【対談】理系のA氏が「文学部はいらない」という理由

文学部不要論

とある理系の学部(工学部応用理工学科)を卒業しているA氏は「文学部なんていらない」という。

一見すると人文科学系の学部学科を軽視するような意見である。しかし、意外にもその根拠にはある程度の説得性があるのは否定できなかった。

日本国内では特に理系重視、文系軽視の風潮が見られるが、将来性や社会的な役割に視点を置くと論理的な側面もある。


文学部不要論の発端

文部科学省から出された「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」という通知が発端。

ここで文学部は国としては必要としていないという考えを示す形になった。

文部科学省の通知

これは2015年6月に出されたもの。

「ミッションの再定義」を踏まえた組織の見直し

「ミッションの再定義」で明らかにされた各大学の強み・特色・社会的役割を踏まえた速やかな組織改革に努めることとする。
特に教員養成系学部・大学院、人文社会科学系学部・大学院については、18歳人口の減少や人材需要、教育研究水準の確保、国立大学としての役割等を踏まえた組織見直し計画を策定し、組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換に積極的に取り組むよう努めることとする。

出典:国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて(平成27年6月8日文部科学大臣通知)

この通知は国立大学向けに出した発表。内容は人文系の組織再編を促すもの。

「再編」という言葉は「直ちに廃止」と多くの人が解釈。これによって波紋を呼ぶ結果になった。

参考:大学の「学部カースト」の全容! 序列の順位を付けると

廃止を希望する対象は文学部?

学部の再編成

特に「人文社会科学系学部」という文面は文学部を示すものとして、文学部または人文学部の教授や学生が反対の意見を出す人が続出。

「日本政府が理系人材を欲しがる産業界の意向を受け、人文・社会科学系の教養教育を犠牲にして国立大学の見直しを進めている」とかいう論調も出たほど。

野田佳彦元総理大臣も「社会的要請の高い分野への転換とは、産業界の要請を踏まえ稼ぐ力に直結した理系分野に教育資源を集中させることです。…果たして広範な国民の要請でしょうか。少なくとも私立文系出身の私には、全く理解できません」とコメントしたくらい。

>>どこからが「高学歴」に該当する!? 具体的な基準を分析

※学部に関する優劣の議論は、大学名間の優劣と類似。

理系出身のA氏の意見

理系出身

しかし、理系出身のA氏は文学部を廃止または再編するというこれには反対しないどころか、むしろ賛成するとのこと。

国立大学、つまり税金を使って運営されている大学である以上は、理系の教育・研究を重視するべきだと言う。

Aさんと私の対談

私「Aさんは文学部はいらないと考えているようですが、それはなぜでしょうか?」

A氏「理系の場合、基本的には科学技術を学ぶということで、卒業後には産業に活かせます。大学としても優秀な人材を社会に排出します。研究機関として考えても、日本の科学技術の発展のために貢献します。例えば、核融合反応の研究は将来的にはより効率的な電力の供給につながり、社会に貢献することになります。しかし、文学部の場合は学生や社会に対してどんな貢献をしているのでしょうか?」

私「日本古代の文学作品から過去の人々の暮らしを知ることとか。例えば、平安時代はなぜ戦がなかったのか、などかと思います。」

A氏「確かに文学を研究すれば過去を知ることは可能かもしれません。しかし、それが社会に貢献できるとは思いません。人々の暮らしが良くなったり、日本経済が良くなることはありません。社会に対して還元する学問ではまったくなく、果たして大切な税金を費やしてまで国公立大学の文学部を維持する価値はあるのか、疑問に思います。」

私「歴史から学ぶことはあるといわれていますが。例えば、戦争が過去になぜ起こり、それを防ぐためにはどうすればよいのか等を研究することは社会に貢献する内容かと思います。他にも、言葉使いの変化の経緯なども学ぶことに価値がないとは思いませんが。」

A氏「言葉遣いの変化を学ぶことが無意味かというと、そうとは言い切れません。それが私立大学であれば別に構いません。学生や有志からの寄付で賄っていて、税金ではないので。しかし、国公立大学は税金で運営されています。ただでさえ赤字国債の発行残高が税収の15年分とか言われる中で、厳しい財政で文学部に投資する価値があるとは考えられないのです。文学部に回せる資金があるのであれば、その分理系に分配して国益や社会に役に立つ分野を伸ばす方が合理的なのでは。」

私「国益とは社会への貢献であれば、法学部や経済学部もAさんのような工学部とは違って国益や社会への貢献はあまりされていないと思いますが、これについてはいかがですか?」

A氏「確かに、同じく文系学部の法学部、経済学部も研究機関としての社会への貢献があるかというとないです。ただ、学生に一定のスキルを身に着けさせるという教育機関としては一定の役割を果たしているかと思います。例えば、法学部なら法律や条例に関する知識を与えます。経済学部なら会計とかマーケティングの知識を与えます。一方の文学部は、研究機関としての社会への貢献もなければ、教育機関として学生に何かスキルを与えているわけでもありません。」

私「なるほど。つまり、研究も教育も税金を投じてまでやる価値がないという意味ですね?」

A氏「そうです。法学部・経済学部なら教育に関してはまだ税金を費やせる根拠が残っています。ただ、やはり理想なのは社会全体にも学生個人にも利益を提供できる理系に重点的に予算を配分することなのは確かです。」

A氏の意見のまとめ

対談のまとめ

A氏の文学部不要論をまとめると以下のようになる。

  • 文学部は研究機関として国益や社会に貢献しない
  • 学生が卒業しても何のスキルも見につかない
  • 厳しい財政で文学部に税金を投じる目的が理解不能
  • 私立大学なら自由だが国公立大学は税金で運営されているからこそ、還元性を追求するべき

一般的にTwitterなどにて文学部を軽視する人たちは、文学部はただ小説を読むところ、世界史・日本史の資料コレクションをしているところといった抽象的なイメージを抱いているに過ぎない。

A氏の場合は投資に対するリターンという面からこの問題を捉えていたため、論理性があって否定するところに乏しかったというのが私の感想。

おすすめ記事