日本精工の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

日本精工

日本精工の採用大学は、東大、京大、東工大、一橋大、神戸大、名大、東北大、九大、北大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、ICU、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大、東京理科大、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大、筑波大、横国大、千葉大、横市大、東京外大、電気通信大、東京農工大、埼玉大、都立大、京都工芸繊維大、大阪市立大、金沢大、岡山大、広島大、新潟大、信州大、滋賀大、熊本大、秋田大、群馬大、長岡技科大、豊橋技科大、島根大、九州工業大、佐賀大、長崎大、神戸市外大、日本女子大、東京女子大、日本大、京都産業大、南山大、芝浦工業大、工学院大、東京都市大、東京電機大、武蔵大等。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」が少しだけ存在すると思われる。

新卒採用の倍率は事務系は約10倍、技術系は約5倍になると予想。就職難易度は数ある企業の中でもやや簡単。自動車関連メーカーとして考えても、知名度が高いところよりも低め。


主な採用大学

日本精工の採用大学は下記の通り。

日本精工の採用大学(大学院卒)
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、中央大学、東京理科大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、横浜国立大学、千葉大学、電気通信大学、東京農工大学、首都大学東京、京都工芸繊維大学、大阪市立大学、金沢大学、岡山大学、新潟大学、信州大学、熊本大学、秋田大学、群馬大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、九州工業大学、佐賀大学、長崎大学、工学院大学、東京都市大学、東京電機大学、摂南大学、東海大学
日本精工の採用大学(学部卒)
東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、学習院大学、東京理科大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、横浜市立大学、東京外国語大学、電気通信大学、東京農工大学、埼玉大学、首都大学東京、岡山大学、広島大学、新潟大学、滋賀大学、熊本大学、群馬大学、長岡技術科学大学、豊橋技術科学大学、島根大学、九州工業大学、長崎大学、神戸市外国語大学、日本女子大学、東京女子大学、日本大学、京都産業大学、南山大学、芝浦工業大学、東京都市大学、大阪産業大学、東海大学、東京学芸大学、東京基督教大学、武蔵大学

日本精工ではマイナビにて採用実績校を掲載。実際の新入社員の出身大学は院卒・大卒それぞれ上記の通り。

採用人数は毎年100名くらいにも上るが、全体的には難関大学ばかり。例外もいくつかあるとはいえ、主流派はある程度学力がないと入れないところが多め。

《参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

学歴フィルターは若干ある?

学歴フィルターの下限

日本精工の学歴フィルターのイメージ図(主流層に絞ると)

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」が若干ながらあると読み取れる。

主流層に関して、国公立・私立それぞれ以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学:特に制限なし
  • 私立大学:概ね日東駒専、産近甲龍、南愛名中以上

国公立大学は地方立地のところからも採用例があり、特に制限はない。

一方の私立大学は「中堅私大」に相当する日東駒専、産近甲龍、南愛名中以上。

大東亜帝国、摂神追桃クラス以下、偏差値50に満たない大学からの採用例はゼロではないが、少ない。

大手企業でよく見られる学歴フィルターならではの特徴が見られる。

《参考:〈学歴調査〉トヨタグループの採用実績校、大学名を一覧化

学歴フィルターの対象範囲

日本精工における大学群ごとの採用の有無をまとめると、次のようになる。

大学群/職種 採用の有無
旧帝大
早慶上智
難関国公立
GMARCH、関関同立
地方国立(駅弁大学)
底辺公立
日東駒専、産近甲龍
大東亜帝国、摂神追桃
Fラン

偏差値ランクを目安に採用大学の範囲を言うならば、愛知県をベースにすると「南愛名中まで」と言える。

偏差値の下限は50前後。俗に言う「Fランク大学」からの採用は確認できなかった。

就職難易度と倍率

就職業界地図
職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 5倍、易
事務系 ★★ 10倍、やや易

日本精工の技術系(理系)、事務系(文系)の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも大卒・院卒向けの「総合職」に該当する。

