岡三証券の採用大学と就職難易度(倍率)の調査結果

岡三証券の採用大学は、早稲田大、九州大、筑波大、千葉大、金沢大、信州大、秋田大、福島大、弘前大、高知大、岡山大、小樽商科大、名古屋市立大、愛知教育大、愛知県立大、釧路公立大、長崎県立大、下関市立大、和歌山大、明治大、中央大、法政大、同志社大、立命館大、関西大、関西学院大、愛知大、愛知学院大、亜細亜大、大阪教育大、大阪経済法科大、神奈川大、共立女子大、近畿大、金城学院大、甲南大、神戸学院大、國學院大學、駒澤大、実践女子大、成城大、西南学院大、専修大、高崎経済大、拓殖大、玉川大、大東文化大、中京大、東京女子大、東北学院大、東洋大、名古屋外国語大、南山大、日本大、日本女子大、フェリス女学院大、北海学園大、松山大、名城大、立教大、龍谷大など。

出身大学の学校名によって書類選考の合否が決まる「学歴フィルター」は存在すると思われる。

新卒採用の倍率は総合職(全国型・地域限定型)で約5倍と予想。就職難易度はやや易または易に相当。


主な採用大学

岡三証券

岡三証券の採用大学は下記の通り。

岡三証券の主な採用大学
愛知大学、愛知学院大学、愛知教育大学、愛知県立大学、愛知淑徳大学、秋田大学、朝日大学、亜細亜大学、茨城キリスト教大学、桜美林大学、大阪教育大学、大阪経済大学、大阪経済法科大学、大阪商業大学、大阪体育大学、岡山大学、小樽商科大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、関西外国語大学、関西学院大学、環太平洋大学、九州大学、九州産業大学、共立女子大学、近畿大学、金城学院大学、釧路公立大学、高知大学、甲南大学、甲南女子大学、神戸学院大学、神戸女学院大学、國學院大學、駒澤大学、下関市立大学、信州大学、実践女子大学、城西国際大学、椙山女学園大学、成城大学、聖徳大学、西南学院大学、専修大学、高崎経済大学、拓殖大学、玉川大学、大東文化大学、千葉大学、中央大学、中京大学、筑波大学、東京女子大学、東北学院大学、東洋大学、東洋英和女学院大学、同志社大学、獨協大学、長崎県立大学、名古屋外国語大学、名古屋市立大学、南山大学、日本大学、日本女子大学、弘前大学、広島経済大学、広島女学院大学、フェリス女学院大学、福島大学、藤女子大学、佛教大学、法政大学、北海学園大学、松山大学、宮城学院女子大学、武庫川女子大学、武蔵野大学、明海大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、目白大学、安田女子大学、立教大学、立命館大学、龍谷大学、和歌山大学、早稲田大学、和洋女子大学

岡三証券では新卒採用の募集要項を掲載するマイナビにて採用実績校を公表している。

採用人数が毎年200~300名前後、独立系の証券会社だが、決して少ない数ではない。

>>岡三証券の平均年収は700万円と推定、賞与は4ヶ月分(個人評価)

学歴フィルターは特にないが

学歴フィルター無し

上記の採用実績校から、全体像では俗に言う「学歴フィルター」はないのが読み取れる。

国公立・私立ともに以下のような特徴が見られる。

  • 国公立大学は全般的に採用、下限なし
  • 私立大学も下限なし、Fランク大学も採用有り

偏差値35~40の大学の下位大学からも採用実績校がいくつかある。これらは、証券会社の業界首位クラスではほとんど採用例がないところ。

偏差値35にもならず、ボーダーフリーと呼ばれる「Fランク大学」と呼ばれる大学からも採用例が複数ある。

難関大学出身が少ない

岡三証券で採用が多い日大

岡三証券では、旧帝大や早慶上智などの最難関大学からの採用が少ない。

大手証券会社であれば、不足なくこれらの大学からは大量に採用されているが、岡三証券では一部のみ。

早稲田大学と九州大学の2校のみしか採用実績校には掲載されていない。東大、京大がいないのがわかる。

出身大学が旧帝大や早慶上智の学生はお断りという「逆学歴フィルター」があるとは考えにくい。

推測であるが、そもそもエントリーする人が少ないか、もしくは大手証券会社から内定が獲得しやすいためあえて辞退者が続出しているのかもしれない。

就職難易度と倍率

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
総合職 5倍、やや易
エリア総合職 5倍、やや易

総合職、エリア総合職それぞれの就職難易度はこのような形になる。

倍率および就職難易度は大手証券会社の中では大幅に低い。「5大証券」である野村證券、大和証券、みずほ証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券よりも入社難易度そのものは簡単。

準大手である東海東京証券と比較してもやや低い水準。

《参考:金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化

倍率は5倍、難易度は「易」

倍率2,3倍の新卒採用の面接

岡三証券の倍率は総合職・エリア総合職のいずれも5倍程度ではないかと思われる。上場企業の中での就職難易度は「易」に相当。

大手証券会社となると、倍率は20~30倍になりやすく、特に野村證券や大和証券などは新卒採用にて応募者が殺到することから、就職への難易度はかなりのレベルになる。

証券会社を目指す学生たちも、まずは5大証券のいずれかを第一志望とする。

岡三証券の場合は大手証券会社には相当せず、社名そのものも知名度は低め。第一志望とする学生は非常に少ない。ゆえに、倍率および就職難易度は低い。

エントリーシートによる書類選考の段階では約5倍、1次面接に時点で2,3倍程度が目安と考える。

おすすめ記事

金融業界の就職難易度
業種 会社名
銀行 三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行新生銀行ゆうちょ銀行
信託銀行 三井住友信託銀行SMBC信託銀行みずほ信託銀行
地銀 横浜銀行千葉銀行関西みらい銀行福岡銀行京都銀行
損害保険 損保ジャパン三井住友海上東京海上日動あいおいニッセイ同和損保AIG損害保険
生命保険 日本生命明治安田生命第一生命住友生命大同生命富国生命
証券 野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガンスタンレー証券東海東京証券岡三証券
クレジット JCB三菱UFJニコス三井住友カードオリエントコーポレーションイオンフィナンシャルサービスクレディセゾン
外資系金融 ゴールドマンサックスドイツ銀行モルガンスタンレーUBSJPモルガンシティグループクレディスイスBNPパリババークレイズ
政府系金融機関 日本銀行国際協力銀行日本政策投資銀行日本政策金融公庫商工中金農林中央金庫日本証券金融日本取引所グループ住宅金融支援機構

上記では金融業界(銀行・保険・証券等)の就職難易度について解説。就職偏差値は「金融業界(銀行/証券/保険)の就職難易度の一覧! 偏差値をランキング化」にて取り上げる。