日東駒専は就職の「学歴フィルター」でOUT、それともセーフ!?

学歴フィルターに引っ掛かる日東駒専(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)

日東駒専の各大学の学生たちは、就職の際に「学歴フィルター」によって不採用になったり、大幅に不利になることがある。業界別では、特に総合商社、インフラ(航空、鉄道、電力、ガス)、金融(銀行・保険・証券)の企業の総合職で”OUT”になりやすい。

業界上位勢の総合職では、私立大学の採用ターゲット校はMARCH・関関同立以上という空気が流れている場合がよくある事例。

全国的に社名が広く知られていて、さらに大学生の就職先として非常に人気の高い企業において、効率的に書類選考を行うために、大学のネームバリューや偏差値で一定基準未満の大学に在籍する学生を問答無用で落とすのが学歴フィルター。

日東駒専(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)の立ち位置は「微妙」というところ。クリアできる場合とできない場合が混在する。


日東駒専で入れる/入れない業界

下記は各業界の上位勢の企業の総合職にて、日東駒専(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)の各大学からのまとまった人数の採用実績の有無を示した表。

業界 日東駒専の採用実績
大分類 小分類
メーカー 食品 ×
建設
住宅
繊維・化学・薬品・化粧品
鉄鋼・金属
鉱業(資源エネルギー)
機械・プラント・重工業
電子・電気機器
自動車・輸送用機器
商社 総合商社 ×
専門商社
小売 小売
金融 銀行 ×
保険(生保・損保)
証券
クレジット
インフラ 航空 ×
鉄道 ×
電力・ガス ×
高速道路
サービス 不動産
物流・倉庫・運輸
外食(飲食店)
宿泊(ホテル)
旅行
レジャー
コンサルティング・調査 ×
教育
人材サービス
情報・通信 通信
インターネット
ソフトウェア
広告 広告
マスコミ 新聞
テレビ局
出版
官公庁 省庁(国家公務員)
都道府県庁
政令指定都市役所
市役所、町村役場
記号の意味
◎:学歴フィルター無し
○:学歴フィルターは多少あるが、日東駒専でも一定の採用例あり
△:学歴フィルターがあり、日東駒専の採用はごくわずか
×:学歴フィルターが厳しく、日東駒専では採用例がほぼ皆無

学歴フィルターで引っかかる業界

日東駒専(日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学)に所属する学生にとって、残念ながら学歴フィルターで引っかかる業界は下記の通り。

  • 総合商社
  • 銀行(メガバンク)
  • 航空・鉄道
  • 電力・ガス
  • コンサルティング・調査(シンクタンク等)

いずれも幹部候補となる総合職に限った話。一般職や現業職などは問題ない。

いずれも業界の性質上かなり経営が安定しやすいところ。さらに、多くの人が社名を知っていて、仕事内容が華やかイメージがある企業。

厳しい企業の出身大学とは

学歴フィルターが厳しい企業の採用ターゲット校

学歴フィルターが厳しい企業で採用される難関大学。基本的にGMARCH・関関同立以上が多め。

東大や京大などの国立大学でも旧帝大レベル、慶應・早稲田・上智の最難関私大でないとESで通過できないことがある。

また、難関大学以外にも内定者が出たとしても、その割合がかなり小さいこともある。最大手の総合職ではこのような傾向が見られる。

「MARCHが限界」といわれるような就職事情が聞かれる場合、日東駒専になると選考を進んでいくのが厳しい状況となるのではないか。

有名な大企業でも、日東駒専でセーフになることもあるが、残念ながら難関大学と比べて不利になる可能性もあるというギリギリの範囲に位置する。

ただ、日東駒専でOUTとなってしまうような学歴フィルターが強い会社となれば、ワンランク上位に当たるMARCHクラスでも内定と入社が難しいといっても過言ではない。

こちらも参考:日本大学は就職の「学歴フィルター」の事情、大手企業は無理!?

逆に日東駒専でも問題なく採用する企業とは

日東駒専に所属する学生も差別なく採用する企業は確かに存在する。

難関大学出身者が有利になりやすいのは、あくまでも人気業界かつ企業規模が業界上位に入るところが中心。

一部上場企業であっても、業界第3位未満のような規模の会社となれば、日東駒専などの中堅私大からも多く採用。

ふつうの企業なら問題ない

日東駒専を採用する企業の会社説明会

日東駒専クラスであれば、各業界の最大手レベルのような超巨大企業でなければまず学歴フィルターに引っかかることはない。

私立大学の中では、早慶上智やMARCHと比べると偏差値のレベルで劣るものの、それでも日本国内を代表する有名な学校である。

日本大学・東洋大学・駒沢大学・専修大学のいずれも、少なくとも首都圏の人であればだれもが知っている大学である。知らない人は少数派に該当する。

就職の際のエントリーシートにこれらの大学名を記入したところでマイナスの要因が働くとは考えにくい。

中堅大学ということでプラスの要因で有利になるというわけではないが、不採用の理由ともならない。

エリア限定職、一般職はどこも問題なし

学歴フィルターは存在しない職種

どんなに就職先として人気の企業でも、学歴フィルターがあるとして日東駒専に不利になるところはあくまでも「総合職」のみ。

エリア限定職、一般職、現業職などの職種では、同一企業でも学歴フィルターは特にない。例外的に有っても、日東駒専クラスはそれを通過できるほど。

総合商社の事務職、航空会社のCA、グランドスタッフ、電力・ガス会社の技術職、鉄道会社の現業職は実際に日東駒専の各校からも採用実績が確かに存在。

日東駒専の卒業生が多く在籍する企業とは?

