NTT東日本の新卒採用の就職難易度を公開! 倍率は30~50倍

NTT東日本

NTT東日本の新卒採用の倍率は技術系が約30倍、事務系が約50倍と推定。就職難易度はそれぞれ「やや難」「かなり難」に該当。

採用人数はここ数年は250~300人前後。大手企業でも特に多い人数。とはいえ、応募人員がそれを大幅に超過。

「具体的にどんな事業を行っている会社なのか?」は誰でも知っているところだろう。知らない人はいないはず。

何とかく想像できる通り、書類選考では応募者のほとんどは落とされるだろう。1次面接から最終面接まで進んでいくのも至難の業。内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
技術系 ★★★★ 30倍、やや難
事務系 ★★★★★ 50倍、やや難

NTT東日本の技術系、事務系の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職に相当し、院卒、大学などを対象とする。

事務系は特に専攻分野の制限がないことで、特に供給過剰(応募者数が募集人数を大きく超過する状態)な傾向が見られる。

《参考:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

技術系は倍率30倍、難易度は「やや難」

理系限定の技術系

NTT東日本の理系を対象とする技術系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

募集要項などで明確に指定されているわけではないが、実質的には理学部(生物系以外)、工学部、情報学部など。

対象者が限定されることで、文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

応募者数に関しては、会社の規模や知名度、事業内容、理工系学部に在籍する学生数を考慮すると、およそ3,000人になるのではないかと考える。

ゆえに、倍率は約30倍ほどが目安、就職難易度は「やや難」と判断。

事務系の倍率は50倍、難易度は「かなり難」

文系が主流の事務系

一方の文系を対象とする事務系の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

正式なデータは公表されていないが、会社規模や知名度、業界の性質を考慮すると、これくらいになると推測。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、社会学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部など。

応募方法は「自由応募」のみ。他の巷の企業と同じく、「学校推薦」方式は事務系は対象外。このような条件により、文系を中心に不特定多数の学生がエントリーしてくる。

事業内容、会社の知名度などを考慮すると、応募者数は約5,000人ほどになるのではないかと考える。

こうした事情から、NTT東日本の事務系の倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

他社と比較して

NTT東日本は上場企業の中でも特に就職難易度が高い。

毎年、新卒就職先人気ランキングで上位100位以内には確実にランクイン。

就活市場が「売り手市場」でも「買い手市場」でも、NTT東日本に限っては常に買い手市場。圧倒的に応募者過剰で、運が良かった学生だけが内定をもらえる。

See Also:NTT東日本の採用大学を公開! 学歴フィルターは結構厳しい

情報通信業界として

電話業界

NTT東日本は、情報通信業界でも特に誰もが知っている会社。下記は併願先になりやすい企業。

  • NTTグループ各社(NTT西日本、NTTドコモ等)
  • KDDI
  • ソフトバンク

情報通信業界の上位勢は基本的に携帯キャリアに関連する会社がほとんど。

我々に身近な存在となっているスマートフォンに関連する会社ということもあってか、どれも誰もが会社名を知っているところ。

そのため、就職先としての人気度は高く、結果的に就職難易度が大幅に上がる。

NTT東日本も、上記のような企業と比較して、就職難易度と倍率の違いはないと考える。

インフラ企業として

JR東日本

JR東日本(NTT東日本と同じく東日本エリアを管轄するインフラ企業)

NTT東日本はインフラ企業でもある。併願先となるインフラ関連会社としては、下記が多いと感じる。

  • 電力会社(東京電力、東北電力、北海道電力等)
  • ガス会社(東京ガス等)
  • 鉄道会社(JR東日本、JR東海、東京メトロ等)
  • 航空会社(ANA、JAL等)

