日本車輌製造の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

日本車輌製造の採用大学は、東大、京大、東工大、阪大、神戸大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横浜国立大、東京外大、電気通信大、東京農工大、埼玉大、名市大、名工大、金沢大、岡山大、広島大など。

事務系総合職、技術系総合職どちらでも出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は存在すると思われる。

新卒採用の倍率および就職難易度は事務系で約100倍で「最難関」、技術系総合職で約20倍とで「ふつう」と予想。


主な採用大学

日本車輌製造

日本車輌製造の採用大学は下記の通り。

日本車輌製造の主な採用大学
東京大学、京都大学、東京工業大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、東京外国語大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、名古屋市立大学、名古屋工業大学、金沢大学、岡山大学、広島大学、成蹊大学、成城大学、日本大学、駒澤大学、近畿大学、南山大学、愛知大学、名城大学、中京大学、芝浦工業大学、福岡大学、信州大学、静岡大学、宇都宮大学、山梨大学、愛知教育大学、豊橋技術科学大学、岐阜大学、三重大学、福井大学、長崎大学、宮城大学、愛知県立大学、兵庫県立大学、東京都立大学、大阪市立大学、学習院大学、東海大学、愛知淑徳大学、中部大学、関西外国語大学、金城学院大学

日本車輌製造では新卒採用の募集要項を掲載するマイナビにて採用実績校を公表している。

採用人数が総合職が毎年50名あり、そのうち事務系が10名、技術系が40名。鉄道に深く関連する会社ということで、就職先としては当然かなり人気。

>>信号機メーカーの採用大学を一覧化! 学歴フィルターの有無も

学歴フィルターは微妙

学歴フィルターの存在は微妙

日本車輌製造の出身大学のボリュームゾーンは国公立全般とMARCH、関関同立以上。偏差値で言えば、特に私立は60以上。

ただし、難関大学ではない大学を出身とする社員も確かに存在する。日東駒専・産近甲龍クラスの大学からも採用例はある。

俗に言う「学歴フィルター」が選考で問われるほどのレベルとは言い難い。

ただ、俗に言う「Fランク大学」からの採用例は少ない。摂南大学、神戸学院大学、追手門学院大学、桃山学院大学のような偏差値40前後の大学から出さえも少ない。

また、主流層では私立大学出身者よりも国公立大学が多め。理系を多く採用することもあって、理工系学部の在籍数が少ない私立大学からはそもそも応募者も、文系の事務系より割合的に小さい。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系総合職 ★★★★★ 100倍、最難関
技術系総合職 ★★★ 20倍、ふつう

日本車輌製造の新卒採用の事務系総合職、技術系総合職それぞれの就職難易度と倍率の目安はこのような形になる。

JR本州3社や大手私鉄くらいのレベルには達する。特に事務系は採用人数が少ないため、規模こそは小さい会社でも就職は難しい。

《参考:<会社別>鉄道車両メーカーの新卒採用の倍率、就職難易度を考察

事務系の倍率は100倍、就職難易度は「最難関」

就職難易度が最難関の日本車輌製造の事務系総合職

日本車輌製造の事務系総合職の倍率は100倍程度ではないかと思われる。上場企業の中での就職難易度は「最難関」に相当。

JRグループであるJR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州の総合職と事情は類似。鉄道関連企業でも、日本信号、京三製作所、総合車両製作所などの鉄道車両や信号設備を生産する企業ともほぼ同じ。

エントリーシートを提出する段階でこれくらいの競争になるのではないかと予想。

ただし、前述のように学歴フィルター等もあって、1次面接の段階では大幅に倍率は下がる。5~10倍程度にはなると思われる。

採用選考に費やせる人員や時間を考えると、最終面接の段階では、高くても2~3倍には落ち着くだろう。

技術系は倍率20倍、難易度は「ふつう」

就職難易度はそれほど高くはない日本車輌製造の技術系総合職

日本車輌製造の技術系の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍程度と推定。

採用人数は約40人と事務系よりは多く、募集対象の学部学科に関しては基本的に理工系学部。特に機械系、化学系、情報系などが主流。

理系でも理学部生物学科や農学部、あるいは医療系のような物理・化学以外の分野の学生もターゲットではない。

書類選考から面接まで、工学部や理学部などの理系の学部学科に所属するという特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

エントリーする学生層が限定されるという理由から、就職難易度は「やや難」、倍率は約30倍と判断。

とはいえ、誰でも面接まで進めるわけではなく、書類選考の時点でも志望動機などの内容のみならず、所属大学(学歴フィルター)も考慮されると思われる。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所デンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュ
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHI新日鉄住金ファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。