石油ストーブの寿命は何年!? 買い替え時期の目安

石油ストーブの寿命の年数

石油ストーブの寿命は何年なのか、買い替え時の目安について調査してみた。耐久性は15年ほどが平均のようだ。これくらい使用すると故障の可能性が高くなる。

寿命であることを知らせるシグナルとして、点火できない・異臭がするという不具合が挙げられる。

10年以上使っていると徐々に不調に陥りやすくなるが、それでも正しい使い方をしていれば15年ほどは持つ確率が大きい。



石油ストーブの寿命の目安

使用頻度 用途 耐用年数
高頻度 いつも高火力 5~10年
やや高頻度 高めの火力で使用し続けることもある 10~15年
ふつう 冬の夜などに限定 12~17年
低頻度 1年間に数回しか使わない 5~10年

石油ストーブも他の家電製品と同じようにメーカーや使い方次第で寿命の年数が変動するのは確か。機械製品である以上、作りの出来具合でも変わってくる。

基本的には電気ストーブやエアコンよりも寿命は長めである。電気を使わないこともあって、廃線系のトラブルが起こりにくい。

>>エアコンの寿命は何年!? 買い替え時期の目安

フルパワーで燃やすと寿命が短縮

石油ストーブで古い灯油を使った場合の寿命

1年間の中でも石油ストーブをONにする日が多く、しかもフルパワーで使っている人はやはり寿命は短くなりやすい。灯油を燃やすことで周辺の部品が熱で劣化しやすくなる。

10年も持たないことも確率的に上がる。フル稼働させると、どうしても平均よりも寿命は縮む。

さらに、古い灯油を使う場合も石油ストーブが寿命を早く迎えさせる原因になる。点火しなくなったり、異臭が発生する原因になる。



ふつうに使えば15年ほど持つ

時々フルパワーで使うが、普段はごく一般的な使い方で機械に過剰な負荷がかからないように使用した場合、耐用年数は10~15年くらいになる。

石油ストーブにやさしい使い方として、火力を「ふつう」にすると寿命も長くなる。ほどよく稼働させるという使い方であるため、12~17年くらいは持つ例が多いようだ。

一方で使用頻度が低いと逆に故障しやすくなるのも確か。稼働する日が1年間に数日~30日ほどの場合だと動かさないことが原因で寿命が縮む。5~10年程度が妥当な数値だろう。

ストーブ=6年しか持たないという意見

6年しか持たないストーブ

ストーブの一種である「オイルヒーター」。電気が動力源。

ところで、石油ストーブは約6年くらいしか持たないという意見を述べた情報がインターネット上に多くみられる。

確かに、これも筋が通っていないわけではない。石油ストーブも5年ちょっとで寿命を迎えることもあり得る。

ただし、これはあくまでも「ストーブ」という括り全般を一括して考えた場合の話である。灯油を燃やすだけの石油ストーブは電力を使う製品に比べると長持ちしやすい。

「ストーブの寿命はおよそ「5年~7年」」とか、「不具合が発生し始めるのは「7年」すぎたころ」といった情報があるが、これは雑な使い方といえるのではないか。

古い灯油を使ったり、長年使用せずに放置するということがない限りは、基本的な使い方であれば10年以上は最低でも持つ可能性が上がる。

ファンヒーターよりも長め

石油ストーブは電気を使わない。着火の時だけ乾電池による電力を使うくらいである。それ以外はただ灯油を燃焼させるという動作だけになる。

一方の石油ファンヒーターは灯油の燃焼+電気で空気を送すという動作がある。石油だけでなく電力も消費する。

機械の内部構造も石油ストーブに比べると複雑である。配線的な故障も起こりやすい。

「設定温度」を調整できるシステムになっているものの、このセンサーや火力の調節器がうまく作動しないことがよくある。

ファンヒーターではこのような配線やセンサー類の故障も寿命を迎えたと判断する基準になる。結果的に石油ストーブよりも短命になりやすくなっている。

おすすめ記事