日本テレビの新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

日本テレビの就職難易度

日本テレビ放送網の新卒採用の倍率は100倍以上でかなりの数値になると予想される。採用人数が10人前後の年がほとんどだが、応募者数は数千人規模になると思われる。

就職難易度はもはや「最難関」というレベルになる。内定獲得には運の要素も必要になるだろう。

関東広域圏放送局の中でも日テレは特に人気のテレビ局である。ここに就職したいと考える人が多く、倍率が高い理由でもある。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) レベルの目安
放送総合部門 ★★★★★ 最難関
スタートアップ事業部門 ★★★★★ 最難関
技術部門 ★★★★★ 最難関
アナウンス部門 ★★★★★ 最難関

日本テレビの職種ごとの就職難易度は、いずれも「最難関」に該当する。

放送総合部門、スタートアップ事業部門、技術部門、アナウンス部門のいずれも倍率がかなり高くて競争が激しい。

>>マスコミ業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

本当に優秀な学生しか内定を獲得することはできない。しかも、優秀であるはずの人でも運が少しでもよくないと不採用となる。

書類選考、面接のいずれでもほとんどの学生は落とされてしまうのが現状。放送業界でも日本テレビは特に人気度が高いため、さらにレベルが上がるのは避けられない。

技術部門に関しては基本的に情報系の学部学科に所属する理系の学生がターゲットとなるだろう。このため、選考を受ける人は他部門より若干下がるはず。

とはいえ、それでも採用人数が若干名ということもあり、倍率は依然として高い水準で推移する。

倍率は無限大か?

日本テレビの新卒採用の倍率

日本テレビのいずれの職種でも倍率は100倍を超えるものと予想するが、正直に言うともはや無限大と言っても過言ではない。

採用人数がそれぞれで若干名として記載されていなく、実際の採用人数は年によって変わるものの、どんなに多く見積もっても10人以下に過ぎない。

応募する学生数がカギを握るものの、日本テレビで人気のドラマやバラエティーが放送されると応募者数は殺到する。

応募者数が増えれば倍率も一気に桁違いの数値になる。無限大で就職難易度がかなり難しいという世界の中でも特に難関レベルと考えてよい。

>>アナウンサーの新卒採用の倍率は1,000倍! 就職難易度を調査

出身大学はどこが多い?

日本テレビの内定者の出身大学

日本テレビでは「学歴フィルター」も存在する可能性が大きい。出身大学で選考での有利・不利が決まる制度だが、膨大なESを効率よく振るいにかける手段として使われるだろう。

ボリュームゾーンはやはり偏差値が上位の難関大学になる。国公立大なら旧帝大クラス、私立なら早慶上智クラスになる。

MARCH、地方の国公立大もゼロではないものの、ボリュームゾーンからは外れる。割合としては一部に限られ多数派とは言い難い。

>>テレビ局への就職の学歴フィルター事情! どこの大学が多い!?

もっともこれは日本テレビに限った話ではなく、大手企業全般に当てはまる共通点だろう。放送業界もその例外ではなく、民放各社も出身大学は特に書類選考での結果に影響を与えやすい。

他のテレビ局の就職難易度

地区 会社名
東京 テレビ朝日TBSフジテレビ

広告

おすすめ記事