野村證券の新卒採用は20~30倍、就職難易度も公開(職種別)

野村證券

野村證券の新卒採用の倍率は、総合職オープンコースが約30倍、総合職エリアコースが約20倍、地域社員(エリア)が約10倍と予想。就職難易度はそれぞれ「やや難」「ふつう」「やや易」に相当。

インベストメント・バンキングコース、グローバル・マーケッツコース、リサーチコースはオープンコースとほぼ同じ。

採用人数に関しては、すべての総合職を合わせると約600人ほどでここ数年は推移。

証券会社の中でも大手企業で特に多い人数。エントリー数は相当な数に上るものの、募集人数が数百人単位という大量採用になっているため、倍率自体はそれほど高いものにはならない。

とはいえ、それでも応募する人の数が圧倒的に多いため、決して入社が簡単であるとは言えない。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職オープンコース ★★★★ 30倍、やや難
総合職エリアコース ★★★ 20倍、ふつう
インベストメント・バンキングコース ★★★★ 30倍、やや難
グローバル・マーケッツコース ★★★★ 30倍、やや難
リサーチコース ★★★★ 30倍、やや難

総合職オープンコース、総合職エリアコース、インベストメント・バンキングコース、グローバル・マーケッツコース、リサーチコースはオープンコースそれぞれの就職難易度はこのような形になる。

人気度が高いのはエリアコース以外の総合職。給料水準が最も高いことから、採用人数に対して多くの学生がエントリーする。

倍率および就職難易度は大和証券と類似。SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券よりはハイレベル。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

総合職オープンコースの倍率は30倍、難易度は「やや難」

総合職オープンコース

野村證券の総合職オープンコースの就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。

全国転勤があって海外への赴任もあるこの職種は、野村證券の看板的な存在と言える。

出世のスピードが早いこともあって、35歳前後には年収が1,000万円に到達する社員が大半。

そして、野村證券は証券会社の中では業界首位。証券を目指す学生たちが第一志望とする企業になりやすい。銀行、保険といった金融業界全般を志望している学生も受けてくる。

したがって、野村證券の総合職オープンコースは証券業界の就職先の最先端という性質が大きく、当然ながら倍率は高め。あくまでも予想ではるものの、30倍と推定。

就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

総合職エリアコースの倍率は20倍、難易度は「ふつう」

難易度がやや下がる総合職エリアコース

野村證券の総合職エリアコースの就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

特定の地域内での引っ越しが必要な転勤がある一方、地域外への転勤はない職種。

例えば、首都圏でブロック限定で入社した社員は、県外への転勤はあっても、近畿地方への転勤はない。

新卒採用の世界では転勤がないことよりも、給料面の高さや華やかなイメージを重視しやすいこともあって、野村證券の中では相対的に不人気の職種にはなる。

ゆえに、就職難易度は通常の総合職よりも低い。倍率も高くても20倍程度と考える。就職難易度は大手企業の中では「ふつう」に相当。

インベストメント・バンキングコース

インベストメント・バンキングコース

インベストメント・バンキングコースはソリューションの提案、債券・株式などの引受、M&Aアドバイザリーなどの投資銀行サービスを提供。

総合職とは、実際のところは専門職に相当する。

ただ、配属部門以外の面では総合職オープンコースと待遇は同じ。給料体系から転勤の有無といった条件は変わらない。

専門分野として、経済学部等に在籍する特定の学生しか応募しないものの、倍率そのものはオープンコースとほぼ同じと予想。

したがって、倍率は約30倍、就職難易度は「やや難」に相当。

グローバル・マーケッツコース

グローバル・マーケッツコース

グローバル・マーケッツコースは、投資信託委託会社や信託銀行、投資顧問会社、生命保険会社、損害保険会社、年金基金、公的金融機関などの機関投資家を対象に営業を行う職種。

オープンコースとは違って、ホールセール部門(個人・一般法人向け営業)やコーポレート関連部署にはならない。

倍率そのものはオープンコースとほぼ同じと予想。約30倍が相場で、就職難易度は「やや難」に相当。

リサーチコース

リサーチコース

リサーチコースは、政治、経済、為替、金利、株式、クレジット、クオンツ・ストラテジーといった多様な分野で深い知識と豊富な経験を積んだリサーチャーとなる部門。

社内のシンクタンクのような存在。政治や経済に強い興味関心のある学生が応募。

学部学科は主に法学部と金融工学、情報工学関係が多い印象。野村證券の中でも理系が多めに採用される職種。

倍率そのものはオープンコースとほぼ同じと予想。約30倍が相場で、就職難易度は「やや難」に相当。

まとめ

野村證券の新卒採用の選考を受ける大学生

野村證券における新卒の倍率は約20~30倍程度であると思われる。目安としては、同じ金融業界である都銀並みであると考えてよいだろう。

都銀とは、三菱東京UFJ・三井住友・みずほの3行であるが、野村證券は日本の証券会社の中で1番大きい企業ということで、倍率もこれらと類似。

>>野村證券の採用大学を公開! 完全に学歴フィルター有り

旧総合職Aはハイレベル

かつて「総合職A」と分類されていた職種は特に就職難易度が高い。

現在の総合職オープンコース、総合職インベストメント・バンキングコース、総合職グローバル・マーケッツコース、総合職リサーチコースがこれに該当。

他の企業でも同じことがいえるが、転勤がある職種といえば将来的には役員などの幹部候補となる募集である。

男子学生を中心に、転居ありの総合職は大学生の半数以上はこのような職種へ応募する。所属する大学はさまざまであり、旧帝大のような難関大学から中堅大学、無名の大学まで幅広い。

プレエントリーの段階だけでなく、エントリーシートを提出した書類選考の段階で30倍程度になる可能性がある。

旧総合職Bも簡単ではない

総合職エリアコースはかつては「総合職B」という職種だった。

仕事内容はA社員と同じであるものの転居を伴う異動がない職種である。

引っ越しが必要となる転勤が原則としてないということで、自宅のある地元で働きたいという学生が多く応募する。応募者の性別に関しては女性が多い。

AとBの違いは転居の有無だけ。とはいえ、出世のスピードはどちらかというと総合職Aの方が早いことから、就活を行っている大学生の中では総合職Aの方が人気が高い。

それでも、野村證券の総合職Bであっても競争率はかなり高い。プレエントリーの段階では数百倍というレベルに達する。ESの書類選考の段階でも100倍前後またはそれ以上となるものと思われる。

野村證券そのものが大手証券会社のトップというプラン度を持つ以上、寝室採用の倍率はかなり高くなり、内定を獲得するのはかなり難しいのが現状である。採用されるまでには運も必要だろう。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。