【就職難易度】オムロンの新卒採用の倍率は推定30~50倍

オムロン

オムロンの大卒及び院卒の新卒採用の倍率は全体では30~50倍程度と推定。職種別では総合職のうち、事務系が約50倍、技術系が約30倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「かなり難」、技術系が「やや難」に該当。

採用人数はここ数年はグループ全体で150~200人前後、オムロン本体で50~100名程度。年収が高いことで有名な企業のため、就職先としては非常に人気。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
大卒・院卒(事務系) ★★★★★ 50倍、かなり難
大卒・院卒(技術系) ★★★★ 30倍、やや難

オムロンの事務系・技術系新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職である。

文理別では、技術系の方が採用人数が多い上、日本国内の大学を見ると文系に分類される学部学科に所属する人の割合が高いため、倍率は圧倒的に事務系で高くなる。

事務系は文系全体が応募するものの、技術系は理系の一部のみという限られた学生だけが応募する構図上、倍率が下がる。

ただ、オムロンは製造業の中でも特に人気の高い就職先。文理いずれの職種も倍率が高くて競争が激しい。

《参考:電機メーカー業界の就職難易度の一覧! 偏差値の順位をランキング化

技術系の倍率は30倍、難易度はやや難

工学部所属の理系

技術系総合職の就職難易度は全社採用で「やや難」レベル。倍率は約30倍と推定。院卒、大卒いずれもほぼ同水準と考える。

全体で毎年50~100人ほどの募集をかけているが、入社する社員の3分の2は技術職に該当。

その年の内定者の数や世の中の景気によって変わってくるものの、平均するとこれくらいになると考える。

仕事内容は以下の通り。

  • 研究開発
  • 商品・生産技術開発
  • 生産管理
  • フィールドアプリケーションエンジニア
  • システムエンジニア

応募できるのは基本的には理系の学生がメイン。その中でも工学系の学部学科に所属している学生が多く採用される。

理系の学生の中での内定の争いとなり、加えて採用人数もかなり多いことから、倍率は大手企業でも低い水準。

とはいえ、理系の学生であっても内定は簡単に手に入るものではないのも確か。平均年収が2,000万円近くのため、全国各地から膨大な理系人材が集中。

ゆえに、就職難易度は「やや難」という表現が妥当ではないか。

>>理系なら就職は楽? 文系よりも有利になる理由が3つある!

事務系は倍率が50倍、難易度が「かなり難」

採用人数が少ない文系の事務系

事務系の就職難易度は「かなり難」。倍率は約50倍と推定。

国内・海外提案営業、経理・財務がここに該当。

採用人数は技術職と比較して大幅に少ない。景気が悪くなって業績が少しでも良くなくなると、少人数しか採用しない。

一方で、オムロンの事務職に応募できる条件上で学部学科の限定はない。全学部全学科向けの募集のため、不特定多数の学生が全国からエントリーしてくる。

理系限定のような制限がないことで、応募者が殺到して倍率が高くなっている。内定の獲得には運の要素も必要になるだろう。

給料が高いことで有名なオムロンは、収入の高さを求めて多くの文系人材が集中。これにより、オムロンの事務系の倍率は50倍には達するだろう。

就職難易度は「かなり難」、大手企業の中でも特に内定獲得が難しい会社である。

グループ会社(子会社)

親会社と子会社

子会社に当たるグループ各社は、親会社のオムロン株式会社に比べると就職難易度および倍率は下がる。

オムロンソーシアルソリューションズ

オムロンソーシアルソリューションズ

オムロンソーシアルソリューションズは事務系・技術系合計で10~20名の採用が毎年ある。

就職難易度および倍率はその年度によって大きく異なるものの、倍率は20~30倍程度と考えられる。

当然、理系を対象とした技術系の方が採用人数は多い。

オムロンソフトウェア

オムロンソフトウェア

オムロンソフトウェアも同じく10~20名の採用が毎年ある。ただし、技術系のみに募集の年度が多い。

オムロンという社名が付くものの、子会社という立ち位置なこともあり、就職難易度は「ふつう」、倍率は10~20倍程度と考えられる。

オムロンフィールドエンジニアリング

オムロンフィールドエンジニアリング

オムロンフィールドエンジニアリングは毎年10~15名の採用人数で推移。同じく、技術系のみに募集の年度が多い。

オムロンという社名が付くものの、子会社という立ち位置。

就職難易度は「ふつう」、倍率は10~20倍程度と考えられる。

オムロンヘルスケア

オムロンヘルスケア

オムロンヘルスケアは、家庭用・医療用健康機器、健康管理ソフトウェアの開発・販売、健康増進サービス事業を行う会社。

毎年5~10名の採用人数で推移でかなり少ない。同じく、技術系のみに募集の年度が多い。

ただ、会社名そのものの知名度が低いこともあり、就職難易度は「ふつう」。倍率は10~20倍程度ではないか。

おすすめ記事