日本製鉄の新卒採用の倍率は10~30倍! 就職難易度を考察

日本製鉄

日本製鉄(旧新日鐵住金)の新卒採用の倍率は技術系が約10倍、事務系が約30倍と推定。就職難易度それぞれ「やや易」「やや難」に該当。

採用人数はここ数年は300人前後、内訳は技術系が250人、事務系が50人前後。

鉄鋼業界の中では業界首位で、旧社名の「新日鐵住金」のブランドで超人気の就職先なのは揺るぎない事実。書類選考でほとんどの応募者が落とされ、その中で1次面接から最終面接まで進んで内定を獲得するのは相当難しい。運が良かった学生だけが入社できる企業の1つ。

ただ、業界首位とはいえ、近年は産業の空洞化と言われるように、製造業全体はやや下野状態。鉄鋼業界は特に衰退気味なこともあって、就職難易度そのものは易化傾向とも感じる。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★ 10倍、やや易
事務系 ★★★★ 30倍、やや難

日本製鉄の技術系、事務系の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

募集状況から、事務系と技術系では募集人員の面では大差あり、さらに応募者数も技術系のみならず事務系もかなり多い。事務系は常に供給過剰な傾向が見られる。

技術系は採用人数に対して応募者数は事務系ほど過剰にはまずならない。募集人員がある程度確保されていることに加え、応募する学生は技術系の業務内容と関連する専攻分野を学ぶ理学部・工学部などに限られる。このような背景があるため、事務系と比べて倍率が下がる。

とはいえ、いずれもエントリーシートによる書類選考から最終面接まで残ることさえも困難なほどという点では同じだろう。

《参考:鉄鋼・非鉄金属業界の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

技術系は倍率10倍、難易度は「やや易」

日本製鉄で勤務する技術系総合職の社員

意外かもしれないが、日本製鉄の技術系の就職難易度は「やや易」。倍率は約10倍程度と推定。

業務内容は何となく想像できるかもしれないが、「操業技術、設備技術、品質管理、研究開発、開発設計、技術営業の業務」が中心。

募集対象の学部学科に関しては基本的に理工系学部。対象とする専攻分野は「理系/機械、材料、電気、電子、情報、化学、物理、経営工学、土木、建築、水道、衛生、数理、環境、生物など」と募集要項には記載されている。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

さらに、日本製鉄は鉄鋼業界でこそは首位だが、将来性はあまり期待ができないとニュース等でよく報道される業界の1つ。そんな事情から、新卒採用ではあまり人気度が高くない。

そして、採用人数は250人ほどということで、製造業大手としては並みだが、エントリーする学生層が限定されるという理由から、就職難易度は「やや易」、倍率はおよそ10倍と判断。

なお、日本製鉄では理系限定で「学校推薦」の制度が使える。自由応募とは違って、教授の指名があることで内定獲得がしやすくなるのは確か。

事務系の倍率は30倍、難易度は「やや難」

倍率がおよそ30倍と見込まれる事務系(日本製鉄)

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

採用人数は毎年50人ほど。対して、応募者数は1,500人程度になるのではないかと推定。正式なデータは公表されていないものの、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

その一方、募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも、応募方法は「自由応募」のみ。

このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

実際に応募してくる学生は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など様々だが、文系人口は大きく、これも競争激化に拍車をかける。

日本の大学生の文理比率は「文系:理系=7:3」で、圧倒的に文系が多い構造。潜在的な応募者の母数そのものは理系とは異なる。

鉄鋼業界は大学生の間では不人気と言われるが、それは就職先が豊富に用意されている理系の世界で顕著な一方、供給過剰状態が強い文系の世界ではそうではない。とにかく、業界問わず大手企業への就職という点が優先されやすい。

こうした事情から、日本製鉄の総合職の倍率は30倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

他社と比較して

様々な企業の選考を受ける就活生たち

日本製鉄は鉄鋼業界で製鉄会社。2019年4月に社名を「新日鐵住金」に変更したこともあって、まだ十分に知名度は浸透していないものの、旧新日鐵住金といえば誰もがイメージする「鉄鋼メーカー」の代表的な存在の1つだろう。

