日本信号の新卒採用の倍率は100~200倍にも! 就職難易度を公開

日本信号

日本信号の新卒採用の倍率は技術系が約20倍、事務系が約30倍と推定。就職難易度はそれぞれ「ふつう」「やや難」に該当。

採用人数はここ数年は50人前後、内訳は技術系が25人、事務系が15人前後。

製造業としては多くも少なくもない並みレベル。ただ、鉄道関連企業ということもあって、JRや私鉄を志望する学生が多く応募する様子。俗に言う「鉄オタ」が多いとも言われている。

書類選考では応募者の過半数は落とされると思われ、さらに1次面接から最終面接まででも残りの半分以上は落とされ、内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★★★ 30倍、やや難
事務系 ★★★★★+ 100倍超、最難関

日本信号の技術系、事務系の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

募集状況から、事務系と技術系では募集人員の面では2倍以上の差がある。

事務系は特に専攻分野の制限がないことで、特に供給過剰(応募者数が募集人数を大きく超過する状態)な傾向が見られる。

《参考:<会社別>信号機メーカーの新卒採用の倍率、就職難易度を考察

技術系は倍率30倍、難易度は「やや難」

技術系総合職(理系)

日本信号の理系を対象とする技術系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

基本的に理工学系の学部学科を対象とする。また、理工系でも生物系やバイオ系、農学系は対象外。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。

対象者が限定されることで、文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

鉄道に興味関心のある理系学生はかなり多いものの、それでもエントリーする学生層が限定されるという理由から、就職難易度は「やや難」、倍率はおよそ30倍と判断。

なお、日本信号では理系限定で「学校推薦」の制度が使える。自由応募とは違って、教授の指名があることで内定獲得がしやすくなるのは確か。

事務系の倍率は100~200倍、難易度は「最難関」

文系を対象とする事務系

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「最難関」。倍率は約100~200倍となる模様。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

ここで言う「最難関」とは、一般的な上場企業の中で比較した場合の難しさを示すもの。製造業大手でも特に入社が困難。

採用人数は毎年5人のみ。対して、応募者数は500~1,000人程度になる様子。。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、これらだけでもかなりの数になる。

大学生の間では「日本信号」という社名こそはあまり広く知られていないものの、鉄道に興味関心のある学生が多いこともあって、会社規模や知名度の割には応募者数が多い。

こうした事情から、日本信号の事務系の倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

まとめ

blank

日本信号の新卒採用の倍率については毎年150~200倍程度にまで達する。製造メーカーの中では一番高い数値を記録している。就職難易度もこの業種ではトップクラスに入る。

文系向けの事務職でも理系向けの技術職でも、倍率はもはや天文学的な領域にまで達する。応募しても、大半の学生は不採用となって落とされる。

一般的な製造業の場合、大手企業と呼ばれる部類に入る会社でも倍率は10~30倍ほどとなっている例が多数派である。数百倍にまでなるところは少ない。

日本信号は盛業の中でも就活市場ではかなり例外的な存在といえる。内定には運も必要になるのは間違いない。

参考:日本信号の採用大学を公開! 学歴フィルターは有り

なぜこんなに人気?

日本信号の倍率が百単位で大きな数値になっているのは、まず採用人数が文系・理系ともに少ないためである。

どちらも総合職に当たる職種であるが、多くても全体で約40人ほどしか採用しない。技術系が30人、事務系が10人ほどで推移している。

他の大手メーカーの場合、技術系だと100~500人ほどの採用を実施しているところもある。規模が大きければその分多い。同じ規模の事務系でも30~100人ほどは採用する。

これらと比べると、日本信号の採用はかなり少人数となっていると判断できる。その一方で、応募者数はかなり多くなる。

日本信号の就職難易度

応募者が殺到する理由としては、日本信号の事業内容に関係がある。主に道路や鉄道の信号機を作るメーカーだが、販売先の顧客が安定しているため、会社自体が非常に安定している。

不景気でも問題なく経営が安定している。どちらかというと、製造業というよりはインフラ企業に近い存在といえる。

就活市場において、インフラ企業の難易度はどこもかなり高い。倍率は日本信号とお同じく数百倍に達する例も決して珍しくはない。

鉄道オタクが応募するから

日本信号は鉄道とも深い関わりを持つ会社である。鉄道の信号機や自動改札機を製造するため、鉄道関連会社でもある。

これに伴い、鉄道に強い興味関心のある人が応募してくる。中でも鉄オタと呼ばれる人々が真っ先に応募してくる様子が見られる。

blank

鉄道オタクの人口は極めて多い。同じオタクでも、アニメや自動車などの数ある分野よりも多いという見方が強い。

鉄道に興味関心のある人は日本全国で数百万人以上いるといわれている。これに該当する大学生及び大学院生が少なからず鉄道に関する企業で働きたいと考える。

ここでは文系・理系は関係ないだろう。文理ともに電車が好きな人は、鉄道の信号システムを作るメーカーに視点を向ける。

その1つが信号機メーカー大手の日本信号となる。業界トップのため、当然真っ先に応募する企業となる。

これによって、倍率が150~200倍という難易度がかなり大きい値になるというわけだ。

おすすめ記事