日東駒専の卒業生が多く在籍する業界は、総合商社、メガバンク、航空、電力・ガス、コンサルティング・調査以外の全て。業種ごとの偏りはこれらを除いてはない。

ただし、上場企業のような大手企業では割合的に日東駒専の卒業生が多いところはかなり少ない。例えば、自動車メーカー大手のトヨタ自動車でも、日本大学の採用は確かにある。

トヨタ自動車の大学別採用人数(2020年実績)

日大からも採用があるが、難関校より大幅に少ないトヨタ自動車。

上記はトヨタ自動車の大学別採用人数を示したグラフ。旧帝大や早慶の各校はいずれも日大よりも在籍する学生数は少ないが、就職した人数では日大を上回るところが多く並ぶ。

しかし、人数面では同じ首都圏の早稲田大学や明治大学などよりも大幅に少ない。

誰もが知っている超大手企業へ就職できるのは全体のわずか10%程度。上場企業全体への就職率も20%程度にとどまる。

さらに、「学歴フィルター」が厳しくないところが並ぶため、大人気の企業のところは少なめになる。ゼロではないとしても、MARCH以上に比べると大幅に少ない。

企業の採用担当者の意見

採用担当者にインタビューするイメージ図

ところで、企業の採用担当者に実際に採用する・しない大学について聞いてみた。

今回は2名の社員の話をまとめる。それぞれ個人的な見方と会社全体の方針について回答。

A氏:慶応義塾大学卒

A氏はとある総合電機メーカーの新卒採用に携わる部署で勤務。出身大学は慶応義塾大学商学部。

積極的に採用したいのは、やはり自身の母校である慶応義塾大学との事。

ただ、会社として採用することもあって、全員を慶応生でそろえることは不可能。実際にはGMARCH・関関同立以上か国公立大学全般になるとの事。

ただ、日東駒専のような中堅私大に関しては、これらを出身とする社員が少ないこともあって、実際のところは積極的に採用したいという考えはないとの事。

書類選考や面接でも、慶応義塾大学のような難関大学がエントリーシートに記載されていれば、自然と優秀な人材と思うことが多いが、反対に日東駒専ではそれの大学名が記載されていると、それだけで評価を下げてしまうことがないとは言えないの事。

B氏:東洋大学卒

B氏はとある自動車メーカーの新卒採用に携わる部署で勤務。出身大学は東洋大学法学部。

上司は早稲田大学や一橋大学、名古屋大学、東京外国語大学出身など。B氏よりは高学歴の社員が多い職場で働く。

新卒採用では特に難関大学(私大はGMARCH・関関同立以上)が多いが、B氏個人としては日大や東洋大の学生もできれば採用したいとの事。

上司は皆そろって、国公立大学全般とMARCHの学生ばかりを採用したがる。書類選考で合格を出して面接に呼ぶ相手も多くは難関大学在籍者との事。

B氏としてはあまり良い考えとは思っていなく、上司には自分の母校である東洋大学をはじめとする日東駒専の各校も推薦してはいるとの事。

ただ、上司はそれで対してB氏のように思ってくれるとは到底考えられないとの事。

もし翌年度から採用担当者が全員旧帝大や早慶出身者になったとしたら、おそらくその次の4月に入社する新入社員は全員旧帝大または早慶になるのではないかと話す。

学歴フィルターでOUTになる大学はどこ?

ところで、学歴フィルターがあれば完全に入社が難しくなるような大学とはどのような学校を指すのか。どのクラスからOUTになるのか、気になる人はいるだろう。

>>就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターの基準

いわゆる「Fラン」と呼ばれる学校は学歴フィルターで引っかかってしまう。ボーダーフリーともいえるほど偏差値が低い大学のことを指す。

ただし、大手企業だと学校名が問われるとすれば日東駒専・産近甲龍クラスが1つの目安となるといっても過言ではない。

有名な大学の偏差値はここから上側だろう。一般入試でも標準レベルといわれる日大を下限と考える人が多いのかもしれない。

この就職事情の問題に関しては明確な根拠はない。就活市場を見ると学歴フィルターにおいては、日東駒専以上からがセーフの基準ではないか。


広告

おすすめ記事