いずれも、基本的にはNTT東日本と比較して、就職人気度の違いはない。現業部門はともかく、総合職はほぼ同じ。

インフラ企業への就職を希望する学生は真っ先にエントリーするところで、NTT東日本もその中の1社になるはず。

まとめ

NTT東日本の新卒採用の倍率は、約30~50倍という数値になっているようだ。電話会社ということで完全なインフラ企業である。

不景気になっても倒産するリスクがほとんどゼロに等しいということで、かなり安定した経営基盤を持つ。

日本国内に住んでいる人であればだれでも知っている企業でもある。みんなが知っている会社のため、新卒採用で内定を獲得するのはむずかしい。

準公務員のような存在

準公務員のような存在でもあり、安定を求めて多数の大学生及び院生が毎年応募する。当然ながら、倍率もそれに伴って高くなり、入社までの難易度が上がる。

近年は公務員の人気がかなり高い。安定していてリストラというものが存在しない世界である。給料水準も安定していて、その年の景気に左右されることがない。

公務員と並んで似たような性質を持つのがインフラ系の会社である。電話、電力、ガス、鉄道などが挙げられ、NTT東日本はその代表的な会社である。

しかもNTT東日本は人口が日本一の東京及び首都圏をカバーしている。文系・理系問わず不特定多数の学生がエントリーシートを提出する。

50倍という倍率はどう?

NTT東日本の倍率が約30~50倍というレベルだが、これは大手企業では標準的な難易度といえる。

インフラ関連の大手企業だと、100倍を超えるところも多い。

製造業などだと職種別での採用を行っているため、文系と利益では倍率が大きく違ってくることが多い。一般的に文系の方が競争が激しく、内定までの道のりが遠い。

新卒採用の文系と理系の倍率

NTT東日本は文理一括の採用となっている。採用人数は全体で250~300人ほどだが、文理の区別をしていないため、難易度はどちらも同じレベルといえる。

ただし、電話会社であるNTT東日本ではどうしても情報系・工学系の学生は絶対に採用したいという思惑があるだろう。

これに伴って情報工学などに関する学部学科に所属する学生だと、他の学生よりも内定がもらえやすいかもしれない。

理系の人口が文系よりも少ないうえ、工学系の学生はさらに少ない。

供給が少ない中で需要が大きいという構図になっているため、この分野を学校で学んでいる人にとって難易度は下がるだろう。

面接まで進めるのはごくわずか

新卒採用の一次面接のイメージ

前述の通り、ほとんどの人はエントリーシートによる書類選考で落とされると予想できる。

1次面接まで進めた時点で、倍率は5~10倍程度と思われる。面接できる時間は限られていて、応募者全員を招くというわけにはいかない。

書類の内容で振るいにかけた上で、面接を通じて人物面の評価を行っていき、優秀だと判断された学生へ内定が告げられる。

これはどこの会社でも同じことがいえるが、競争が激しいインフラ企業だと特にこの傾向が強い。

もし仮に不採用となって内定がもらえなかったとしても、ほとんどの応募者が落ちされる現実から決して落ち込むことではない。

入社できた人の方がむしろ奇跡に近いといっても過言ではない。


広告

おすすめ記事

インフラ/資源/総合商社業界の就職難易度について
業種 会社名
高速道路 首都高阪神高速NEXCO東日本NEXCO中日本NEXCO西日本
電力会社 東京電力中部電力関西電力九州電力東北電力中国電力四国電力北海道電力、沖縄電力、北陸電力J-POWER(電源開発)日本原燃、日本原子力発電、ユーラスエナジーHD、SBエナジー、三菱日立パワーシステムズ、イーレックス
ガス 東京ガス大阪ガス東邦ガス西部ガス
情報通信 NTTドコモKDDIソフトバンクNTTデータNTT東日本TIS大塚商会伊藤忠テクノソリューションズ
総合商社 三菱商事伊藤忠商事三井物産丸紅住友商事豊田通商双日兼松
石油 ENEOS出光興産コスモエネルギーHD国際石油開発帝石富士石油石油資源開発三井海洋開発

上記では総合商社、電力、ガス、鉄道、高速道路関連(インフラ、資源関連)の就職難易度について解説。