ノエビアの採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

ノエビア

ノエビアの採用大学は、東大、京大、一橋大、阪大、神戸大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横浜国立大、千葉大、東京外大、東京農工大、東京都立大、大阪府立大、大阪市立大、金沢大、岡山大、広島大、新潟大、信州大、静岡大、熊本大、本大、東洋大、駒澤大、専修大、近大、甲南大、龍谷大、南山大、愛知大、名城大、中京大、西南学院大、福岡大。

出身大学名は極端に難関大学へ偏りは全くない。大学名そのものが問われるとは考えにくい。「学歴フィルター」は全く存在しないと判断。

倍率と就職難易度は、総合職の文系(営業、海外)が約50倍でかなり難、研究開発系の理系と地域限定職が約20倍でふつう。


主な採用大学

ノエビアの採用大学は下記の通り。

ノエビアの採用大学
東京大学、京都大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、東京農工大学、東京都立大学、京都工芸繊維大学、大阪府立大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、新潟大学、信州大学、静岡大学、熊本大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、西南学院大学、福岡大学

上記は、ノエビアへの就職実績が確認できた主な大学。各大学の公式ウェブサイト等の進路・就職状況にてノエビアへの入社が確認できた。

上記以外の大学でも採用実績が確認できたが、今回は主要なところのみという形に抜粋。

「学歴フィルター」は無し

学歴フィルター無し

上記の採用実績校を見る限り、学歴フィルターはないと読み取れる。

各大学群ごとの採用の可否をまとめるなら、下記のようになる。

大学群/職種 事務系(文系)
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

国公立・私立ともに採用実績がある大学の偏差値の面での制約は見当たらない。

日系企業でも大手を中心に「学歴フィルター」があるといわれているが、ノエビアはそのような傾向はない。

化粧品メーカーという括りでも、資生堂やコーセーよりも難関大学への偏りは小さい模様。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

偏差値が低い大学からも採用

ノエビアでも東北大学、早稲田大学、慶応義塾大学などの旧帝大・早慶という最難関大学、あるいはGMARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学)からも確かに採用はある。

しかし、大きな割合を占めるわけではない。日東駒専・産近甲龍クラスの中堅私大も採用実績校に載っている。

さらに、「大東亜帝国」「摂神追桃」クラスの大学も採用実績がある。いずれも偏差値は40~45前後。大手企業では採用事例が少ないところである。

学歴フィルターがある企業では、「偏差値〇〇以上のみ」のような傾向が見られるが、ノエビアではこれが見当たらない。

ゆえに、「学歴フィルター」はないと判断。

職種別の採用大学の傾向

ただし、職種別では「学歴フィルター」がある場合もあると考える。具体的には、「総合職」に相当する職種には難関大学への偏りがあると思われる。

逆に、学歴フィルターがない「学歴不問」なのは地域限定職。

総合職(営業、海外)

総合職(営業、海外)

文系を対象とする総合職(営業、海外)の出身大学の主流層は下記の大学が多い模様。

  • 旧帝大
  • 早慶、上智
  • MARCH・関関同立

MARCH、関関同立以上の偏差値ランク帯の大学出身者が大きい割合を占める。

文系は特に専攻分野が問われない。募集要項でも学部学科に関する条件は指定されていない。

ただ、会社の看板的な職種のため、高学歴ばかりになりやすいだろう。

総合職(研究開発)

総合職(研究開発)

理系を対象とする総合職(研究開発)の出身大学の主流層は下記の大学が多い模様。

  • 旧帝大
  • 難関国公立(筑波・千葉・横国・大阪府立・広島など)
  • 地方国公立(駅弁大学)
  • 早慶
  • MARCH・関関同立、東京理科大

理系の学部がターゲットで、学部で言えば工学部、理学部、農学部、生物資源学部などのみという募集。

理系の場合は地方部に位置する「駅弁大学」からの採用例も一定数存在。

ただ、同じように全体的には偏差値50以上の大学ばかりなると考えられる。

地域限定営業職、地域限定美容販売職

地域限定営業職、地域限定美容販売職

地域限定営業職、地域限定美容販売職に関しては、総合職と比較して学歴フィルターがほとんどない様子。

出身大学の傾向は下記のようになる。

  • 日東駒専・産近甲龍
  • その他、偏差値50以下の大学

偏差値は関係ないと見込まれる。

割合的には、旧帝大や早慶といった難関大学出身者はかなり少ないだろう。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職(営業、海外) ★★★★★ 50倍、かなり難
総合職(研究開発) ★★★ 20倍、ふつう
地域限定営業職 ★★★ 20倍、ふつう
地域限定美容販売職 ★★★ 20倍、ふつう

新卒採用の職種ごとの就職難易度および倍率は上記のようになると考える。

採用人数は例年20名前後となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、上記の競争率になると予想。

会社の知名度や事業内容を考慮すると、応募者数は合計で約200~300人前後と推測する。

《参考:<偏差値表>化学メーカー業界の就職難易度をランキング化

総合職は文理で異なる

総合職のうち、事務系に相当する営業、海外の倍率は約50倍と推定。就職難易度は「かなり難」と判断。

特に大学での専攻分野は問われず、全学部全学科を対象としているため、応募者の大半は文系の学生である。

事務系へ応募するのは経済学部・法学部・文学部・教育学部・外国語学部などがほとんどだが、これだけでも募集人員に対して相当な人数に上る。

一方の、他社では技術系に相当する研究開発は、倍率は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」。

理系という括りに限定されることもあって、その分応募者数が少ない。文系と比べてもかなり少ないことがほとんどの模様。

地域限定職は約20倍、難易度は「ふつう」

一方の地域限定営業職、地域限定美容販売職は約20倍と推定。就職難易度は「ふつう」に当たる。

出身学部は、経済学部・法学部・文学部・教育学部・外国語学部などがほとんど。

ただ、販売職や営業職という性質もあって、総合職よりは不人気。

採用人数が5~10名と少ないが、応募者数も少なめ。


広告

おすすめ記事

製薬・化学の就職難易度/倍率について
業種 会社名
製薬会社 武田薬品工業大塚製薬アステラス製薬第一三共中外製薬エーザイ大日本住友製薬田辺三菱製薬塩野義製薬小野薬品工業参天製薬大正製薬沢井製薬久光製薬日本新薬持田製薬小林製薬杏林製薬東和薬品大鵬薬品あすか製薬ゼリア新薬シミック
〃(外資) ファイザーアストラゼネカジョンソンエンドジョンソンノバルティスファーマ
化学・素材 三菱ケミカル住友化学旭化成積水化学工業三井化学富士フイルム信越化学工業東レ東ソー大陽日酸DIC帝人日東電工花王日本ペイント昭和電工マテリアルズ宇部興産昭和電工関西ペイントJSR日亜化学三菱ガス化学クラレエア・ウォーターADEKAアイカ工業日油アース製薬
化粧品 コーセー資生堂マンダムノエビア

上記では製薬会社、化学・素材メーカー各社の新卒採用の倍率と就職難易度について解説。