採用人数は例年100名となっているが、正式なデータこそ公表されていないものの、5~10倍程度が1つの目安ではないかと考える。

応募者数は最大でも500人前後と思われる。会社の規模の割には採用人数が多い一方、会社名はあまり知られていないため、新卒採用での難易度は高いわけではない。

《参考:自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

事務系

事務系の採用倍率は約10倍と予想。就職難易度は高くも低くもない「やや易」という表現が妥当だろう。

主に文系の学部学科の大学生を募集の対象とする職種。

不特定多数の学生たちが応募してくる傾向のあるコースだが、事業内容は一般的な学生ではよくわからない。

さらに「日本精工」という会社名を知っている学生がそもそも少ないこともあって、応募者数が過剰状態とまではいかない模様。

自動車メーカーに就職したいと考えている学生も、多くは社名に「豊田」「トヨタ」などと付くところを目指すため、日本精工は簡単に言うと「盲点」になりやすい。

アイシングループでも、まずはアイシン(旧アイシン精機)を受ける。子会社の日本精工を受ける人は少ない模様。

こうした事情から、事務系の倍率は約20倍、就職難易度は「ふつう」と判断。

技術系

技術系の採用倍率は約5倍と予想。就職難易度は上場企業の中でも「易」という表現が妥当だろう。

理学部、工学部を中心とする理系の学部学科の大学生を募集の対象とする職種。機械系の専攻分野に携わる学生だけが実質的に応募できるコース。

「日本精工」という会社名を知っている学生がそもそも少ないこともあって、応募者数が少ない。

自動車業界を目指す学生の場合、文系と同じように自動車メーカーを目指す学生の多くは社名に「豊田」「トヨタ」などと付くところをまずは目指す。

具体的には、トヨタ自動車、豊田自動織機、トヨタ車体、トヨタシステムズなど。

ただ、採用人数がトヨタグループの上位企業と比較して大幅に少ないため、技術系の倍率は約5倍、就職難易度は「易」と判断。

まとめ

blank

日本精工というと、ベアリング(軸受)を手掛けるメーカーとしてかなり有名。

ただし、機会産業に携わっている人でないとなかなか知らない企業ではある。

BtoBの産業構造であるため、大学生にとっては馴染みがない。「何を作っているのかわからない」という学生も多いはず。

そんな背景から、企業規模や事業内容の割には応募者数が少なく、就職難易度も低め。

おすすめ記事

製造業の就職難易度と倍率の傾向
業種 会社名
自動車メーカー トヨタ自動車ホンダ日産自動車マツダスバルスズキいすゞ自動車三菱自動車ダイハツ工業
自動車関連サプライヤー トヨタ車体豊田自動織機トヨタ紡織豊田中央研究所トヨタシステムズデンソーアイシン精機ヤマハ発動機住友電装ボッシュブリヂストン住友ゴム工業横浜ゴム豊田合成ジェイテクト大同メタル工業プライムアースEVエナジートヨタ九州愛知製鋼日立Astemo
電機 日立製作所三菱電機パナソニックソニーキャノンキーエンス富士通オリンパスNECシャープ京セラ日本電産村田製作所東京エレクトロンセイコーエプソン富士電機オムロン芝浦機械キオクシア
重機・工作機械 三菱重工業ダイキン工業小松製作所クボタIHIファナック安川電機DMG森精機SMC川崎重工業ミネベアミツミコニカミノルタロームシマノ
鉄鋼・非鉄金属 日本製鉄JFEスチール神戸製鋼所日立金属大同特殊鋼三菱製鋼住友電気工業三菱マテリアル古河電気工業住友金属鉱山JX金属日本軽金属フジクラUACJDOWA古河機械金属リョービ
(業界全体) 自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

上記では自動車・電機・工作機械などの製造業およびそれに関連する企業の就職難易度(新卒採用)と倍率の目安について解説。 《新卒3年以内の離職率》《学歴フィルター》に関して、各々のページにて取り上げる。