NTTドコモへの就職で「学歴フィルター」はこのくらい重要に!

NTTドコモの学歴フィルター

NTTドコモへの就職では学歴フィルターが重要であるといわれている。携帯電話キャリアをはじめ、通信インフラ業界では大手企業を中心にこの傾向がある。

所属する大学名は重要視されるのは確かだろう。偏差値が高い難関大学なら内定をもらう人が多い一方で、中堅以下になるとかなり少ない。Fランクといわれる学校では内定者数ゼロになることもある。




私立大のボーダーライン

まずは私立大学から見てみよう。

安全度 主な学校
余裕でクリア 早稲田、慶應義塾、上智、東京理科
概ねクリア 明治、青山学院、立教、中央、法政

関西、関西学院、同志社、立命館

やや困難 日東駒専・産近甲龍の各校
アウト その他

偏差値のレベル順では最上位クラスには早稲田・慶應・上智の3校がピックアップされることが多い。さらに、東京理科大もここに追加されるケースもある。

最難関レベルということで、NTTドコモへの就職でもこのレベルであれば不利になることはまったくない。

早慶上智の次に来るのがMARCH・関関同立といわれる各校である。偏差値はやや上位クラスであり、MARCHは首都圏、関関同立は関西圏でかなり有名な私立大だ。

偏差値上は難関大学といえる目安をクリアしているものの、学生数がかなりの規模になることから、超大手の企業への就職ではそれほど有利には働かない。

NTTドコモでも学歴フィルターの基準をクリアできるものの、このあたりがボーダーラインといえる。

内定が取れやすい大学

MARCH・関関同立の次のランクに来るのが日東駒専・産近甲龍クラスの大学。こちらも学生数はかなり多い。ただし、偏差値のランク分けでは中堅レベルに該当する。

NTTドコモのような大企業では若干不利になってくる。学歴フィルターをクリアできないという見方もある。

なお、文系と理系を比較した場合、文系の方が学歴フィルターが重要になる可能性が大きい。

参照:文系だと就職での学歴フィルターの実態! 理系よりも重要?

需要に対する供給が多いこともあり、理系の方が条件的には緩やかになりやすい。




国公立大学のボーダーライン

次に国公立大学の学歴フィルターの傾向を見てみよう。

安全度 主な学校
余裕でクリア 東京・京都・北海道・東北・名古屋・大阪・九州

東京工業・一橋・神戸

概ねクリア 千葉・筑波・埼玉・横浜国立・横浜市立・首都大学東京

大阪府立・大阪市立・京都府立など

微妙 地方の国公立大学

国公立大学の頂点に立つのは言うまでもなく東大、その次が京大になる。

偏差値で難関大学として社会的に広く認められているのが「旧帝大」といわれる学校である。

北海道、東北、東京、名古屋、京都、大阪、九州の7大学に加え、東工大、一橋大、神戸大を含めた学校が上位難関校に該当する。NTTドコモでも有利になってくるだろう。

学歴フィルター

次に大都市圏にある国公立が入ってくる。首都圏では筑波、千葉、横浜国立、横浜市立、首都大学東京が該当する。関西圏は大阪府立、大阪市立などが該当する。

こちらもまた上位国公立大学ということで、比較的学歴フィルターの基準をクリアしやすい。

一方で地方の国公立大学になるとクリアするのが難しくなってくるかもしれない。

地理的な要因もあり、選考が大都市でしか実施されないNTTドコモだとそもそも採用ターゲット校から外れる。

結果として採用数が少なく、学歴フィルターで引っかかってしまう可能性が高いと判断できる。

参照:地方の国立大学でも「学歴フィルター」の基準をクリアするか!?

おすすめ記事