当然ながら、就職先としての人気度でも鉄鋼業界ではトップクラスにはなる。

JFEスチール、神戸製鋼所、日立金属と並ぶ。

参考:日本製鉄の採用大学を公開! 学歴フィルターは相当厳しい

鉄鋼業界では最上位の人気度

日本製鉄以外の鉄鋼メーカーは下記の通り。

  • JFEスチール
  • 神戸製鋼所
  • 日立金属
  • 大同特殊鋼

日本製鉄とこれらの企業の就職難易度や倍率よりは若干高め。

どの会社も新卒採用では事務系・技術系の採用を実施するが、事情はすべて共通。

もちろん、日本製鉄にエントリーする学生の多くは、上記の会社にもエントリーする傾向。特にJFEスチールと神戸製鋼所は超定番の併願先。

他の業界と比べて

日本製鉄の併願先として人気の石油業界

日本製鉄の併願先として人気の石油業界。難易度は原則「石油>鉄鋼」の構造。

日本製鉄と併願する他の業界を挙げると、以下が人気だと感じる。

  • 総合商社
  • 石油(採掘、精製)
  • 電力、ガス(都市ガス)
  • 自動車メーカー
  • 化学メーカー

いずれも経営状況が安定しやすい市場が形成されていて、しかも大学生の間でも主要企業の知名度が高い業界。さらに、社会的に絶対不可欠な業態のため厳しい営業ノルマとは比較的無縁。

ただ、1つだけ違う点がある。それは経営の安定性という点。

日本製鉄のような鉄鋼業界は世間の景気動向によって大きく左右される。好景気であれば大幅に経営状況が良くなるが、不景気となれば一気に収益がダウン。

企業の倒産まではいかないまでも、業界再編が実施されやすい。

そんな傾向もあって、上記の業界と比較すると相対的に人気度は低めになると考察。

まとめ

理系の方が有利な就職

採用者の全体の7~8割は技術系の職種に該当する。製造業ということで、事業の中心はモノを作ることにある。そのため、ものづくりのエキスパートとなる理系の採用が多い。

技術系の場合、対象となる学部学科が指定されている。基本的には工学部や理学部などの理系のみとなっている。文系に所属する学生だと応募するのがほぼ不可能。

技術系の場合、内定をめぐって競争する相手は同じような分野に携わっている人になる。理系そのものの人口が少ないことや、新日鐵住金の採用人数が多いことで、難易度は決して高いものとまではいかない。

文系学生を対象とするのは事務系の職種である。こちらは技術職に比べて採用人数が少ない。

不特定多数の学生が応募するのが事務系ということもあって、入社までの難易度が高い。

理系が中心のメーカーであっても文系学生の応募が少ないわけでは決してない。倍率は理系よりも文系の方が高くなり、大半はあっさり不採用となってしまうのが現状といえる。

補足:好景気と不景気、それぞれの特徴

新日鐵住金グループの中でも中核会社であるということで、最も規模が大きい会社である。それに伴って募集する採用人数もかなり多い。

事務系と技術系を合わせると300人前後に達する。大手のメーカーに完全に当てはまるほどの大量募集ということがわかる。

マイナビやリクナビからエントリーして、その後ESを提出するという形で選考が進んでいく。新日鐵住金に応募する人数は数千人規模になるのは毎年同じである。

世の中の景気が良いと、メーカーの経営が良くなるため応募者数が増える。その一方で人手も多く必要とするため、採用人数も増える。

逆に不景気になると悪い影響を受けるメーカーへの応募者数が減るものの、企業側の採用人数も大幅に少なくなるため、結果的に倍率が大きくなる。

経済状況が悪化すると、日本製鉄でも100人前後しか採用しないこともある。こうなると難易度は上がり、入社は難しくなるのは避けられない。


広告

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI新日鉄住金ファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業シマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。