NTTドコモの新卒採用の倍率は30~100倍、就職難易度も公開

NTTドコモの就職難易度

NTTドコモの新卒採用の倍率および就職難易度は、技術系総合職が約30倍で「やや難」、事務系総合職が約100倍で「最難関」と推定。

採用人数は300名前後だが、応募者数は圧倒的に多い。エントリー者数は5,000~10,000人ほどと推定。

文系・理系のいずれも内定までの難易度はかなり高い。携帯キャリアでは最も人気で、NTTグループ各社でも特に人気。

エントリーシートによる書類選考を通過すること自体が難しい。ESをパスしてもさらに面接で大半の応募者が不採用になってしまう。そんな過酷なほどの難易度になるのがNTTドコモではないか。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系総合職 ★★★★ 30倍、やや難
事務系総合職 ★★★★★+ 100倍、最難関

《参照:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

NTTドコモでは大まかに分けて募集している職種は2つある。事務系総合職、技術系総合職である。

事務系は営業・マーケティング・コンサルティング・企画管理に携わる職種で主に文系の学部学科に所属する学生が多い。

技術系は開発・構築・保守などの技術的な分野に携わる職種である。ターゲットとしている学生も理工学部をはじめとする理系が中心となっている。

採用人数は毎年200人前後で推移している。大企業としては標準的な人数だが、それ以上に応募者数が巨大な人数になるため、難易度も上がる。

事務系・技術系ともに倍率はおおむね50~100倍位に達する。インフラ企業ということもあって経営が安定している。不景気になると特に学生が殺到しやすい。

文高理低

文高理低

NTTドコモの事務系と技術系を比較した場合、就職難易度は低いのは確実に技術系の方になる。

すなわち、理系向けの職種の方が入社しやすいというわけだ。

募集人数の明細は公表されていないものの、同じ人数だと仮定するとどうしても理系の方が総人口が少ない分、就職の難易度も下がる。

倍率に関しても文系向けの事務職と比べると低い数値に収まる。

総人口が多い文系ということで、事務系職種は特に倍率が上がりやすく、その分レベルもアップする。

ただし、文系でも理系でも難しいことには変わりない。

誰もが知っている大手企業ということで、常に「買い手市場」であるのは確か。

世の中全体の景気が良かったり、人手不足がどの業界でも目立っている状態においても、NTTドコモに限っては十分な学生数が集まっていて、不採用になる学生が続出する。

技術系は倍率30倍、難易度は「やや難」

理系限定の技術系総合職

NTTTドコモの技術系総合職の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

学部学科に関しては基本的に情報系統の理工系学部が基本。

書類選考から面接まで、特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

NTTドコモは大学生にとっては比較的華やかな印象が大きい会社であるものの、入社時点で高い専門性を求められる分野であるため、応募できる学生は限られる。

誰もが知っている企業な一方、エントリーする学生層が限定されるという理由から、就職難易度は「やや難」、倍率は30倍くらいが1つの目安ではないか。

事務系は倍率は100倍、難易度は「最難関」

文系を対象とする事務系総合職

事務系総合職の就職難易度は「最難関」。倍率は約100倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。しかも応募方法は「自由応募」のみ。

このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、潜在的な応募者の母数そのものがまったく異なる。

スマホや通信事業に関してほとんど興味がなくても、単に「知っている会社だから」という理由で志望する学生も少なくないだろう。

こうした事情から、NTTドコモの総合職の倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

NTTグループ各社と併願する学生もかなり多い様子。

他社と比較して

他社との比較

言うまでもなく、NTTドコモは携帯キャリアの1社。

知らない大学生はいないはず。知名度が高ければ、その分就職先としては人気度が上がる。

See Also:NTTドコモの採用大学を公開! やはり「学歴フィルター」あり

情報通信業界として

情報通信業界のオフィス

通信業界業界で、新卒採用にて併願先になりやすいのは下記の企業がよくある例だろう。

  • NTTグループ各社(NTT東日本、NTTドコモ、NTTデータ等)
  • KDDI、ソフトバンク
  • Google、LINE、ヤフーなどのIT企業
  • 日立製作所、富士通、NEC、ソニーなどの総合電機メーカー

Google、LINEなどの超有名なIT業界とほぼ同じと言っても過言ではない。

携帯キャリアでは、KDDI、ソフトバンクよりも難しいだろう。

通信事業に関連する日立製作所、富士通、NEC、ソニーなどの総合電機メーカー勢に比べても大幅に難しいと感じる。

また、NTTグループ各社よりも難しいはず。NTT東日本、NTT西日本、NTTデータも人気企業だが、大学生と深い関わりがあるかでは、やや異なる。

出身校はどこが多い?

NTTドコモのような超大手となると、選考手段と1つとして使われていると考えられるのが「学歴フィルター」である。

大学名で有利不利が決まる制度でもあるが、NTTドコモにもこれが用いられている可能性は高い。

社員の出身大学でいうと、国立大学なら東大・京大をはじめとする旧帝大レベル、私立大学なら早慶上智と東京理科大のような最難関レベルの学校が主流となっている。

国公立・私立ともにネームバリューが高くて有名な大学を出ている人が中心となっている。

どうしても書類選考でも面接でも優秀な学生というのは学力も高い。勉強ができる人は偏差値の高い難関大学に所属する。

その結果として、NTTドコモでも偏差値が高い有名大学出身者が集まる形となっている。


広告

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。