、都心部にある大学としても知られている。東急田園都市線の「駒沢大学駅」が最寄り駅で、大学名が駅名になっていることもプラスに働く。

ただ、他の大学に比べて人気度が低く、その分入りやすい傾向。

都心部の立地以外にはあまり特徴がない。東洋大学や日本大学のように特定の分野で目立っている存在ではない。

専修大学

専修大学は日東駒専の最下位に位置する。

神田キャンパス、生田キャンパスの2つが主要キャンパスであるが、特に後者が立地面で不便。

神田キャンパスこそは千代田区内で、水道橋駅や九段下駅から徒歩5分程度だが、生田キャンパスは小田急小田原線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩20分ほどと、駅から離れている。

さらに、日東駒専の中でも特徴に欠ける。箱根駅伝での活躍や学生数の多さといった点で印象に欠ける。

その分、受験生で日東駒専を狙える人の中でも、東洋大学などが第一志望になり、専修大学はそれらの滑り止めという立ち位置になりやすい。

偏差値の順位(平均値)

日東駒専の偏差値の目安

各学部ごとの偏差値を平均した数値で序列化すると、理工系や医学部の有無で大きく違ってきてしまう。

今回はそのような特徴を避けるため、数ある学部の中でも代表的な4学部をもとに偏差値を平均にして順位をランキングにすると、以下のようになる。

大学名 平均偏差値
東洋大学 55.0
日本大学 53.8
駒澤大学 (55.0)
専修大学 (55.0)

主要4学部ともいえる、法学部、経済学部、文学部、理工学部の偏差値を平均すると上記のようになる。

駒澤大学と専修大学は文系学部のみで計算。

このように偏差値でレベル別に順位化すると、近畿大学はダントツトップだが、それ以外の3つはいずれも同じくらい。

一般入試の難易度に限った話であるため、推薦入試は除外されている。しかし、学力で入る難しさという点では、このような序列が出来上がる。

偏差値が低い新興学部

最も学部学科の種類が影響しているもの確かだろう。新興学部の有無が偏差値の平均を左右している。

大学 主な新興学部
東洋大学 ライフデザイン学部、情報連携学部、国際観光学部、食環境科学部
日本大学 危機管理学部、生物資源科学部、スポーツ科学部
駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部、医療健康科学部
専修大学 国際コミュニケーション学部、人間科学部、ネットワーク情報学部

これらの新しい学部は実績が少ないため、偏差値も従来のところと比べると低い。これの有無が日東駒専の中でも序列を左右させる。

偏差値の数値そのものは従来から存在する学部学科と同じでも、入試科目数が異なるなど、実際の難易度は新興学部の方が下がるのは一般的。

立地も偏差値を左右

鉄道アクセスの利便性

さらに、立地場所も大きく関係している。都市部、特に東京23区内に立地する大学は全体的に偏差値が高く、郊外に立地する大学は偏差値が低い。

交通の利便性(アクセスの良さ)も影響。駅近くにある大学の方が偏差値はやや高め。

学部学科ごとに見ても、駅前にあるところはレベルが高いが、バスでの移動が必要なキャンパスだとレベルがいまいちな例が多い。

特に顕著なのは東洋大学と日本大学。東京に立地すると思っている人は多いが、実際はそうではない。

東洋大学の場合、板倉キャンパス(食環境科学・生命科学部)は群馬県にある。東京周辺からは遠く離れている。朝霞キャンパスと川越キャンパスも埼玉県にあり、23区内ではない。

日本大学の場合、三島キャンパス(国際関係学部)は静岡県、工学部キャンパスは福島県にある。芸術学部は所沢キャンパス、生産工学部も千葉県習志野市にあり、東京都の外にある学部が複数ある。

これらの学部は単純に立地面で人気度が下がるため、偏差値がやや低めに出る。

知名度の順位

知名度の順位にすると、特定の分野で広く知られいたり、一般人にも関わりのある学部、スポーツが盛んでテレビで取り上げられることが多い学校が上位に来る。

このように第一印象のイメージにする知名度を序列化すると、以下のランキングのようになる。

各大学 イメージ
東洋大学 箱根駅伝で毎年上位。
日本大学 学生数日本一。アメフト部のタックル事件。
駒澤大学 特徴に乏しい。
専修大学 特徴に乏しい。

全体的に見ると、圧倒的に東洋大学が日東駒専の中でトップに君臨。

前述のように毎年正月に実施される箱根駅伝で上位に入ることで世間一般で知られる他、就職に強いといったイメージも大きい。

日東駒専の中で志望校を選ぶ場合は、「まずは東洋大」と考える高校生が多い。

その次に日本大学が来る。学生数日本一で、中堅大学の代表的な存在でもある。

ただし、大学のプラスのイメージは東洋大学と比べると薄い。特にアメフト部のタックル事件以降はこの傾向が強め。

以前こそは日大の方が東洋大よりも人気な傾向で、偏差値も高かったものの、近年は完全に逆転している。

一方の駒澤大学と専修大学は下位。世間でのイメージが薄い。

どちらも立地には全く問題ないものの、学部数が少なくて学生数そのものは日大・東洋大よりも少ないため、世間での話題性にも欠ける。

同じ日東駒専でも、東洋大学・日本大学は知っている人でも、駒澤大学と専修大学は知らないという人もいる。

>>日東駒専の学歴コンプレックスとは!? 不満な点とは何か?


広告

就職のしやすさ

就職活動を行う大学生

就職のしやすさは知名度に準ずる。

ただし、実際には日東駒専の中での差はほとんどない。就職の世界になると、偏差値のちょっとした違いは関係ないといえる。

東洋大学こそは偏差値の面ではMARCHに追い付きそうな勢いがあるものの、就職の世界ではあくまでも「日東駒専」として見られやすい。

就職実績こそ見れば有名企業が並んで、他の大学に優れるように見える。だが、実際には割合的に考えると他の日東駒専を圧倒するほどの内容ではない。

MARCHの各大学と比べると劣る。民間企業の採用担当者の目線でも、日東駒専よりはMARCHの方が「勉強ができる」という印象が強い。

>>日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

なお、大手企業では「学歴フィルター」という学校名が選考に影響を与えるような制度があることが多いが、日東駒専はいずれも中堅私立大学という部類に入る。

このため、こうした企業では大学名で落とされる可能性も考えられる。

テレビCMを放映する人気企業だと書類選考の時点で落とされることがよくある。

参照:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?